JUULを日本国内から簡単に通販で購入する方法【完全版】

JUUL(ジュール)と呼ばれる電子タバコをご存知でしょうか?

スタイリッシュでメンテナンスの手間が不要なデバイスとしてVAPE大国アメリカで一大人気を博している電子タバコです!

リキッド(カートリッジ)にニコチンが入っている電子タバコとして販売されていますが、日本では店頭購入が出来ず、通販購入しか出来ないんです。

今回は今最注目の電子タバコ、JUULの購入方法についてまとめてみました!

電子タバコのJUULとは?


電子タバコJUUL通販

今、電子タバコユーザーの間で超話題になっているデバイスJUUL(ジュール)

恥ずかしながら筆者はつい最近知った電子タバコなのですが、見た目がめちゃくちゃオシャレでこりゃあ需要高そう!と思ってしまいました。

もちろん、JUULが人気の理由は見た目がおしゃれだからというだけではありません!

アイコスやグローのような嫌な加熱臭がしないのにプルームテック以上のニコチン感を味わうことができるんです!

今回はJUULの魅力についてご紹介します!

紙巻きタバコユーザーでも楽しめる電子タバコ

紙タバコ

JUUL(ジュール)は、iQOSなどの加熱式タバコではなく、VAPEなどの電子タバコに分類されます。

タバコの葉ではなく、リキッドを加熱することによって出てくる水蒸気を吸って楽しむタイプのタバコですね!

このタバコの一番の特徴は電子タバコでありながらニコチンソルトが入っているんです!

つまり、電子タバコは紙巻きタバコと比べて吸い応えが無いから切り替えてない!という人でも、十分に楽しめる仕上がりになっている電子タバコなんです!

フレーバーを楽しむ電子タバコ

フレーバー

もちろん、リキッドを使用するのでフレーバーを楽しむことが出来るのもJUULの魅力。

現在販売されているJUULのリキッドはタバコフレーバーだけで3種類、その他にクールミント、マンゴー、クラシックメンソール、クレームブリュレ(スイーツフレーバー)、フルーツメドレー(フルーツフレーバー)の4種類があります。

特に人気なのはミントとマンゴーだそうです!個人的にはクレームブリュレが気になりますが…w

オシャレで超手軽!

オシャレ

VAPE系の電子タバコでマイナスな点と言ったらリキッド交換の手間!

筆者は電子タバコも使用しているので、メンテナンスは面倒くさいということは常日頃痛感しています。

しかし、JUUL(ジュール)のリキッドはカートリッジタイプ!カートリッジ交換と本体の充電しかメンテナンスが無いというのも魅力ですね!

電源ボタンなども一切無く、好きなタイミングで吸って好きなタイミングで吸うのを止められる!
つまり、喫煙所で一服しようとしたのに急な電話が!ってことになっても、紙巻きタバコみたいに1本無駄にするという事が無いんです!

海外でのシェア率が超高い!日本での需要も◎

JUUL(ジュール)の人気は爆発的なもので、販売開始から3年あまりしか経っていないにも関わらず電子タバコ大国のアメリカではシェア率の半分を占めているという事態に!

リキッドなのでタールは含まれていないし、タバコ特有の嫌な臭いも無い!火災に繋がる心配も無いので、普通のタバコと比べてメリットが多いんです。

しかも、1個のカートリッジ(専用ポッド)で紙巻きタバコ1箱分ぐらい吸うことが可能です。

JUULの通販を取り扱っている公式サイトでは、専用ポッドが4個入りで2000円前後で売られているので、最近値上げラッシュが続いている紙巻きタバコよりもコスパが良いんです!

SNSで人気爆発したJUUL

JUULはSNSでの情報発信に力を入れており、若い世代がSNSにJUULの写真や動画を上げたくなるようなステッカーやデザインで需要を高めていきました。

その結果、日本の電子タバコユーザーやSNSでの流行りに敏感な若者を中心に、どんどん人気を広げていっている電子タバコなんです!!

