ビタバコとは?害だらけで評判が悪いって本当?禁煙も失敗する?

最近増えてますよねビタミンが吸えるタバコ

あれって実際どうなんでしょうねw

ビタミンタバコと言えば、電子タバコビタフルですが、今回ご紹介するのはビタバコという新しいビタミンタバコです。

ビタバコとはどんな電子タバコなのでしょうか?禁煙に効果が無いとか、害があるとかあんまりいい評判聞きませんが…詳しく追及していこうと思います!

※適宜最新の情報に更新しています。

ビタミンタバコよりもニコチン入りタバコ


ジュール公式ページ

最近では「ビタミン入り電子タバコ」なんてタバコが多く売られていますよね?

「非喫煙者の人でも吸うことが出来る」「臭いを残したくない車の中でも吸える」などなど、確かにメリットは多そうですが、喫煙者にはそこまでメリットあるものではないみたいです

ビタミンが入った蒸気を吸ったところで禁煙や気休めにはならない!だったらもっと吸い応えばっちりで、臭いは少ないタバコを選ぶべきです!

JUUL(ジュール)は、ニコチン入りリキッドを使い捨てカートリッジで楽しめる電子タバコ!

ニコチンを煙で摂取できるので、紙巻きタバコ・加熱式タバコは必要ないし、ニコチン量もカートリッジ交換で調節できるんです!

禁煙するならビタミンタバコよりも今はニコチン入りの電子タバコの方が主流になりつつあるんです!

電子タバコの購入を考えているなら、今持つべきデバイスは絶対にJUULですよ!

ビタバコとは

最近よく聞くようになったビタミンを吸引することができる電子タバコ

一番有名なのはやはりビタフルでしょうか?

ビタボンやビタシグなど、ビタミン吸引電子タバコは多数ありますが、今回紹介するビタバコとはどんな電子タバコなのでしょうか?

追及していこうと思います( ´∀`)bグッ!

ビタミン入りの水蒸気でビタミン摂取

ビタミン

ビタバコは、女性をターゲットに作られたビタミンタバコで、『ビタミン成分の入った美肌成分のある水蒸気を吸引出来るで!』ってなものです。

インスタ映えするってことで女性だけでなく男性にも人気が出ているそうです。

タールもニコチンも0!!

電子タバコ

日本で販売されている電子タバコにはタール・ニコチンなどの有害成分を入れてはいけないという規約があります。

タールは火を使わないから発生しませんし、リキッドにニコチンを混入させることは絶対に禁止されています。

その為、海外製品だとしても日本で販売されている電子タバコにはニコチンは入っていません。

吸いたいときにすぐ据えて使い捨ての衛生的

使い捨て

ビタバコもビタフル同様使い捨てタイプを採用しており、リキッドの詰め替えや本体の整備がいらないので使い勝手も楽々!

1本で約500回吸引出来て、吸いたいときに息を吸うだけで起動。

喫煙をやめる時もそのまま放置すればOKと機械音痴でも使える簡単な造りになっています。

とまぁ、ビタバコとはこんなタバコだよ~ってなご紹介しましたが、これって他のビタミン電子タバコにも共通するので違いがほぼないと言えるでしょう。

他のビタミンタバコと大差もないし、ここまで見ると悪い評判なんか立たなそうなのになぁ~なんて思いますが…実際に有害性があるとか、効果がないとか色々悪い評判を聞くのも事実です。

巷で聞いたビタバコの悪い評判とは?

ビタバコが何故、有害性がある・禁煙効果がない粗悪品と言われているのでしょうか?

ビタバコについて回る悪い評判について調べてみます。

味が悪い

ビタバコの味のラインナップは以下の通りです。

・ダイヤモンドバニラ
・サファイヤアイスミント
・エメラルドメンソール
・ルビーストロベリー
・アメシストブルーベリー
・レモンティーゴールド
・ミルクティーベージュ
・カフェオレシルバー
・チョコレートブラウン
・コーヒーブラック

