ニコチンソルトとは?従来のニコチンの違いとメリットやデメリット

電子タバコが流行っている昨今ですが、電子タバコだといまいち満足感が得られないな…という人もいます。

そういったユーザーに注目されているのが『ニコチンソルト』です。

ニコチンソルトとは一体どういったものなのでしょうか?

従来のニコチンとどう違うのでしょうか?

ニコチンソルトのメリットとデメリットはどういったことがあるのか?安全上気を付けるべきことは何なのか?どのように手に入れるのか?を詳しくご紹介します。

ニコチンソルトとはなに?

ニコチンソルトとは?

ニコチンソルトとはアメリカで開発されたニコチンと有機酸が反応した産物で、ソルトは塩(しお)ではなく化学式の塩基から来ています。

電子タバコで紙タバコに似た喫煙感・満足感を得ることができます。

PHレベル(アルカリ性の度合い)が低いので高濃度のニコチンを一度に吸収でき、喉当たりが一般的なニコチンとは違ったものとなります。

ニコチンソルトと一般的なニコチンの違いは?

ニコチンソルトと一般的なニコチンの違いは?

ニコチンソルトは従来の商品と比べてニコチンを効率よく楽しく摂取できますが、メリット・デメリットが存在します。

一般的なニコチンと比べて、吸い心地や喉の通り方、安全性やフレーバーはどうなのでしょうか?

ニコチンソルトとは一体どういったものなのかご紹介します。

吸収率が違う

ニコチンソルトは吸引率が違う

ニコチンソルトとは簡潔すると、従来のニコチンと比べ満足感を短時間で得ることができるものです。

ニコチンを多量に摂取したいのであれば単純にニコチンの量を増やせばいいと思われがちですが、 一般的なニコチンリキッドを一定以上濃くして吸引するととても吸えるようなものではなくなります。

ニコチンソルトとは喉当たりが滑らかなので、喉に絡むようなことがありません。

ニコチンソルトを使えば、一般的な電子タバコでは味わえないようなニコチン量を摂取できるのです。

喉の刺激感が弱い

ニコチンソルトは喉の通りが違う

ニコチンソルトとは一般的なニコチンと比べ喉当たりが滑らかなので、高濃度であっても喉の負担が少なく喫煙できます。

喉ごしが柔らかいので高濃度ニコチンを短時間で摂取でき、満足感を短時間で味わえるメリットがあります。

ただし、高濃度ニコチンを短時間で摂取するので、急性ニコチン中毒になるデメリットがあるため安全性を考慮して使用する必要があります。

ニコチンソルトはどんな人におすすめ?

ニコチンソルトはどんな人におすすめ?

ニコチンソルトは喫煙初心者にはデメリットが多く、使用に適していません。

従来の電子タバコと違い、短時間で多量のニコチンを摂取できる特徴から、どういったユーザーが使用に適しているのかご紹介していきます。

ヘビースモーカーで電子タバコでは物足りないって人

ニコチンソルトはヘビースモーカーにおすすめ

電子タバコはニコチンが少ないので、ヘビースモーカーには物足りないと感じる人がいます。

ニコチンソルトは自分で調整することができるので、ヘビースモーカーでも満足感をもって電子タバコを喫煙することができます。

電子タバコでも紙タバコの味わいが欲しいって思ってる人

紙タバコの味わいを求めてる人にもおすすめ

ニコチンソルトは紙タバコのニコチンに近い味わいを実現できるため、電子タバコでニコチンを摂取したいユーザーには最適です。

従来のニコチンリキッドだと吸いすぎてしまうという人でも、ニコチンソルトなら短時間でニコチン摂取できるので吸いすぎるというデメリットがありません。

ニコチンソルトの安全性はどう?

ニコチンソルトの安全性は?

ニコチンソルトとは、日本での譲渡や販売・貸出が禁止されていることからまだまだ安全性に問題があるのでしょうか?

使用の際、安全性を考慮する必要がありますが、どのようなことに気を付けるべきでしょうか?

ニコチンソルトはメリットもありますが、安全性に関してのデメリットが存在します。

詳しくご説明していきます。

ニコチンソルトとはフリーベースのニコチンと本質的には同じ

ニコチンソルトはニコチンと同じ

ニコチンソルトとは一般的なニコチンと本質的には同じものとなります。

タバコ同様、ニコチンは劇薬なので取り扱い・安全性に細心の注意が必要です。

ニコチンソルトとはPHレベルが低く、べーピング(電子タバコによる吸引)の際にPHレベルが高くなります。

取り扱い・安全性に注意する

ニコチンソルトの取り扱い・安全に注意

ニコチンは毒物に指定されている劇薬です。

成人男性が50mg誤飲すると死に至ります。

そういった安全性に細心の注意を払う必要があります。

劇薬ゆえに日本での譲渡や販売・貸出は禁止されているので注意しましょう。

ニコチンソルトの使用について

ニコチンソルトの使用方法について

ニコチンソルトの使用にあたっては、低出力の器具で使用するようにしましょう。

高出力の器具を使用すると、コイルが焦げてしまう危険性があります。

安全の観点から低出力の器具を使用し、添加量も多すぎないよう気を付けましょう。

ニコチンソルトを使用する際に覚えておくべきこと

計算式が異なるので注意

ニコチンソルトのニコチン含有量の計算方法は、一般的な紙タバコの計算とは異なります。

ニコチンソルトとは製造方法によって含有量が変わるため、安全確保のためにも使用する前に説明をよく読み、必要であればメーカーに確認するようにしてください。

ニコチンソルトのメリット

ニコチンソルトのメリット

ニコチンソルトには従来の電子タバコとは違ったメリットがあります。

吸引の際の満足感はどうなのか?安全性や保管に関しては大丈夫なのか?