大手企業も注目している話題のJUUL

日本経済新聞にJUULの文字が…。
内容を見てみると驚きです…!なんと、

米アルトリアがJUULの会社の株を35%取得し、その額1兆4336億円にものぼった。

米アルトリアと言うとどこだ?って感じですが、フィリップモリスと言ったらわかりますよね。
アイコスの会社です。

アルトリアはマールボロが主な資金源だったのですが、紙巻きタバコの需要が減る中注目されているニコチン入り電子タバコJUULに着目。

成長分野への大型投資へ踏み出したんだとか…。

大きな資金源を確保したJUUL、そして世界で知られるタバコ会社が味方に付いた今、JUULの人気はますます増加しそうです。
日本での販売はどうなるかわからないですが、個人輸入などで購入する人は増えるでしょうね!

出典元:日本経済新聞

JUULを日本で購入するには通販しか無理?

通販購入

「とはいえ、日本でもいろんな種類の電子タバコが販売されているけど、JUULなんてどこのVAPEショップでも見たことないし、本当に日本でも人気ある商品なの?」と思ってしまう方もいるでしょう。

それもそのはず、VAPEと違ってJUULは日本では通販でしか購入が出来ないんです。

なぜ日本では、通販のみと購入が規制されているのか、簡単にご説明しましょう!

日本では【ニコチン入りの電子タバコはNG】

薬事法(薬機法)と呼ばれる医薬品を取り扱う上での法律があるのですが、その中ではニコチンの入った電子タバコは購入不可能なんです。

意外と知られていませんが、依存性&毒性があるといわれているニコチンは医薬品として取り扱われている為、ニコチン入りの電子タバコを売ったり購入するとお巡りさんに捕まります。

なので、日本では電子タバコのJUULをお店で購入することは出来ないんです。

JUULを通販で買って日本に持ち込むことは違法じゃないの?

違法な購入

「じゃあJUULを購入した人やJUULを販売している人はみんな違法なことをしているの?」と思ってしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません!

日本でJUULを購入するのは店頭では購入不可能ですが、個人輸入という形で通販で購入すれば違法にならないんです。

お店で売るために仕入れるのではなく、自分個人で使用する目的で購入するのであれば個人輸入で購入することが出来ちゃうんです。

個人輸入というと、少しめんどくさい手続きをしなければいけないというイメージを抱くかもしれませんが、全くそんなことはありません。
JUULを日本に個人輸入しようという場合でも、通販感覚で購入することが出来ますよ!

購入したJUULは取り扱い注意!

JUULは個人で使用する目的で通販購入することはOKですが、万が一それを誰かに販売することは犯罪です。

あくまで購入したJUULは自分だけで使用しましょう!

JUULを日本に通販購入する方法!

通販購入する方法

では、JUULを日本で通販購入するにはどうしたらいいのでしょうか?

海外からの個人輸入で購入となると、日本語じゃないサイトで購入しなければいけないのか…などいろいろ不安があると思いますが、大丈夫!

やっと本題【JUULを日本国内から簡単に通販で購入する方法】をご紹介します!

JUULを取り扱っているサイトに行く

まずはJUULを取り扱っている通販サイトに行きましょう。

JUULで検索するとAmazonなどの大手通販サイトが出てきますが、残念ながらそういったサイトでJUULは販売されていません。

JUUL通販するのにおすすめのサイトはBeyondVape Nicです。

JUULを取り扱っているこちらのお店は海外にあるのですが、VAPE屋さんとして日本でも店舗を構えているので、サイトも日本語で開設されています。

海外のサイトって、変な日本語訳だったりして不安になることもあると思いますが、こちらのサイトなら初めてJUULを通販購入する人でもわかりやすいですよ!

JUULのサイトで商品を選ぶ

サイト内で、目的のデバイスやカートリッジのスペアなどを選びます。

BeyondVape Nicさんでは、商品の詳細を押すとどれぐらいニコチンが入っているのか、賞味期限はいつか、どんなものが付属で付くのかなど、詳しい説明を読むことが出来ます。

もちろん、金額も日本円で表記されているので、安心して購入することが出来ますよ!

支払方法を決めて購入する商品を確認する

カート

購入するものが決まったら、支払方法を決めて購入!

