青髭を薄くするクリームは効果なし?ローションと比較してみた!

夏に向けてコンプレックスをなくそうと努力する男性が急増します。あなたはどうですか?

肌の露出が増加し、汗を掻きやすい夏はニオイや体毛などが目立ちやすくなるため、それをコンプレックスとして悩む方は多いです。

ちなみに一年中露出することになるヒゲも夏に脱毛を始める方が多いみたいですよ。

ということで、夏前のこそ青髭を薄くするクリームやローション、効果なしはどちらなのか比較してみました。

青髭を薄くしたいなら!

MONOVOヘアアフターシェーブローション

青髭を薄くしたいあなたにおすすめのアフターシェービングローションが【MONOVO】です。

青髭にコンプレックスを抱えているなら、早い内に手を打った方が心身ともにより良い効果も得られます

またMINOVOなら青髭や体毛対策だけではなく、保湿やエイジングケアなどのスキンケアも同時に行う事ができてしまいます。

もしあなたが本気で青髭を改善されたいなら、一度チェックされてみてはいかがでしょうか?

青髭を薄くするクリームとは?

ヒゲ

青髭を薄くするクリームとは主に3種類のタイプが存在しております。除毛クリーム、抑毛クリーム、BBクリームです。

青髭を薄くする除毛クリームとは?

一般的に除毛クリームとは、生えている毛をアルカリ性剤で溶かしていくことでツルツルのお肌に仕上げていくものになります。

男性用の除毛クリームは女性用の比べ薬剤が強いこともあるため、顔(青髭)に使うときには顔に使用できるか成分を確認してから使用するようにしましょう。

一度でいっぺんに毛根から除毛することができるので、手軽に行えるのがメリットであります。

青髭を薄くする抑毛クリームとは?

抑毛クリームとは毛を生えにくくさせるクリームになります。代表的なものに、【ヘアー リデューシング】というものがあるのですが、除毛する成分のほかに抑毛する成分である大豆プロテインが含まれております。

大豆プロテインは女性ホルモンに似た成分ですので、男性ホルモンの活性を抑えます。ヒゲは男性ホルモンの影響が大きくそれにより濃さも変わってくるので青髭対策として抑毛クリームを使うことになります。

ただし、抑毛効果のあるクリームは数が少ないのが現状です。

青髭を薄くするBBクリームとは?

BBクリームとはファンデーションやコンシーラーのように肌に色を付けることで青髭を薄くするクリームです。他の青髭を薄くするクリームとは違いヒゲ自体を薄くさせることはできませんが、見た目だけでいえばほぼ完全に青髭を解消することができます。

こちらの記事でも詳しく書いてあります。

⇒男の青髭を隠すメイク術を女性が伝授!おすすめはファンデ?

青髭を薄くするローションとは?

ローション

クリームとは別にローションタイプのものでも青髭を薄くする効果を発揮します。

ローションタイプでは【ゼロファクター】が代表的なものとなります。強力な男性ホルモンであるDHTを活性化させる酵素、5αリダクターゼの働きを抑えることでDHTの働きを抑制ささせ青髭を解消させます。

ローションタイプではこのほかにも抑毛クリームにみられる大豆イソフラボンを使用したものもあります。

ローションの使い方は、一度毛を剃ったのち、ローションを塗り込みます。一回では抑毛効果を発揮しないので、毎日使用して徐々に抑毛させていきます。

パックタイプのもある?

抑毛ローションの中にはパックタイプのものもあります。

女性でも化粧水をより浸透させるためにパックをすることがありますね。要はそれと同じです。抑毛ローションの成分を含んだパックを毎日使用することで徐々に効果を発揮することができます。

1回10分ほどパックをすることでもしかするとローションを塗る以上に効果を発揮するかもしれませんね。

青髭を改善したいなら…

MONOVOヘアアフターシェーブローション

本気で青髭を改善したい人向けのローションが【MONOVO】

MONOVOは男性向け化粧品という事で、男性の肌質や肌の悩みに合わせたケアが行えます。

また、従来のメンズコスメにありがちの嫌なキツめの臭いではなく、フローラルでオリエンタルな香りという所もポイントです。

気になった方はぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

効果なしはどちら?それぞれを比較!

