電子タバコ

ドクタースティックは健康被害がある体に悪い電子タバコなのか調査!

ドクタースティック 害

「ドクタースティックってSNSで話題の電子タバコだけど、電子タバコでも体に悪い影響を与えるのでは?実際にタバコの代わり、強いては禁煙に繋がるのかな?」

この記事を読んでいる方は恐らくDr.Stick(ドクタースティック)の存在や噂は知っているけど、実際に電子タバコだからといっても、体に悪い影響を与えるのではと疑問を持たれている方だと思います。

結論から言うと、ドクタースティックが原因で体に悪影響があるということはありません。本記事ではドクタースティックが体に悪影響があるかどうかの真偽や、そもそも実際にタバコの代わりになりうるのかに関してネット上の情報や口コミを徹底的に調査し紹介していきます。

【結論】ドクタースティックが健康に害がないといえる理由

ドクタースティック 安全

冒頭でもお伝えしたように、Dr.Stick(ドクタースティック)自体が健康に悪影響を与えるということはありません。まず、そもそも体に悪いと言われる理由は、ドクタースティックが電子タバコに該当しているからだという可能性が高いです。

ただ、前提として日本で販売されている電子タバコは、いわゆる紙巻きタバコやアイコスなどの加熱式タバコとは全く別ものですし、ドクタースティックにいたっても現時点で他のタバコ同様、健康に悪影響を与えることはまず無いと言えます。

それでは、ドクタースティックが体に悪い影響与えない具体的な理由について解説していきます。

ドクタースティックには有害物質が含まれていない

結論からいうとドクタースティックにはタバコに含まれている有害物質、例えばニコチンや、タールなどが含まれていません。知っているかと思いますが、タバコが健康に良くないと言われている理由は、タバコの煙の中にニコチンと呼ばれる依存性を高める化学物質と約70種類以上の発ガン性物質が含まれているからです。

加えて、副流煙と呼ばれる実際に出ている煙には、吸う煙よりも健康に悪い有害物質が含まれており、周りのタバコを吸ってない人の健康にも悪影響を与えてしまいます。

ただし、何度もいいますがドクタースティックはその両方の煙に有害物質が含まれておりません。実際に食の安全性や機能、また医薬品なども調査する一般財団法人日本食品分析センターの結果でもニコチンやタールといったタバコに基本含まれている有害物質は含まれていないという結果が出ています。

以上の点からも「電子タバコ」というタバコのカテゴリーに入っていますが、タバコに含まれる有害物質が含まれてないという点が、ドクタースティックが健康に悪影響を及ぼさない理由の一つです。

ドクタースティックの成分は食品にも含まれている無害なもの

ドクタースティックには、タバコに含まれているニコチンやタールといった体に有害な物質が含まれてないのはわかったけど、実際にどんなものが含まれているのか?と疑問に持つ方もいると思います。

ここでは、ドクタースティック自体に別の有害物質が含まれてないか、実際のフレーバーポットの成分から確認していきます。

ドクタースティックのフレーバーポット含まれている成分は下記の通りです。

  • 植物性グリセリン
  • プロピレングリコール
  • 香料

実はこの3つには大きな共通点があります。それは、全て他の食品でも使われており、全て食品添加物だということです。

植物性グリセリンについて

化学物質の1種です。乾燥食品の保湿剤や医薬品では目薬や使用されている添加物です。

安全性が高く、甘味料としても使用されることがあります。

プロピレングリコールについて

プロピレングリコールは保湿効果や殺菌効果があり、化粧品や食品添加物などに使用される安全性の高い化学物質の一つです。

他にも防かび剤として、うどんやそばと言った麺類やおにぎりにも入っていたりします。

香料について

香料は、その名の通り食品の製造の過程で香気の付与や増強させるための食品添加物として使用します。

例えば、サイダーなどの炭酸飲料の香り付けやジャムなど製造過程で弱まった香りを増強するために使用されています。

以上の例からも、分かるように基本的に普段から食事で摂取しているものだけで構成されており、ドクタースティックには有害な物質が含まれていないことが分かります。

ドクタースティックは完全日本製です。

最後に、ドクタースティックが体に悪いとは言えない理由として上げるのは国内生産で、完全日本製という点です。

これは直接的な理由ではないですが、先に上げたドクタースティックの成分や有害物質のある無しの品質を担保出来る要素としは大事な点です。

例えば、海外製電子タバコのリキッドの中にはニコチンが含まれているものもあります。ただ、日本ではそもそも電子タバコにニコチンが含まれることがありません。

というのも、現在の薬機法によりニコチン入りのリキッドの販売や譲渡が禁止されているからです。※但し、個人で輸入して利用することは可能。

そのため、実際にそういう成分が含まれてない上に法律でも販売が禁止されているので、国内生産でしっかり品質を管理していることはドクタースティックが体に悪いかどうかの観点では重要なポイントです。