海外から仕入れるので、送料などが別途でかかってしまいますが、事前に支払金額がチェックできるので安心ですね。

ただし、JUUL本体やリキッドを購入する個数には限りがあるので(薬事法の関係)、欲張ってたくさん購入することは出来ません。

リキッド自体には賞味期限もあるので、自分で使いきれる分しか購入できないということも覚えておきましょう!

ちなみに、個人輸入で購入できる制限は1ヵ月で12,000パフ(12,000回吸引)分となっています。JUULのリキッドに換算すると大体カートリッジ15箱購入可能というわけです。

自分宛てに荷物が届くのを待つ

宅配

JUULの購入手続きが終わったら、登録した送り先に商品が届きます。

ここで注意するポイントはお届け先は個人の住所でないと届けられないということ。

会社などの法人名義の住所には送ることが出来ないので、注意しましょう!

JUUL購入におすすめのサイトBeyondVape Nic


電子タバコJUUL通販

先ほども少しだけ触れたBeyond Vape Nicは、海外に本店を持ち、日本の原宿・中野に実店舗を持つお店が出している個人輸入サイトです。

このサイトからJUULを購入する場合、本社との直接やり取りとはなりますが、本社には日本人スタッフが常駐しているため日本の通販のような綺麗な梱包で商品が届きます!

もしわからないことがあれば日本の店舗で相談に乗ってもらうこともできますし、初めて個人輸入を行う場合や、不安を感じている人でも安心してJUULを購入できるはずです!

ショップのサイトではスターターキットからpod、JUULのアクセサリーなどが揃っているので是非サイトを覗いてみてください!

JUULは危険な電子タバコなの?

危険な成分

こんなに注意深く配送されるJUUL、もしかしてとても危険な電子タバコなのでは?

JUULは海外で爆発的な人気を博しているとはいえ、人体に害などは無いのでしょうか?

JUULの依存性&毒性は?

JUULは日本で販売されている他の電子タバコと比べると残念ながら依存性や毒性は高いです

実はJUULのカートリッジ1つに対して紙巻きタバコ1箱分のニコチンが入っているんです。

紙巻きタバコユーザーでも満足できるほどのニコチンが入っている上に、フレーバー付きでお菓子感覚で気軽に吸えてしまうため、結果的にニコチンの摂取量が増えてしまうのではないかと言われています。

JUULは禁煙を促進するための製品だった?

実は、JUUL自体は禁煙を促進するために開発されたものなんです。

ニコチン自体は禁煙パッチなどにも含まれており、摂取する量を上手く調節すれば禁煙にも繋がりますが、ただ単にJUULを吸っているだけでは禁煙することは難しいです。(あくまで禁煙補助の為)

また、スマートなデザインなので未成年にも出回ってしまい、海外では未成年にJUULによるニコチン依存症が問題になってしまっているそうです

JUULは使い方さえ間違わなければ超安心!

電子タバコのジュール

ではJUULは絶対に購入してはいけないほど危ない電子タバコなのかと言われたら、決してそんなことはありません。

今日本で売られているタバコとニコチンの量は変わらないわけですし、紙巻きタバコから切り替えて、嫌な臭いの出ないJUULを使う事はマイナスな話ではないですよね!

正しい使い方で、未成年者のいる環境下では「未成年者に使用させない」という徹底した管理の中で使用出来れば、JUULは電子タバコとしてとても優良なデバイスだと思います。

まとめ|JUULはこれから最注目の電子タバコ!


ジュール公式ページ

最近ではiQOSなどの加熱式タバコの需要が増えてきている日本。

ここにJUULの口コミなどがもっと広まればより注目されることでしょう!

日本ではニコチンのリキッドは個人輸入での通販のみで購入可能ですが、普通の通販と変わらずに購入出来るので、全然手間にならないですね!

電子タバコがお好きな方、禁煙補助の商品を探している方は、一度JUULを試してみてはいかがでしょうか?

JUULを日本に個人輸入するならBeyondVape Nicで購入するのがおすすめですよ(/・ω・)/