新型アイコス3・マルチの色は何種類?カスタマイズは可能なの?

加熱式タバコの売上トップを走るアイコスが新型を登場させることが決まりましたね!

その名もIQOS3(3)IQOS3MULTI(アイコス3マルチ)

旧型のアイコス2.4PLUSでは、キャップのカスタマイズや限定カラーなどを投入していましたが、新型ではどうなのでしょうか?

このページでは新型アイコスのカスタマイズについてお届けします!

超コンパクトなのにキック力は絶大な電子タバコ!

ジュール公式ページ

今の加熱式タバコって超軽量だったりコンパクトで使いやすい&チェーンスモークにも対応等、色々改善されてきましたよね?

でも、今一番おすすめなのはニコチン入りの電子タバコであるJUUL(ジュール)というデバイスです!

体内に吸収しやすいニコチンソルトを使っているので、超コンパクトなのにキック力が超あって吸い心地がいいんです!

「加熱式タバコの吸い応えって、ものによっては軽いヤツもあって物足りない!」そんなあなたにはJUULが絶対におすすめですよ!

 

新型は分離型と一体型の2種類

今回2018年11月15日に発売される新型アイコスのIQOS3(アイコス3)とIQOS3MULTI(アイコス3マルチ)ですが、アイコス3が従来を引き継いだ分離型でアイコス3マルチが新しく登場した一体型となっています。

分離型であるアイコス3はデザインを一新しスタイリッシュになり、そして充電時間の短縮やバイブレーション機能やLEDの改良などバージョンアップされています。

一方、初となる一体型は50gのデバイスひとつで10本の連続吸いが可能で軽量化と使い勝手を求めた仕様になっています。

 

11月15日発売だが一部先行販売開始!

さて、発売は11月15日ですが、既に会員向けに一部先行販売が開始されています!

筆者にもLINEで案内が届き、そして公式オンラインで購入可能となっています。

会員以外もこのオンラインストアの購入ページに進むことは可能なのですが、残念ながら売り切れと表記されているため購入することができません。

楽天やヤフーでは高額で予約中!

楽天やアマゾンでは各ストアで予約販売がスタートしています。

しかし、価格が驚くほど高い!!

最安からみても、アイコス3マルチで24,000円前後、アイコス3で3万円弱になっています。

純正品の価格がアイコス3マルチで8,980円、アイコス3で10,980円ですので約3倍の価格帯になっています。

メルカリに転売ヤーが続出中!!

メルカリアイコス転売

既にメルカリでは転売ヤーによる転売が開始されています。

なかなか法外な金額で取引されているようですが、どうしても欲しい方はメルカリでいち早く購入することができますよ。

こんな金額で取引されていると思うと、筆者も転売ヤーの仲間入りでもしようかと考えてしまいますね。

 

さて、新型アイコス3の色は何がある?

アイコス34色展開
出典:アイコス公式

新型のアイコス3とアイコス3マルチですが、デバイスの色は何色があるのでしょうか?

まずは純正のデバイスカラーをみていきましょう。

先日、LINEのLIVE配信でフィリップモリスのCEOアンドレ・カランザポラス氏が熱弁していたのでそのときの様子を踏まえてお届けいたします。

どちらもカラーは4種類

新型アイコス3カラーCEO

アイコス3及びアイコス3マルチどちらも同じ色を採用し共に4色展開です。

 
  • ・ベルベットグレー

  • ・ステラーブルー

  • ・ブリリアントゴールド

  • ・ウォームホワイト

この基本の4色ですが、チャージャーはサイドの開閉部分が光沢を帯びた作りでそれ以外の表面はちょっとマットなつくりになっています。

どれも従来より高級感を感じるつくりです。

ベルベットグレーとウォームホワイトは旧型の基本カラー2色とほぼ同じ感じでしょうか。今後もこの2色は続けていきそうですね。

ステラブルーですが、2.4PLUSのスキンシールやキャップにもブルー系は最初からあったので人気だったのかもしれませんね。それでレギュラーカラーとして入れた感ありますね。

ブリリアントゴールドですが、高級感を演出させるには一番のカラーですね。iPhoneと同様の戦略としてゴールドを入れたのかもしれませんね。

プルームテックやグローに比べるとデバイスの価格が倍以上するアイコスですが、敢えて高級路線でいくようですね。

デバイスを楽しむことを売りにすることで喫煙という考えよりも嗜好品という考えを強くさせていますね。

だからこそ次に書くカスタマイズもかなり豊富になってくるんですね。

カスタマイズできる数は圧倒的に!

アイコス3カスタマイズ
出典:アイコス公式

旧型のアイコスもカスタマイズすることができました。

さあ、新型のアイコスはどれだけのカスタマイズすることが可能なんでしょうか?

旧型のカスタマイズはこんな感じだった!

2.4アイコスカスタマイズ
出典:アイコス公式

旧型でカスタムできるのが、ホルダーキャップが全部で24色、チャージャースキンが4色をアクセサリーとして追加購入することで可能でした。

ホルダーのキャップのみのカスタマイズであれば、2色のデバイス(限定カラー除く)によって48カスタマイズに、チャージャーにスキンシールを貼れば192のカスタマイズをすることができます。

ケースやポーチもあるのでさらにカスタマイズすることも可能でした。

全部で576通りのカスタマイズ

アイコスカスタマイズCEO

アイコス3の場合、カスタマイズできる箇所がチャージャーのドアカバーとホルダーのキャップが現在のところ可能で、それぞれ12色あります。

基本のデバイス4色と組み合わせると、最大576通りの組み合わせが可能なので、人と被ることないオリジナルカスタマイズをつくりだすことが可能です。

一方、アイコス3マルチの場合は12色のキャップをカスタマイズすることが可能ですので全部で48カスタマイズになります。

また、どちらも保護カバー的なものもカラーが豊富なので、そこで+αのカスタマイズも可能になっています。

今後は純正以外も登場してくるはず

旧型のアイコスである2.4PLUSでは、純正品以外のキャップやスキンシールなどがアマゾンや楽天などで沢山販売されています。

金額は純正品よりも安いものから2倍以上する高級志向のものまで種類も豊富です。

今後は新型のアイコス3対応のキャップやスキンシール的なものも登場してくることでしょう。

カッティングシートや転写シールでオリジナルを作る方もいるとは思うので、自分だけのカスタマイズを今後もできるようになるでしょうね。

 

まとめ|新型アイコス3もかなりカスタマイズできる

ジュール公式ページ

アイコス自体、自分だけの嗜好品というカタチを昨年あたりから押し出すことでブランド価値を高めているような気がします。

新型アイコスでもその考えは同じようで、様々なカスタマイズをすることができます。

加熱式タバコではデバイスが一番高いアイコスですが、この戦略が今後の後押しとなるのか見ものですね。

あなただけのアイコス3を作り出してみてはどうでしょうか?