ヒゲ脱毛の効果が出始める回数とは?クリニックによって違う?

ヒゲ脱毛って言葉は数年前までは聞かなかった言葉ですが、女性の脱毛と同じくらいの認知度となったことで、クリニックに通う恥ずかしさが無くなりクリニックでヒゲ脱毛を行うユーザーが急増中のようです。

とはいえ、クリニックでヒゲ脱毛を行っても回数をこなさないと永久脱毛までの効果は発揮しません。また、クリニックで使用するレーザー機器の違いでもクリニックに通う回数は変わってくるようですよ。

クリニックで行うヒゲ脱毛の方法とは?

ナース

まず、クリニックで行うヒゲ脱毛の方法は、クリニックで使用する機器によって異なります。いくつか代表的なクリニックの脱毛方法をまとめてみると下記の4種類に分けられます。

医療レーザー機器によるヒゲ脱毛

クリニックで一番多く利用されているのが、医療レーザー機器によるヒゲ脱毛です。医師がいるクリニックでは医療行為にあたるレーザー脱毛が可能であり、そのメリットは強力なレーザーを使えるということ。

黒色となるメラニン色素に反応するレーザーを毛根に照射し毛母細胞を破壊することで脱毛を行っていきます。繰り返し行うことで最終的に永久脱毛することが可能です。

デメリットとしては、レーザーを照射する度に痛いため麻酔が必要になることや毛周期に合わせて施術をしなければならない、日焼けをしている肌では施術できないことがあるなどとなります。

メディオスター

最近クリニックでの導入が進んでいるのが、このメディオスターというレーザー機器です。メラニン色素を破壊するレーザー機器は毛根の毛母細胞を破壊させるため、皮膚の深い位置にまでレーザーを照射することが必要でしたが、メディオスターは毛根の手前にある”バルジ領域”と呼ばれる発毛因子に照射するため、高出力でなくても脱毛効果を発揮させることができます。

メリットとしては、痛みが少ない、日焼けをしている人でも可能、毛周期にそこまで合わせることなく施術が可能となっております。デメリットとしてはメディオスターを導入しているクリニックが少ないことがあります。

ニードル脱毛

ひとつひとつの毛穴にニードル(針)を刺して電気を流していくのがニードル脱毛と呼ばれる施術方法です。1回で永久脱毛が可能なのが大きなメリットですが、ひとつひとつの毛穴に対して行うため、1回の施術で行える範囲が狭く広範囲のヒゲ脱毛を行うことができません。

そのため、デメリットとして繰り返し通うことになります。また、施術代金が高いことや痛みが強いこともデメリットになります。

エステでは光脱毛がメイン

クリニックで行うことは少ないですが、脱毛エステで行われる施術が光脱毛になります。医療レーザー脱毛と同じような施術になるのですが、医療行為に当たるほどの強い光(レーザー)を照射することができないため、出力が弱く永久脱毛まで至ることができません。

そのため、繰り返し脱毛エステに通ってもまた毛が生えてくることになってしまいランニングコストが掛かってしまいます。

メリットとしては出力が弱いため医療レーザー脱毛よりは痛みがないこと、1回の費用が安いことがあります。

ヒゲ脱毛でクリニックに通う回数はどのくらい?

クリニック案内

では、クリニックでヒゲ脱毛を行った場合、だいたいどのくらいの回数で効果が出始めるのでしょうか?人によってヒゲの量や濃さが異なるため、あくまで目安の回数だと思ってくださいね。

施術方法 効果が出始める回数 永久脱毛完了回数
医療レーザー脱毛 2~3回 10回程度
メディオスター 3~4回 10回程度
ニードル脱毛 1回 20回程度

一番よく利用される医療用レーザー脱毛もメディオスターも2~4回ほどで脱毛効果を感じることでしょう。どちらも毛が抜け落ちるわけではなく次からのヒゲが生えてこないようになるため、ヒゲが減ったと感じるには少し時間がかかるようです。ニードル脱毛の場合は施術を行ったところは永久脱毛されているため1回目からヒゲ脱毛の効果を感じることはできますが、範囲は極めて狭いです。

最終的な施術回数は医療用レーザー脱毛もメディオスターもそれほど大きな違いはありません。しかし、メディオスターは毛周期を待たずに施術が行えるため、トータルの施術期間でいえば医療用レーザー脱毛よりも短く施術が完了します。クリニックでの施術期間は1年~2年ほどと考えておきましょう。

医療クリニックでのメリット

医者

女性は手軽に足を運べるエステで脱毛を行うことが多いみたいですが、男性のヒゲ脱毛の場合はエステではなくクリニックに通う方が多いようです。その理由が医師によるアフターフォローがあるからだと思います。

ヒゲが生えている場所は顔ですので、常に他人にさらされる場所です。脱毛といっても機器やクリームによっては思い通りにいかないこともありトラブルになりかねません。しかし、施術する身近な場所に医師が常駐していればそんなトラブルを未然に防ぐことも可能ですし、アフターフォローも段違いです。

エステでもクリニックでも繰り返し回数を通うことになりますので、価格だけでなくできるだけ安心できるクリニックやエステでヒゲ脱毛を行いたいところです。

ヒゲ脱毛で有名なクリニックは何を使っている?

ヒゲ

では、ヒゲ脱毛で有名なクリニックではどんな施術方法を行っているのでしょうか?男性専用のクリニック【ゴリラクリニック】とCMなどで話題の【湘南美容クリニック】を参考に挙げていきたいと思います。

施術名 ゴリラクリニック 湘南美容クリニック
医療用レーザー脱毛
メディオスター
ニードル脱毛
×
×

湘南美容クリニックのヒゲ脱毛では、3種類の医療用レーザー脱毛(メディオスター含む)で患者の状態や要望に合わせて施術を行っております。他方ゴリラクリニックでは5種類の医療用レーザー脱毛(メディオスター含む)を使用して同様に施術を行っております。

ちなみにどちらのクリニックもニードル脱毛は行っておらず、医療用レーザー脱毛のみでのヒゲ脱毛になるようです。

クリニックでのヒゲ脱毛の回数は?まとめ

今回はクリニックでヒゲ脱毛を行う場合のヒゲ脱毛の回数はどのくらいかまとめてみました。

クリニックでのヒゲ脱毛の施術方法は主にレーザーとニードルの2種類ですが、レーザーで施術を行うクリニックが大半です。また、レーザー機器にも種類があり、効果や回数も若干異なるようです。

近年導入が増えているのがメディオスターと呼ばれる機器で、従来の医療用レーザー機器に比べ痛みが少なく、期間が短いのがメリットとなっております。

今年の夏はヒゲ脱毛したい!って思うメンジム男性陣は是非他のヒゲ脱毛記事も参考にしてみてくださいね。