の全10種類です。

名前も可愛らしく如何にも女性向け!といった印象。

メンソール系はエメラルドメンソールのみで後は甘い系フレーバーですね。

しかも、このフレーバーの味がいまいち…と言う方も多く、薄い・微妙・エグみを感じるとあまり良くない評判が目立っていました…。

禁煙には効果なし

喫煙

禁煙を兼ねてビタミン電子タバコに移行する方も多いのですが、ビタバコははっきり言って禁煙の効果はないです。

ニコチンやタールを今まで吸ってたのに急遽ビタミンタバコにしたところで満足感は得られないですし、物足りなさから余計喫煙したくなるのがオチです。

メンソール系フレーバーだと気が紛れて禁煙できると言われていますが、ビタバコのメンソールフレーバーは1種類のみ。

効果を感じる前に味に飽きるのがオチです。

コスパが悪い

コスパが悪い

ビタミンタバコってそもそもコスパが悪いんですよね。

ビタバコも通常価格は2,500円とかなりお高め。

キャンペーン時から販売価格は1,500円まで下げられましたがそれでも使い捨てするには高すぎるお値段です。

1回20パフするとして500パフまで25回、1日5回喫煙するだけで1週間とモチません。

また、ただ吸って吐いてるだけなので1回20パフじゃ足りないでしょうしそんなのに1,500円はちょっと高いかなって…。

詳細が不安定

詳細

最大の難所…。

ビタバコの評判が悪く、あまり人気がない一番の理由は詳細が詳しく書かれていないという点でしょう。

ビタバコの公式サイトを覗いて見ても、商品詳細は愚か成分表などがしっかりと明記されていません。

運営会社は明記されているのですが、ビタバコの製造会社がどこなのかと言う明記がありません(;´Д`)

また、成分表についても

ビタミンA・B・C・D・EとコエンザイムQ10を含めた天然成分を水蒸気にして吸引できるビタミンスティック♪

という表記のみで、実際にどの成分が入っているのか、また6種類の天然成分しか入っていないという明記もされていないので、使用者としては不安な面が残るため、評判が悪いといっても仕方がないのかもしれません…。

どこで作っているかわからない、成分が明確でない。と言うことはどんな害が有るのかわからないということになりますし、禁煙どころか依存性があるかもしれませんしね。

加熱式タバコよりもJUUL


電子タバコJUUL通販

加熱式タバコが色々出回っている昨今ですが、一番おすすめなのはニコチンを摂取できる電子タバコです!

JUUL(ジュール)という電子タバコなら、ニコチンソルト入りで吸い応えも楽しめるし、フレーバーの種類も多いので味で飽きることも無いんです!

加熱式タバコの様な独特な臭いも無いのに、吸い応えは紙巻きタバコ並み!

しかもカートリッジ交換式なので、面倒なメンテナンスを行ってデバイスを壊すなんてこともないんです。

火を使わずに、超手軽に使える電子タバコと言えば絶対JUULですよ!

ビタバコよりビタフルの方がおすすめの理由

うーん、ビタバコの評判が悪いのもちょっと納得の結果に…。

ビタミン電子タバコを吸いたいと考えているならやはりビタフルがおすすめです。

ビタミン電子タバコの中でも特に評判が良く、人気が高いビタフルとビタバコを比べたらビタバコの評判が悪いのもせやな。(・д・)と納得せざるをえないw

味がおいしくて豊富

ビタフルの味は通常フレーバー10種類と、期間限定で追加される2種類のフレーバーの計12種類です。

・ブルーベリー
・チェリーコーラ
・グレープフルーツミント
・グリーンアップル
・グアバフルーツ
・メンソールミント
・マスカットメンソール
・スイートバニラ
・ストレートエナジー
・ビターコーヒー

そして、春限定の『ウメミント』『ピーチミント』

上記二つが5月までビタフルで展開されていたフレーバーです。

Twitter上でもビタフルが美味しいと言う内容のツイートを多く見かけ、評判は上々の様子。

禁煙効果は…

禁煙

禁煙効果もビタフルならあると言っても過言ではないでしょう。

ビタフルを吸っていても元喫煙者にとっては物足りないものがありますが、味が程よく濃いめのビタフルなら口寂しさを紛らわせることができ、禁煙の手伝いをしてくれます。

メンソールにも通常のミントメンソール・マスカットメンソールや、爽やかなフレーバーのグリーンアップルなど、スッキリする味などは禁煙におすすめなので、禁煙のお供にビタフルを吸うのはおすすめです。

コスパ最強。

コスパよき

基本的にビタミン電子タバコは高いものと考えていいと思います。
実際に、1,500円~2,000円くらいが相場ですし…。

しかし!ビタフルは1本当たり約1,058円と安価なのが特徴的で、公式サイトなら買えば買うほど値引きが入るという大盤振る舞いっぷり!

使い捨てだからこそこの安さを実現させたビタフル…ビタバコもぜひ見習ってほしいw

詳細が的確!知りたいことがズバッとわかる

詳細を見る

詳細が不明な点の多かったビタバコですが、ビタフルは正真正銘日本製品と言うことを明記しており、入っている成分も細かく公式サイトおよび本体のケースに書かれています。

有害性物質が一切入っていないという事を第三者機関に調査を依頼して証明する徹底っぷりも評判が高いです。

電子タバコに有害性がないとわかっていても、このくらい害について調査してくれると安心感も持てますし、また買おう。って思いやすいですよね。

ビタバコの有害性評判まとめ


ジュール公式ページ

途中から完全にビタフルの話になってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。

有害性があると言われたり、禁煙に効果がないなど評判がわるいのはそれなりの理由があると言うですね…。

喫煙や禁煙にシビアな現代で、有害性についてや禁煙補助具として役割があるかどうかは大切になってきます。

できるのなら、生産国・入っている成分がわかり尚かつ安価なものを選ぶのがいい選択なのではないでしょうかと筆者は思います。