【2019年】ニコチンなしのおすすめ電子タバコランキング

最近流行りの電子タバコをご存知ですか?

電子『タバコ』と言っても、普通のタバコと違ってニコチンやタールといった有害物質が含まれていない、身体に無害なタバコとして人気を集めています。

今回はそんな、ニコチンなしで無害電子タバコの2019年度おすすめランキングをご紹介いたします!

ニコチン入りの電子タバコなら【JUUL】


ジュール公式ページ

電子タバコというと、ニコチン・タール0の煙が出る物と思いがちですが、電子タバコでもニコチンを摂取できるデバイスがあるんです!

ニコチンを楽しむなら、JUUL(ジュール)が一番おすすめ!

JUULは、タバコの葉は不使用。カートリッジに入っているリキッドにニコチンソルトという成分が入っているので、他の電子タバコと比べても吸い応えが良いんです!

煙はたくさん出ますが、臭いはほとんど残りません!アイコスなどの加熱式タバコよりも断然吸いやすいデバイスですよ!

火を使わないので、好きな時に吸えて好きな時に止められる。吸い応えが良いので少し吸うだけでもかなり満足感を得られますよ♪

2019年度おすすめ電子タバコランキング 第1位 C-tec(シーテック)

2019年度おすすめ電子タバコランキング、堂々の第1位は『C-tec』です!

こちらは今大注目の電子タバコで、各種SNSでも話題になっているんです。

このC-tec(シーテック)の人気の秘密をご紹介しましょう。

C-tec(シーテック)はニコチンなし!タール・PGもフリーで無害

ビタフルの特徴として、まずは完全にタールやニコチンなしの無害さ、安全さがあります。

有害物質が一切フリーというのは、健康の事を考えてもかなり安全にリフレッシュできますよね。

フレーバーはなんと7種類!

シーテック

C-tec(シーテック)はカートリッジ式の電子タバコながら、フレーバーの種類の多さという所にも魅力があります。

C-tec(シーテック)のフレーバーは合計7種類のラインナップとなっています。

7種類の中から、自分の好みや気分に合わせてフレーバーをチョイスできるのは嬉しいですよね。

C-tecは女性にも男性にも人気の手軽電子タバコ!

C-tecは、男性にも女性にも人気の高い製品になっており、バッテリーを充電して好きなフレーバーのカートリッジを差し込めば自由に味変できるというのも特徴的です。

C-tecはその人気のあまり、現在総合格闘技

総合格闘技が好きな男性なら見逃せませんね!

C-tecの真っ黒なボディがあんまり…と言う方なら、C-tecと同じ会社が販売している「ロアレス」と言う商品はいかがでしょうか?

ボディとフレーバーの色の組み合わせを楽しむことができます。

2019年おすすめ電子タバコランキング 第2位 VAPE(ベイプ)

VAPE
出典:vape.SHOP

2019年度おすすめ電子タバコ、第2位はVAPE(ベイプ)です。

電子タバコの中でもかなり有名なので、どこかで一度は聞いた事があるかもしれませんね。

こちらは専用の本体にリキッドと呼ばれる液体を注入・加熱する事で水蒸気を発生させ、それを吸う仕組みです。

このVAPEの人気の秘密もチェックしてみましょう!

VAPEは本体も選べる!

VAPE1

VAPEの特徴として、まず本体(バッテリー+アトマイザー)が3タイプの中から選ぶ事ができる点が挙げられます。

3タイプというのは、ボックス型・ペン型・スティック型の3つです。

そしてその3タイプに分かれている本体も様々なメーカーから発売されているので、本当に自分の好みで選べてしまうんです。

本体の価格も様々なのですが、初心者の方はまずはスターターキットでVAPE一式を揃えてしまうのがおすすめです。

VAPEのリキッド(味)は物凄く多彩

VAPE2

VAPEは本体とは別にリキッドを購入する必要があるのですが、このリキッドも種類が物凄く多くて、様々なメーカーから発売されています。

定番といえるメンソール系のフレーバーに始まり、フルーツのフレーバーやコーヒー・紅茶などの飲料系フレーバー

更にはケーキやお菓子の味が楽しめるデザート系のフレーバーなんかも発売されているんです。これは選びがいがありますよね!

