ドクタースティックには健康被害の可能性がある?害だらけで危険?

実はWHOでは2016年の段階で「電子タバコは間違いなく有害である」と健康被害の危険性があることを名言しています。果たして
ドクタースティック(Dr.Stick)も安全性に欠如した害のある商品なのでしょうか。

この記事では、世界基準での電子タバコの定義から、ドクタースティックの原材料にどんなものがはいっており、どんな影響を及ぼすのかまで詳しく解説していきます。

ドクタースティックは健康被害に繋がるのか?原材料を分析

ドクタースティック(Dr.Stick)の原材料ha

それでは、ドクタースティックも有害なのかというと、ドクタースティックは健康被害を最小限に抑えている電子タバコですが、詳細には居って解説していきます。

もし電子タバコをご検討されていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、現在販売開始キャンペーン中でお得に購入できますので、お早めに購入されることをおすすめします!

安全性の高い電子タバコ
\今なら7,000円OFF/

とはいうものの、ドクタースティック(Dr.Stick)が人体に害が全くないのかというと安全性は担保されつつも長期間の使用による健康被害への影響は全くないとは言えません

それがどういったレベルで危険性があるのものなのか、詳しく解説していきますので、どうぞご覧ください。

ドクタースティックの原材料

それでは、ニコチンは入っていないドクタースティック(Dr.Stick)ですが、害のある物質が含まれていないか原材料の安全性を見ていきたいと思います。

以下の3つが、ドクタースティックの原材料です。シンプルですね。

ドクタースティック(Dr.Stick)の原材料

・植物性グリセリン

・プロピレングリコール

・香料

グリセリンは保湿剤のイメージですが、吸ってしまって大丈夫なのでしょうか…

プロピレングリコールは聞いた事がありませんね。危険性のないものだといいのですが。

香料は食品添加物の一種であり、1Lあたり1mgでも効果があるものと言われており安全性に影響を与えるものとは言えなさそうです。

ドクタースティック(Dr.Stick)の原材料を見ながらどの程度、ドクタースティックが人体に有害なのかを更に詳細に調べてみようと思います!

【原材料の安全性】植物性グリセリンは食品添加物!

それでは、まず植物性グリセリンとはどういったものか解説していきます。

植物性グリセリンは、食品添加物や医薬品にも使用されているものですので基本的に人体に害を及ぼす危険性は心配無さそうです。

医薬品においては、目薬、利尿薬、脳圧降下薬などに使用されています。

【原材料の安全性】プロピレングリコールも食品添加物!

次にプロピレングリコールについてどういった成分なのか調べてみました。

プロピレングリコールは、防カビ剤や保湿剤として食品を長持ちさせる食品添加物でした。

なので、大前提として我々の日頃の生活でいつの間にか口にしている可能性は高く、安全性も担保されていると言えるでしょう。

プロピレングリコールは発がん性物質になる?

ただ、酸素で加熱還元されていった場合には、いくつかの成分を経て、最終的にアセトアルデヒドになります。

このアセトアルデヒドは、実は発がん性物質であり、また体内で過酸化水素を作り出し体を酸化させていく効果があります。

特にお酒が苦手な人の体ではアセトアルデヒドの分解が追い付かず、長期間喫煙を継続していると将来喫煙関連疾患を患ってしまう可能性が高まる様です。

【原材料の安全性】実際の危険性は?

プロピレングリコールが発がん性物質に変化する危険性を聞くとちょっと安全性を心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、とはいえ市販の食品に結構含まれている食品添加物です。

食べ物ではありませんが、あかちゃんのお尻を吹くウェットティッシュにも使われているほどです。

一時的に摂取することですぐに健康被害が出るわけでは無さそうですが、まだ電子タバコを通した健康被害が出るかどうかはデータが少ない点も否めずはっきりとは言えません。

WHOは「電子タバコは間違いなく有害である」と警鐘

WHOの警告文

先に述べました通り、世界保健機関(WHO)では、2016年の段階で「電子タバコは間違いなく有害である」と警鐘を鳴らしています。

健康被害の危険性が低い!
電子タバコの購入はコチラ

WHOの警鐘は禁煙促進を目的としている

WHOが発表した電子タバコの有害性は、実は世界レベルのでの禁煙を促進したい思いが強く反映されており、世界中に形も中身も様々な電子タバコを一概に有害と断定する事は難しいと言えるでしょう。