詳しくご説明していきます。

ニコチンソルトは長期間保管できる

ニコチンソルトは長期保管できる

ニコチンソルトは酸化しにくいというメリットがあります。

酸化しにくいことから、比較的長期間保管できるのがニコチンソルトの特徴です。

酸化しにくいので、リキッドの風味も損なうことがあまりありません。

ニコチンソルトは吸引率が高い

ニコチンソルトは吸引率が高い

ニコチンソルトは従来のニコチンと比べ高濃度のニコチンを短時間で摂取できるので、満足感を短時間で味わうことができます。

そのため、ヘビースモーカーの人は効率よく短時間でニコチンを摂取することができます。

電子タバコのニコチンでは満足感がいまいちと思う人は、ニコチンソルトは高い満足感を得ることができます。

喉への刺激感が滑らか

喉の通しが滑らか

従来のニコチンは濃度を上げていくと喉への引っかかりが強くなり、とても吸引できるものではありません。

ニコチンソルトは従来のニコチンとは違い、濃度が高くなっても喉への刺激が少なく滑らかな喉ごしで喫煙することが可能です。

高濃度のニコチン摂取が実現できるのはこの喉当たりの良さからであり、喉当たりの良さがニコチンソルトの最大の特徴です。

ニコチンソルトのデメリット

ニコチンソルトのデメリット

ニコチンソルトはヘビースモーカーや従来の電子タバコでは満足できないユーザーにとっては救世主的な存在です。

短時間で効率よくニコチンを摂取できることから、コスパも良いです。

ですが、ニコチンソルトは安全性に関してのデメリットが何点かあります。

安全・安心してニコチンを吸引するためにも、ニコチンソルトのデメリットを紹介していきます。

急性ニコチン中毒になる危険がある

急性ニコチン中毒の危険性

ニコチンソルトを使用するにあたって最大のデメリットは、短時間でニコチンを摂取しすぎてしまうことです。

短時間でのニコチン摂取はニコチンソルトのメリットではありますが、言い換えれば短時間で体内にニコチンを摂取するので、急性ニコチン中毒に陥る可能性が高くなります。

取り扱い次第では超短期間でニコチン中毒になりえるので大変危険です。

喉ごしが柔らかいからこそ危険

喉ごしが柔らかいからこそ危険

ニコチンソルトのメリットとして喉あたりが優しいとう点がありますが、これも言い換えれば抵抗感がないので吸いすぎてしまうという危険が伴います。

ニコチンは短時間で大量摂取するとめまいや吐き気、呼吸がしにくくなるといった症状が現れるので、そういった症状が現れた場合、一度吸引を中止しましょう。

高出力のデバイスを使うと危険

高出力デバイスは危険

ニコチンソルトは濃度を自分で調整できることから、高濃度ニコチンの摂取も可能となります。

そのため高出力のデバイスを使用するとニコチンを短期間に大量摂取することになり危険です。

また、高出力のデバイスはコイルが焦げる危険性も伴うため、使用にあたっての安全の問題があります。

複数フレーバーが表現できない

複数フレーバーがない

ニコチンソルトはデバイスの制限から美味しく味わえるフレーバーが少ないといったデメリットがあります。

ニコチンソルトは複数のフレーバーの表現がまだまだ難しくなっているようです。

単一フレーバー『メンソール』『ブルーベリー』『タバコ』『紅茶』『エナジードリンク』といった種類のフレーバーは存在しています。

適切に保管しなければいけない

適切に保存しなければいけない

ニコチンソルトは劇薬なので、取り扱いを間違えると死に至ります。

取り扱いや保管には細心の注意を払って扱う必要があります。

また、酸化しにくいメリットがあるからといっても酸化は進むので、きちんとした液体保存処置を取る必要があります。

ニコチンソルトはどうやって入手できる?

ニコチンソルトの入手方法

ニコチンソルトとは劇薬のため、日本国内での譲渡・販売・貸し借りは禁止されています。

それでは、日本でニコチンソルトを楽しむためにどのように手に入れればよいのでしょうか?

ニコチンソルトを手に入れる方法と安全性についてご説明します。

ニコチンソルトは個人輸入で手に入れる

ニコチンソルトは個人輸入で手に入れる

日本国内での取り扱いが禁止されている以上、個人輸入するしか方法はありません。

ニコチンソルトを入手するための通販サイトがあるので、購入は通販を利用します。

ただし、薬品の輸入なので規制があることを注意しなければいけません。

別途関税や消費税がかかる可能性や破損のリスクがあることを覚えておきましょう。

また、個人輸入なので返品や交換・キャンセルが難しいケースが大半となります。

ニコチンソルトのメリット・デメリットや安全性についてまとめ

ニコチンソルトとは日本での譲渡や販売が禁止されている薬物です。

多量のニコチンを違和感なく楽しめるというメリットはありますが、あくまで毒物が含まれているので身体的なデメリットも存在します。

個人輸入で購入できることから、安全は自分自身で準備した上で使用する心がけが必要です。

より安全でより充実した喫煙ライフを楽しみましょう。