ただし、妊娠中の方には非推奨です。

ここまで読まれた方は、ドクタースティックが体に害が無いのであれば誰でも利用できる、吸えるのかと思われた方もいるかと思います。

結論からいうと、妊娠している方や授乳中の方はその限りではありません、まず、これは健康に害があるからという意味ではなく何かあった時のためのリスクヘッジのためといったものです。

大前提として、ドクタースティックが健康に害がある成文が含まれてないのは間違いないのですが、このドクタースティックのジャンルの電子タバコ自体の研究はまだまだ始まったばかりで、特に生殖機能への影響や妊娠への影響についてはまだまだ不明な点が多いのが事実です。

現時点で、言えるのは他のタバコよりも間違いなく、がんなどの病気にかかるリスクは下がりますが、妊娠中に悪影響を与えないかというとはっきりしていません。

そのため、妊娠中や授乳中の方はタバコはもちろん、ドクタースティックといった電子タバコも控えるのが一番です。

有害物質0で高品質なドクタースティック

ドクタースティック

加熱式タバコや紙巻きタバコなどとは違い、ニコチンやタールといった有害物質・発がん性物質を含まないDr.Stick(ドクタースティック)が、日本製で安心・安全に電子タバコを楽しめるという事が分かって頂けたことと思います。

ドクタースティックはリアルなキック感を楽しめるので、紙巻きタバコからの禁煙に使う方もいらっしゃいますが、ダイエット中の口寂しさを補う為・気分転換などにドクタースティックを使うという事もおすすめです。

現在ドクタースティックの公式サイトでは、スターターキットを初回限定79%OFFの2,980円(税・送料込み)で販売中!その他豪華な8大特典までついてくるので、このチャンスを見逃す事無くお得にドクタースティックを手に入れましょう!

【コスパ最強】ドクタースティック他のタバコよりお得です。

ドクタースティック コスパ

Dr.Stick(ドクタースティック)が体に悪い影響を与えないということは、ここまで読まれた方は理解して頂けたと思いますが、そこまで良いと実際料金は高いのでしょ?と考える方はいらっしゃいますよね?

結論、他のタバコと比較すると、ドクタースティックは間違いなくコスパが良いです。

ここでは、ドクタースティックがどうコスパが良いのかについて詳しく解説していきます。

タバコの30箱分が1箱分に該当します。

実は、ドクタースティックのフレーバー1箱分はタバコ30箱分に相当します!

その基準は吸引回数です。個人差がありますが、平均して紙巻きタバコの吸引回数が1本あたりで10回、1箱(20本)換算で大体200回も吸えると言えます。

ドクタースティックはそれに対して、1箱にPODとよばれるコイルやリキッドタンクなどが一体となった物が5つ入っており、1PODあたりで約290回吸引可能でつまりは1POD=1.5箱分といえます。

それが、5個入っているためドクタースティックのフレーバー1箱分がタバコ30箱分に相当すると言われています

吸引回数だけでなく、料金的にもお得です。

吸引回数についてはわかったけど、とは言え1箱の金額は高いのでは?と考える方も多いと思います。

結論としては、1箱単位ではたしかに高いですが、吸引回数ベースに単価を比較すると間違いなく、ドクタースティックのほうがお得です。

紙巻きタバコの中で一番平均的な金額である1箱560円(2021年8月時点)を想定、比較してみると以下の通りです。

【料金比較】

タバコ30箱分(1箱:560円):3,920円

フレーバーポット1箱(5POD):11,200円

※現在ドクタースティックが提供しているチャレンジコースの金額で概算

3,920円-11,200円=1,180円

上記のように、ざっと吸引回数を比較するだけでも1,180円お得となり、もっと吸う方だとそれだけで金額がどんどんお得になります。

金額的なお得はここからどんどん拡大していきます。

更に、重要なことは今後ドクタースティックが値上しない限り、料金のお得幅はどんどん拡大していきます。

理由は紙巻きタバコの金額が増税により、今後も上がることが確定しているからです。

実際に今の金額も2020年10月時点で増額しており、更に2021年10月に増税することが決まっているので1箱600円を超えるタバコもあります。

タバコの値上がりはまだまだ続く

喫煙者の方にとっては残念なことですが、恐らくこの潮流自体はまだ止まることがないことが予測されます。

例えば実は仮に次回の増税を加えても、先進国の中で日本は最もタバコの価格が低いです。

他の先進国の中では1箱2000円や低くても800円台といった国が多く、そういった海外と比較すると日本はまだまだ安い値段となり、実際にタバコ1箱1,000円までの値上げが想定されているという声もあります。

ドクタースティックは値上がりに影響しないのか?