また、日本国内で一般流通が認められているリキッドにはニコチンが一切含まれませんので、非喫煙者の方でも無害かつ安心して使用ができます。

VAPEは本体のメンテナンスも大切

VAPE3

VAPEは長く使い続ける為には、定期的な本体のメンテナンスが欠かせません。

その辺りに少し手間がかかってしまいますが、安全に長期間の使用がしたい場合には必須なので、忘れずに行ってくださいね。

目安は1週間ごと、もしくは4~5日間隔で行うと良いでしょう。

しかし、メンテナンスの手間を考えても、楽しめる要素が多い分VAPEを選ぶのはかなりおすすめです。

2019年度おすすめ電子タバコランキング 第3位 EMILI MINI+

2019年度おすすめ電子タバコランキング、第3位としてご紹介したいのはEMILI MINI+(エミリ ミニ プラス)です。

こちらも充電式の本体に液体のリキッドを注入するタイプの電子タバコなのですが、スリムでコンパクトな本体が特徴です。

それでは、こちらのEMILI MINI+のおすすめポイントもご紹介します!

EMILI MINI+は超コンパクト!

エミリ2
出典:EMILI MINI+

EMILI MINI+の本体の大きさ、一体どれくらいだと思いますか?実はなんと、99.6㎜!ハガキの横幅と同じくらいの長さなんです。

場合によっては最近のスマホの本体よりも小さいかもしれません…かなりコンパクトですよね。

付属のケースも大体13㎝程度と、持ち運びに困らないサイズなのもポイントです。

しかもこの本体は5種類のカラーバリエーションの中から選べるのも嬉しいところ。

EMILI MINI+はフレーバーも豊富

エミリ3

さて、EMILI MINI+の気になるフレーバーリキッドですが、その数なんと32種類!もちろんタールやニコチンなしなので体に無害です。

タールやニコチンなしとは言え、タバコ系の味が楽しめるフレーバーや、定番の豊富なフルーツ系、ドリンク系、ティラミスやキャラメルといったスイーツ系まで。

これだけの数のフレーバーがあればきっと自分の好みのものが見付かりますよね。

しかも、本体を購入する時に自分の好きなリキッドを10本プレゼントしてくれるので、かなりお得感があります。

EMILI MINI+は進化した使用感

エミリ4
出典:EMILI MINI+

実は、以前はEMILI MINIという本体が発売されていたのですが、それにはちょっと使いにくい点がありました。

リキッドの注入がやりにくかったり、ボタンを押しながらの吸入がやりにくかったり…。

それらが改善されてグレードアップしたのがEMILI MINI+なんです。

ですので、リキッドが断然注入しやすくなったり、自動吸引システムとなって吸いやすくなったりと、まさに使いやすさがプラスされたものとなっています。

加熱式タバコと電子タバコの違いは?

おすすめの電子タバコ

実は混同されやすい加熱式タバコと電子タバコ。見た目も少し似ていますし、確かに違いが分かりにくいですよね。

しかし、両者には明確な違いが存在するんです。

ここからは加熱式タバコと電子タバコの違いについて解説いたします。

電子タバコはニコチンなしの無害さがポイント!

ニコチンなし

電子タバコは従来の紙巻きタバコや加熱式タバコと違い、ニコチンやタールが一切含まれていません

ここが最も大きな違いと言えますね。ですので、体への健康面を考えると、電子タバコの方が無害で安全です。

また、日本国内ではニコチン入りのリキッドの販売は禁止されています

ですので、国内で購入できる電子タバコのリキッドは完全にニコチンなしで、安心して使用できます。

ニコチンなしだから未成年も使用できる?

補導

電子タバコは『タバコ』とはいうものの、厳密にはタバコではありません

では、未成年も使用できるのかというと、実はそうではない所に注意が必要です。

電子タバコも対象年齢は20歳以上からという事で発売されており、未成年の方では買えない様になっています。

厳密には禁止されている訳ではないのですが、警察に補導されるケースもあるそうなので、未成年の方はやはり吸わないでおくのがベターです。

多彩なフレーバーでリフレッシュできるのが電子タバコ

フレーバー

電子タバコは様々なフレーバー付きの水蒸気を吸うものです。

ですので、従来のタバコと違い、健康的にリフレッシュする事ができるのが大きな利点といえます。

また、先程ご紹介した様に、多種多様なフレーバーが取り揃えられているのも魅力の1つ。

今では健康の事を考えて、電子タバコに乗り換えられる方が増えてきているとの事です。

ニコチンなしで無害!2019年度おすすめランキングまとめ

2019年度おすすめの電子タバコランキングのご紹介でした!

電子タバコは非喫煙者の方々からの評判も良く、年々人気が高まってきています

あなたもこれを機に、電子タバコに触れてみてはいかがでしょうか?