比較

今回の題名である青髭を薄くするクリームとローションと効果なしなのはどちらなのか比較してみました。

まずは、クリームといってもBBクリームはローションとは大きく目的が異なるため、効果なしかどうかの比較対象としては外させてもらいます。その代わりツイッターなどでの使用した口コミなどは挙げていきたいと思います。

ツイッターの反応はどう違う?

まずはツイッターなどでの口コミを見ていきましょう。

などみなさん青髭対策としていろいろと使っていますね。

ツイッターのコメントなどから、それぞれの特徴を比較してみました。

除毛クリームはまた生えてくる

除毛クリームは一度につるつるの肌に仕上げることができるため、即効性は抜群です。しかし、除毛した毛はまた生えてきます。

簡単に言えば毛を抜いたような状態と同じでしょうか?髭は生えてくるのは早いため、除毛しても10日ほどでまた生えてきてしまいます。

そう考えると青髭を一時的に解消できるがそんなに長い効果なしといえるでしょう。

また、上でも述べましたが、薬剤が強いと肌荒れしやすいので、ヒリヒリと痛みを伴ったりします。お肌が弱い方が青髭対策に使うときは注意が必要です。

抑毛ローションは時間が掛かる

抑毛クリームと抑毛ローションの抑毛成分は毛周期に合わせて効果を発揮するため、効果を発揮するまでに時間が掛かります。つまり、抑毛ローションには脱毛をする効果はありません。

そのため、毛が生えている状態で使用するというよりは、除毛後に化粧水や乳液のように使用することで徐々に抑毛効果を発揮することになります。

早い人で10日前後で青髭が減ったと感じる方もいますが、継続的に3か月ほど使用することで一番効果を感じるようです。

ダブルで使用するのもあり

除毛クリームと抑毛クリームやローションをダブルで使用してみるのもありだと思います。一度除毛クリームで脱毛を行ってからその後抑毛クリームやローションを継続して使用していく。抑毛クリームは除毛クリームとダブル配合になっていますね。また、抑毛ローションの場合は肌トラブルも抑える成分が含まれているのでおすすめだと思います。

そうすることでお互いの効果を発揮しダブルの効果を上げることができるのではないでしょうか?

本格的に脱毛するなら医療クリニックへ!

ドクター

今回紹介した青髭を薄くするクリームなどは正直言って永久脱毛できるほどの効果はありません。そのため、本格的に脱毛を行いたいのであれば医療クリニックで脱毛をすることが一番だと思います。

医療クリニックでは家庭用脱毛器では使えない威力のあるレーザーを放出することができるので、濃い青髭もだんだんと永久脱毛まで導くことができます。

しかし、永久脱毛までの道のりは長く青髭が出るほどの髭が濃い男性は2年ほど掛かることでしょう。

青髭を薄くするクリームはなし?ローションと比較?まとめ!

MONOVOヘアアフターシェーブローション

今回は青髭を薄くするクリームの効果とローションとの効果を比較してみました。

青髭を薄くするクリームは効果によって種類が違い、除毛、抑毛、隠すなど目的が異なります。一方、青髭を薄くするローションの場合は抑毛がメインとなっております。

クリームとローションを比較すると、BBクリームなどはローションと全く目的が異なることになります。除毛クリームの場合は毛を抜くことと同じで、処理後は青髭が解消されますが直ぐに新しいヒゲが生えてくるため毛を減らす抑毛には効果なしです。

青髭を薄くするとなった場合、クリームもローションも抑毛タイプであれば効果を発揮することでしょう。クリームタイプとローションタイプどちらがいいということはいえず、自身の肌に合ったものを選ぶことが一番効果を発揮することでしょう。(スッキリタイプであればローションかもしれませんね。)