結論から言うと、ドクタースティックはこのタバコ増税の影響は受けません。理由は「電子タバコ」は厳密に言えばタバコ製品ではないからです。

紙巻きタバコや加熱式タバコはタバコ葉を使用して、葉の香りや味を楽しむものに対して、電子タバコはタバコ葉を使わずに専用カートリッジに入ったリキッドを加熱して発生した蒸気を楽しむ製品です。

そのため、ニコチンなどが含まれてないこともあり、日本ではタバコ製品として販売されていません。タバコ製品でない以上税金がかかることはないので、増税に金額が影響することはないです。

ただし、商品の需要によって値段が上がることはありえる話ですので、もし購入に迷っているのであれば早めに判断してドクタースティックに切り替えておくことをおすすめします。

ドクタースティックは禁煙にも役立つのか?

ドクタースティック 禁煙

ここまで読まれた方でDr.Stick(ドクタースティック)がお得なのは、わかったけど実際にタバコからドクタースティックにうまく切り替えることが出来るのかな?と心配になる方もいると思います。

この記事を読まれている方は、少なくとも紙巻きタバコを辞めたいと思っている方が多いと思います。

結論から言うと、ドクタースティックは禁煙効果の目的での商品ではないので、ドクタースティックを使ってタバコ辞められるどうかはその人次第です。

ただし、ドクタースティックの公式サイトでも公開されていますが、ドクタースティックを12週間使用後には喫煙本数が77%減少したという調査結果が上がっているのも事実です。

他の電子タバコより、リアルなタバコに近いです。

紙タバコからドクタースティックに切り替えられた理由が、他の電子タバコ比べてタバコを吸った時にガツンと喉に刺激を感じるような商品設計になっていることが上げられます。

また、フレーバーも日本人の舌に合わせて設計されており、美味しくタバコを吸えるという声もあります。

他のタバコよりも可能な限り喉にくるリアルなキック感を追求し、吸いやすさは更に改良を加えた電子タバコなので、他のものと比較してもより継続して使いやすいと言えるでしょう。

【返金保証有り】まずは、試してみるのでOK。合うかどうかはその人次第です。

ここまで、ドクタースティックの特徴について実際のタバコと比較しつつ解説してきましたが、結論ドクタースティックないしは電子タバコがあなたに合うかどうかは使ってみないと分かりません。

タバコ一つにとっても人に好みがあるように、どうしても合うかどうかはその人に依存するからです。

ただ、間違いなく電子タバコでまず試すなら、健康面やコスパからもドクタースティックがおすすめです。

加えて、今だけ利用できるチャレンジコースを活用すると本体+USBケーブル+POD1つの含むスターターキットが、通常価格から11,220円OFFの2,980で購入できる点、初回分30日間全額返金保証がある点を考慮すると、試しに利用するには充分な保証がついています。

まずは、合うかどうかは自分で吸って確かめるのが一番です。

【まとめ】ドクタースティックは体に害を与えるのかどうか?

ドクタースティック
この記事の要点まとめ
  • ドクタースティックは有害物質が含まれていないので体に悪影響を直接与えることはない
  • ドクタースティックの1箱分は紙巻きタバコ30箱分に相当してかなりお得
  • ドクタースティックはリアルなタバコに近く継続しやすい

ここまで、ドクタースティックが有害な電子タバコなのかどうかを中心に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ドクタースティックが健康に有害である可能性が低く、紙巻きタバコよりもコスパが良いことは把握出来たかと思います。

ただ、何度もいいますが実際にドクタースティックが合うかどうかはあなた実際に利用して吸って確かめるまで分かりません

そこで、まずは自分の感覚に合うかどうか、また実際に継続して紙巻きタバコから切り替えられるかどうかを試しに購入してやってみるのはいかがでしょうか?

ドクタースティックでは今だけチャレンジコースを利用するお客様を対象に初回料金の79%OFFや30日間全額返金保証が用意されています。合うか合わないか、自分の目で試し購入するかを検討されるのがおすすめです。

3ren setAll
【全記事対象】書き出しBOX挿入フィールド設置
【記事下部用-CTA】Drs-X
タバコ30箱分相当吸える「Dr.Stick type-X」が11,200円OFF!

POD売上累計1,000万個を突破したDr.Stickの新型「Dr.Stick type-X(ドクタースティックタイプX)」は、ユーザーレビュー7部門でNo.1を独占している令和の最強電子タバコ!

POD1つでタバコ30箱分相当吸える高いコスパで本格的な吸い応えを実現!30日間全額返金保証が付いており、気軽に購入できるのも他の電子タバコには無い魅力です。

また、ニコチン・タール・タバコ臭0の4種のフレーバーは全て国内生産です!国内生産なら品質は安心安全ですし、有害物質0なので嫌な臭いや病気に関する心配は一切不要です。

最先端のDr.Stick type-Xは公式サイト限定79%引きの2,980円で購入可能!お得に買えるチャンスなので、少しでも気になった方は公式サイトをチェックしてみて下さい!

【書き出しBOX】Dr.Stick商標
この記事に関連する記事