髭剃りは電気シェーバーとカミソリならあなたはどっち派?

メンジムの男性陣読者のみなさん、毎日の髭剃りご苦労様です。┏○゙

突然ですが質問です!

あなたの毎日の髭剃りに使う道具、カミソリですか?それとも電気シェーバーですか?ちなみに私はカミソリ派です。

今回は400名以上の男性陣に電動派かそれともカミソリ派なのかアンケートを行いました。

また、髭剃りのやり方や肌荒れなどについても合わせてまとめました。

Q.髭剃りは電動派ですか?手動カミソリ派ですか?

髭剃りアンケート

項目 内容
カミソリ 255(58.9%)
電気シェーバー 178(41.1%)

※インターネット調査により男性433名にアンケートを行いました。

カミソリ派が6割と多数派を占めることに

今回のアンケートで6割近い得票を集めたのが【カミソリ派】でした。

初めて髭剃りをしようと思ったとき、いきなり高額な電気シェーバーを使用することは抵抗を感じますよね。その際にカミソリを購入し、そのままカミソリ派になった、電気シェーバーを購入したことがないという方も多いでしょう。

とはいってもほぼ互角の得票差ですので、それぞれのメリットが何か選んだ理由もアンケートしてみました。

あなたはカミソリ派?カミソリ派と答えたそのメリットとは?

カミソリ

なぜカミソリ派を選んだのでしょうか?ちなみに私もカミソリ派ですが、その理由として1日1回お風呂場で剃るだけですので、そのまま手軽に剃ることができるからでしょうか。

カミソリ派のメリットは何かまとめました。

深剃りができるから

一番多かったのが【深剃りできるから】でした。綺麗に剃ることが可能で剃り残しが少なくできるなどのコメントがみられました。

  • icon-thumbs-o-up丁寧に剃れるように感じられるから。
  • icon-thumbs-o-up深そりが可能。
  • icon-thumbs-o-up剃り残しをあまり感じないため。
  • icon-thumbs-o-up電動だとしっかり剃れた感じがしないから
  • 入浴と一緒に済ませられる

    私と同意見のカミソリ派の方たちもおられました。お風呂でちゃちゃっと済ますことができるのでカミソリは便利ですよね。最近では防水タイプの電気シェーバーも増えてきていますが、金額が高いのもネックですよね。そのため、電気シェーバーは高いという意見もちらほら見られました。

  • icon-thumbs-o-up洗顔を兼ねて髭剃りをしたほうがすっきりするから。
  • icon-thumbs-o-upお風呂のついでに使いたいから。
  • icon-thumbs-o-upお風呂で髭を剃るからです。。
  • icon-thumbs-o-upお風呂に入った時に一緒にできるから。
  • 髭が薄いから

    髭がそれほど濃くない方の場合、電気シェーバーを買うほどでもないと考えているようです。髭が薄い方の中には毎日剃らなくてもよい方などもいることでしょう。また、薄いとは逆に髭が濃すぎて電気シェーバーではダメだという方も中にはおられました。

  • icon-thumbs-o-upそこまで髭が生えないため。
  • icon-thumbs-o-upそんなに髭が濃くないから。
  • icon-thumbs-o-up1日にそれほど伸びないため、電動では毎日剃れない。
  • icon-thumbs-o-up髭が濃くて硬い。
  • 電気シェーバーのあなた!そのメリット教えて!

    電気シェーバー

    4割以上の方が電気シェーバーと答えた今回の髭剃りのやり方アンケート。電気シェーバー派のみなさんに、電気シェーバーのメリットをアンケートしてみました。

    手軽・短時間で剃れるから

    一番多く挙がったメリットが手軽に剃ることができ、短時間で剃り終わることでした。

    何かを行いながらや、歩きながらでも剃りカスを出すことなく剃ることも可能なので、朝の忙しいときにも便利ですね。

  • icon-thumbs-o-up普段は急ぐので電動が主になるが、時間のある時は手になる。
  • icon-thumbs-o-upそんなに髭が濃くないから。
  • icon-thumbs-o-up短時間でむらなく剃れるから。
  • icon-thumbs-o-up朝は時間的余裕がない。電気ならば短時間で済むため。
  • カミソリ負け・肌荒れするから

    カミソリの場合、直接肌の刃をあてることになるためカミソリ負けや肌荒れなどが起こりやすいです。肌が弱い方などは電気シェーバーを使用する方も多いようです。

  • icon-thumbs-o-up肌が弱いので手動だとカミソリ負けしてしまうので。
  • icon-thumbs-o-up肌が弱いためカミソリが使えないため。
  • icon-thumbs-o-up肌が荒れるから。
  • icon-thumbs-o-up経験上、手動より電動の方が肌荒れしにくいため。
  • 髭剃りで肌荒れを防ぐやり方はないの?

    肌荒れ

    髭剃りを行う上でどうしても付きまとうことになるのが、カミソリ負けや肌荒れでしょう。

    今回のアンケートで多かった中でも肌が弱くカミソリ負けや肌荒れをしてしまう方は多くおられ、そのためカミソリではなく電気シェーバーを使う方も多いようです。

    電気シェーバーを使用することで直接肌に刃があたらないため、肌荒れをかなり防ぐことは可能ですが、それでも肌荒れを起こしてしまう方はおられます。

    そんな人たちも注意しておきたい髭剃りのやり方をまとめました。

    専用シェービング剤を使用すること

    シェービング剤はカミソリだけのものではなく、電気シェーバー専用のシェービング剤もあります。ドライシェービング剤であれば普段使いの前にローションを塗り込むだけですので、それほど時間を掛けることなくセットすることができるでしょう。剃り残しが減るので剃っている時間を短縮することもできますよ。

    カミソリ派の場合もジェルやフォームなど専用のものを使ったほうが肌荒れを抑止することができるでしょう。

    起床直後に髭を剃らない

    朝起きたばかりは肌がむくんでいることも多く、髭剃りにはあまり適した肌状態ではありません。

    起床後30分ほどは剃らずにその間に朝の準備を済ませ、その後髭を剃るやり方に変えてみましょう。

    スキンケアを行う

    髭剃りを行うと肌はどうしても傷つきやすくなってしまいます。そのままスキンケアもせず放っておくと、肌荒れした状態で髭剃りを行うことになるため、どんどんと肌荒れが進行してしまいます。髭剃り後は必ず化粧水や乳液等を使用してスキンケアを行うようにしましょう。

    健康的な状態の肌であれば肌荒れも起こりにくいですよ。

    髭剃りのやり方どちら?まとめ!

    シェーバー

    今回は髭剃りのやり方はどちら?カミソリ派?それとも電気シェーバー派?ということで400名以上の男性陣にアンケートを行いました。

    結果はカミソリ派が約6割、電気シェーバー派が約4割となり、ほぼ互角の結果となりました。

    それぞれを選ぶ理由もアンケートし、カミソリ派の深剃りなどのさっぱり感に比べ、電気シェーバーの手軽さや肌荒れ防止などがそれぞれのメリットとなっております。

    どうしても髭剃りは肌荒れの原因となってしまいます。肌荒れを放っておくと、シミやシワの原因にもなりうるので、毎日のスキンケアを行うようにしましょうね。