電子タバコは国際線と国内線で機内持ち込み可能?機内で吸える?

電子タバコは機内持ち込み可能なのでしょうか?

先日、アイコスユーザーの友人が海外旅行へ出かけた際、アイコスを手放して紙巻きたばこを吸っており不思議に思って聞いたところ

『海外に持ってったら捨てられるからリスクを下げたい』とのこと…。

紙タバコは機内持ち込みすることが可能だったはずですが、電子タバコは機内持ち込みはできないのでしょうか?

国際線と国内線で機内持ち込みの規定が違うのか、もしかしたら、電子タバコは周りに有害性がないから機内で吸えるなんてことがあったりするのか調べてみました。
※ここでは、電子タバコと加熱式タバコを一律して『』と書いています。

※2018/09/19最新の情報に更新

今はニコチン入り電子タバコが熱い!


ジュール公式ページ

電子タバコ・加熱式タバコなど機器(デバイス)を使用したタバコが人気ですが、国内線・国際線とでは持ち運びに対して大きく違いがあるようです。

その詳細はこの下から見ていくとして、もし持ち運びできるならできるだけコンパクトなほうがいいと考えるのは誰しもが思うこと。

ニコチン入りの電子タバコであるJUUL(ジュール)は、スマートな見た目なのに紙タバコ同様のキック力を楽しむことが出来ます!

とてもスマートで手軽だし、リキッドの詰め替えもカートリッジで簡単に行えるので、面倒な手間も不要ですよ!

吸い心地が良くて煙も出るのに、臭いが少ないのもおすすめポイントです!

電子タバコの機内持ち込みは可能?

悩む

愛煙家にとって機内や、旅行先にタバコを持っていけるのかどうか重大な問題になってきますよね。

電子タバコは火を使わず、電熱で煙を吸引します。

匂いや煙の発生が抑えられている為、喫煙者本人にも、周囲にも有害性が少ないものです。

しかし、電子タバコに有害性が無くてもタバコと同類として捉えられていることが多く、禁煙となっているところでは使用ができないとされています。

では、電子タバコは機内持ち込み及び、使うことができないのでしょうか?

国内線での電子タバコ機内持ち込み

国内線ターミナル

国際線での電子タバコ機内持ち込みはできます!

搭乗前の保安検査でも、電子タバコを持っていたことで搭乗できなかったなんてこともなく、電子タバコであると説明すれば問題なく搭乗することができます。

特に特別な検査もなく搭乗することが可能なので、神経質にならなくて大丈夫です。

国際線での電子タバコ機内持ち込み

国際線

国内線では電子タバコの機内持ち込みが可能ですが、国際線では話が変わってきます。

電子タバコの規制が国によって違うため、国によって電子タバコを持つことによって罰せられるという可能性もあります。

機内持ち込みをできたとしても、行く先の国の検問所で廃棄させられる可能性があるので、移動先の国の電子タバコの規制がどうなっているのか事前に調べておくことが重要です。

電子タバコは機内で吸える!

機内持ち込み

なんてことはありません。

電子タバコといえど、紙巻きたばこと同等に扱われているので、基本的に国際線でも国内線でも吸えるということはありません。

もちろん、トイレの中にも煙検知器や火災報知器がついているので絶対に吸わないようにしてください。

国内線内で電子タバコは吸える?

国際線機内

日本では、様々な航空会社がありますが、国内線でも国際線でもほとんどの機内で電子タバコの機内使用を禁止しています。

匂いや害が少ないとしても、周囲に不快な思いをさせる恐れがあることと、機内でタバコを吸っていると誤解されてしまうため、基本的にはタバコ同様喫煙禁止となっています。

国際線内で電子タバコは吸える?

国際線機内

国際線も、国内線同様で機内で吸えるということはありません。

また、ターミナル内でも吸えるスペースは限られているので、事前に確認しておくようにしましょう。

喫煙所の位置が搭乗口から遠く喫煙できない、搭乗に間に合わない可能性も考えて行動するように心がけてください。

電子タバコは預けることができないって本当?

お断り

電子タバコは原則機内持ち込み可能ですが、荷物と一緒に預けることができないことを知っていましたか?

一般的な紙巻きたばこは、荷物として預けることがでますが、電子タバコや加熱式タバコは、預け荷物の中で誤って作動し、電熱線が発火・発熱する可能性があるため、預けることができません。

必ず、手荷物として機内持ち込みを行うようにしましょう。

リキッド式電子タバコ機内持ち込みの注意点

注意点

リキッド式の電子タバコを手荷物として機内持ち込みをする場合には、リキッドが漏れないようにすることが大切です。

また、ショートしないように購入時の小売り容器に収納、もしくはむき出しの端末をテープで保護など、バッテリーを絶縁するようにしましょう。

機内で電子タバコを充電する行為は禁止されているのでご注意を。

電子タバコが全世界で人気


電子タバコJUUL通販

日本で広まっている電子タバコの種類として、アイコスをはじめとする加熱式タバコ、リキッドを注入水蒸気化させ吸うVAPEなどがあります。
臭いが少ない、タールが無いなどの色々な魅力がありますが、その中で最も人気のタバコがどれだかご存知ですか?

主に電子タバコといえば、VAPEが該当するのですが、このJUUL(ジュール)はニコチンがしっかり含まれていて吸い応えがとても良いのが特徴です!

1つのカートリッジで紙タバコ1箱分なのでコスト削減にもなるし、フレーバーの種類も豊富なのでおすすめですよ!

見た目もおしゃれなので、購入するメリットはたくさんありますよ!

ニコチンガムならOK

乗務員

紙巻きたばこ・電子タバコの機内持ち込みはできますが、吸えるということはありません。

しかし、ニコチンガムの使用はできます。

国内線ならまだしも、国際線だと1日中搭乗し続けることもあるので、喫煙できない状況でのイライラや集中困難といった症状を緩和するためにも、どうしてもタバコを吸いたくなった時のために、ニコチンガムをぽっけに忍ばせておくのも一つの手です。

まとめ|電子タバコは国際線と国内線で機内持ち込み可能?


電子タバコJUUL通販

いかがでしたでしょうか?

愛煙家なら気になる国内線、国際線でタバコを吸えるのかどうか、機内持ち込みができるのかどうかという点を詳しくご紹介させていただきました。

折角の海外旅行で電子タバコを失うことがないように、事前に確認しておくことが大切です。
また、航空機トラブルにならないよう、搭乗中は決して喫煙しないようにしましょう。

多額の賠償金を請求され旅行が最悪の思い出にならないように気を付けてくださいね。