まず、WHOが有害と断定していた電子タバコには大きく2つの分類が混同されて発表されていました。

「ニコチン供給電子タバコ」というニコチンを摂取できる電子タバコと「ニコチン非供給電子タバコ」というニコチンが含まれない電子タバコの分類があるのです。

ここだけでも単純にニコチンという一大有害物質の有無をも一緒くたにされていることが分かります。

日本の電子タバコはタバコではない?

ちなみに、日本で販売されている電子タバコは煙草の葉が使用されておらず、ニコチンを摂取する事はできません

そして、日本ではニコチン供給電子タバコの販売は禁止されており、流通しているのはニコチン非供給電子タバコです。

そのため、厳密にはタバコ製品ではなく、フレーバーリキッドの蒸気を吸う雑貨として扱われています。

ニコチンが入っていなくても健康被害の可能性?

それでは、日本で販売されている電子タバコは健康被害の危険性がないのかというと、そんなに簡単な話でもないようです。

なぜなら、ニコチン以外にも、長期間の使用によって人体に害が及ぼす危険性がある物質は多く存在するからです。

つまり電子タバコの原材料を見て、長期間の使用を想定して安全性を検討しないと分からないものなのです。

【知っておきたい】アイコスはニコチン含む加熱式タバコ

ちなみに、電子タバコはニコチンを含むものの販売が禁止されていますが、加熱式タバコは対象外なのです。

そのため、アイコスはニコチン量は減っているとはいえ、「紙巻きのタバコに近い」存在として君臨しているのです。

ただ、その摂取方法などから単純に成分量が減ったからといって、人体にニコチンが摂取される量や害の影響が小さくなったかというと研究段階と言えそうです。

禁煙したいなら、ドクタースティックで脱ニコチン!

脱ニコチンから!禁煙

これらの情報から、禁煙したい方はまずは、タバコの本数を少しずつドクタースティック(Dr.Stick)に切り替えていく事をおすすめします。

なぜなら、タバコを辞められない最も大きな原因は、「ニコチン中毒」だからです。

まず依存性の高いニコチンの摂取量は減らしていく事ができることは明白です。

ドクタースティックの
公式サイトはコチラ!

安全性を重視するなら何も吸わない生活を目指そう!

これまでの情報から、ドクタースティック(Dr.Stick)を含めた電子タバコ事態に危険性を感じた方もいるかもしれません。

もちろん、何も吸わなくていいのであれば食品添加物も長期で継続的に摂取することはお勧めしません

それでも、紙巻タバコやアイコスのような加熱式タバコへの依存性の高さや危険性の高さを考えるとまずはドクタースティックに移行し、徐々に吸う習慣を減らしていく事がスムーズなステップかなと思います。

ドクタースティックには健康被害の可能性がある?害だらけで危険?まとめ

いかがでしたでしょうか。

ドクタースティック(Dr.Stick)には健康被害の可能性があるのか?害だらけで危険なのか?という疑問にお答えしてきました。

WHOが「電子タバコは間違いなく有害である」といった警鐘は、そのまま真に受けなくても良さそうですが、長い目で見るとニコチン以外にも人体に健康被害が出る物質は多く長期的な摂取には気を付けた方が良さそうです。

ドクタースティック(Dr.Stick)は相対的には安全性が高く、特に禁煙を目指す人がまずタバコの本数を減らすために吸う代用品としてはとてもおすすめです。

更に、いまなら販売開始キャンペーン価格で定価の7,000円オフの2,980円でスターターキットを購入することができます!

ぜひ、このチャンスを逃さない様に今すぐ公式サイトをチェックしてくださいね!