すね毛を薄くするのはカミソリとバリカンならどちらがおすすめ?

すね毛を薄くする方法。まもなく夏、短パンを履きたい男子たちからしたら喉から手が出るぐらい欲しい情報です!

しかしだからといって脱毛サロンなんかに行くにはハードルが高い。よくわかんないワックスはちゃんと効くかどうか怖いし手軽にやれる方法はないものか。

今回は手軽な「すね毛処理」日本代表!

カミソリとバリカンならどちらがおすすめか見てみましょう!

いざ、新たなる短パン伝説の幕上げです!

新たなる短パン伝説~カミソリで薄くする方法~

脚

カミソリ。実は一番身近で男性なら特に毎朝お世話になっていることでしょう。

そのカミソリがすね毛に向かった時、果たして我々は一体どうなってしまうのか!

こちらではカミソリですね毛を薄くする方法をまとめてみました!

今宵の剃刀はよく血を求めておるわ~剃り方~

脚

カミソリを使ってひげ剃りをしている人はそのまんま使えます。

これを良い機会として購入するのもありですね。家にあっても怪しくないでしょうから。

ただ虎徹(カミソリ)を直接肌に滑らせるよりも、石けんないしシェービングクリームを使うのが肌に優しくおススメです。

しかし切り裂く相手はひげとは違い、ある程度の量・長さがあるので厳しい戦になること間違いなしです。

ひげとは違うのだよひげとは!とかいう奴です。赤い色した三倍速で動くあの人は関係ありません。ちょっと言いたかっただけですごめんなさい!

今宵の剃刀はよく血を求めておるわ~感想~

レグ

なんとか厳しい戦いを乗り越えて、すね毛の山をあなたと虎徹(カミソリ)は眺めることが出来るでしょう。

しかし戦はいつだって悲しみしか生みません。

ようやく表面に出てきたツルツルした場所は残念ながら不自然なだけでした。あれだけたくさんの犠牲(カミソリ)を出したのに。

しかも数日したら生えてきました。更に太くなって。

濃くて短いのがポツポツポツポツとあるわけです。本当に虚しくなるだけです。

新たなる短パン伝説~バリカンで薄くする方法~

脚

バリカン。あまり馴染みはないかもしれません。野球部じゃければそうそう持っている人は少ないと言えるでしょう。

数々の球児たちの毛髪を亡き者にしてきた伝説の戦士ですね。今度はその牙を毛髪ではなく、すね毛を薄くすることに向けてくれるようです。

こちらではバリカンですね毛を薄くする方法をまとめてみました!

悪(すね毛)・即・斬~刈り方~

脚

ブイィーンと独特のモーター音。バリカンはその刃を回転させ、無情なまでに悪(すね毛)を切り裂いていく。

まぁ僕達は脚をバリカンでなでるだけですから凄く簡単なんですけどね。

恐らく浴室とかで即・斬されると思いますので、充電タイプのものか乾電池タイプのバリカンがおすすめになります。かつ防水のものがおすすめ。

バリカンといえば長さの調整ですね。バリカンチェリーボーイなら20mmくらいでやるのがベストです。

一度やってみた後はお好みでやってみましょう。

悪(すね毛)・即・斬~感想~

脚部

悪(すね毛)は滅しました。明治への夜明けは近いです。

長さが均一になってしまうんじゃないか思われたかもしれませんが、実はあまり気にならないのです。

すね毛は直毛ではなく天然パーマのような癖毛なので、毛の長さが同じでも毛の向きがバラバラだったり、刈る時は勝手に違う長さになったりして自動的に思いのほか自然な仕上がりになるのです。

そしてすね毛両足ワンセットでだいたいバリカン20分くらいだそうです。

カミソリとバリカンの比較と機種の選び方は?

レグ

という訳で、すね毛を薄くする処理に関しては圧倒的にバリカンの方がおすすめということになりました。

虎徹(カミソリ)さんはやっぱりヒゲの方お願い申し上げます。

カミソリさんは焼野原(ツルツル)にすることは出来ても、薄くすることはできないようですからね。

ではここでは引き続き、すね毛をブイィーンするのに向いているバリカンの選び方を紹介したいと思います。

おすすめバリカンのチェックポイント1. 水洗い

綺麗な脚

まず第一関門は水洗いできるかどうかになります。

これができるかできないかで、使用後のメンテナンス性が大きく異なってくるのです。

水洗いさえ可能ならば、日常でのメンテナンスは使用後にさっと水洗いするだけで大丈夫ですよ。

おすすめバリカンのチェックポイント2. コードレス

すね毛

すね毛をさぁ倒すぞと意気込んだ場合、概ね皆さんお風呂場などで使用するのがメインとなるでしょう。その際、コードレスでないと風呂場まで持っていけません。

またコードがある足に引っかかったりで何かと不便なもんです。よほどの何かが無い場合、普通はコードレスを選ぶのがベターです。

おすすめバリカンのチェックポイント3. ロングアタッチメント

綺麗

すね毛処理を担当してくれるバリカンの最も大切な要素が「ロングアタッチメント」の存在と言ってもいいでしょう。

すね毛達をあくまでも自然に見せるには、それなりの長さが求められますし、あんまり短くなってしまうとチクチクと気持ち悪くなってしまいます。

そんなことにならないために、それなりの長さを作り上げるためにはロングアタッチメントが必要なのです。

最後にバリカンを使う時の注意点とは?

脚

いくら使いやすいと言っても、一歩間違えたら大惨事なのは刃物である以上変わりません。

ここでは最後にバリカンを使う注意点などをまとめました。

切りすぎちまった

レグ

そこに痺れる憧れる!とはなりません。短くし過ぎるというのがもっともバリカン処理で多いものです。

もう少し、もう少しとかやってるとそうなります。短くし過ぎたすね毛は断面が皮膚に当たってしまい、チクチクと痛い思いをする事になります。

とはいえ、いずれ伸びてくるので次こそはという思いで待ってみましょう。

騒音

脚

ヴィィィーン!ウィーンウーンヴイイイイイイイイイン!

とどこのバンド漫画というぐらいの効果音が鳴り響きます。ようはうるさいですよバリカン。

こればっかりはどうしようもないので、騒音公害すね毛処理事件とか言われる前に、迷惑のかかりにくいお昼間に作業しましょう。

近づかれると濃いのがバレる

いろんな脚

あくまで毛の長さを短くして薄く見えるように誤魔化しているだけです。すね毛自体を強烈に薄くする方法ではありません。

なのでよく見るとすね毛濃い人なのがバレます。ただ、きちんと定期的に長さの調節がしてあればそうそうばれることはないでしょう。

そんなに脚を食い入るように見られることってないでしょうしね。

すね毛を薄くするのはカミソリとバリカンならどちらがおすすめかのまとめ

「すね毛を薄くするのはカミソリとバリカンならどちらがおすすめか?」をここまで読んでいただきありがとうございました。

皆様に少しでもバリカンの良さが伝わってくれたなら良かったです。

勿論、虎徹(カミソリ)には虎徹(カミソリ)の良さがあります。

それぞれがそれぞれの戦いをこれからも繰り広げていってくれるでしょう。

本日はご精読いただきありがとうございました。