髭を薄くする食べ物は存在する!食生活の改善で髭に悩まなくなる?

髭が濃いのが悩みの男性って結構多いんですよね。

髭が濃いばっかりに、青髭が目立ってしまったり夜になると髭が生えてるなんて人も多いと思います。

どうにかして髭を薄くする方法はないのかと、ネットの海を彷徨っていたところなんと、

髭を薄くするためには食生活の改善が必須

とのことでした!

今回はこの、濃い髭を薄くしてくれる食べ物をドドンとまとめてご紹介!
髭が濃くなる食べ物も合わせてご覧ください。

抑毛ローションという手もある


MONOVOヘアアフターシェーブローション

ヒゲを薄くしたいと望むならいっそヒゲを抑毛するローションを使用してみてはどうでしょうか?

いま、圧倒的な人気を博しているのがこちら【MONOVO】です。

保湿効果のある化粧水に抑毛を発揮する成分が含まれていると考えれば、普段の化粧水と使用するのは同じです。

京都大学と大阪市立大学が共同開発したエイジングケア成分「ナールスゲン」が含まれていたり、大きさが異なるヒアルロン酸やコラーゲンを配合しているので、美肌効果自体も高い性能を秘めた化粧水になります。

普段のスキンケアからヒゲ対策をしていきませんか?

男の体毛は”男性ホルモン”のせい

男性ホルモン

髭やすね毛などを含み、男性の体毛はほぼ男性ホルモンの影響で生えてきます。

男性ホルモンの分泌量が多いことで、太く濃いムダ毛が生えやすくなります。

つまり、この男性ホルモンの分泌を抑えることができればムダ毛は細く、薄くなるわけなのです。

男性ホルモンは、食べ物や日々のストレス・睡眠環境などにも大きく作用され、生活週間を改善するだけでもだいぶ薄くなります。

酸化すると体毛が濃くなる

酸化する

食べ物でも髭の濃さは大きく作用されます。

特に、体が酸化する食べ物を好んで摂取している人は髭が濃くなる傾向があります。

体内の酸化は年齢と共に必然的に起こります。
それを防ぐ抗酸化作用がよく聞くアンチエイジング効果です。

インスタントの食品や肉類を食べ続けると、体内で酸性の資質が溜まり毒素が発生します。

体内に毒素が溜まると、体毛は毒素を排出する役割を持っているので髭が濃くなります。

逆に、酸化を抑えアルカリ性の食べ物を摂取すれば髭を含む体毛は薄くなっていくという事です。

髭を薄くする食べ物の代表は【大豆】

大豆

いきなり結論から入りますが、髭を薄くする効果のある食べ物はズバリ

大豆イソフラボンの含まれているものです。

大豆は特に抑毛作用がありますが、その他にも抑毛効果があると言われている食べ物があります。

その他どんな食べ物が抑毛効果を持っているのか、それらが髭を薄くするのはどんな作用が働いているのでしょうか。

低GI食品がいい!

インスリン

髭を薄くする効果があるものとして挙げられる食べ物の共通点として挙げられるのが低GI食品と呼ばれるものです。

低GI食品は、低インシュリン食品のことで、インシュリンは体内の血糖値を下げる働きを持っているもの。
つまり、数値が低い=食後の血糖値が上がりにくい食品です。

糖尿病の方がインシュリン注射を打つとか耳にしたこともあるのでないでしょうか?

GI値が55以下だと低GIとされ、食物繊維が豊富で消化するのに時間のかかる食材でもあります。

大豆・豆類

大豆系

一番最初に挙げた髭を薄くする効果が一番あると言われている大豆イソフラボンはその名の通り、大豆製品や、豆類に含まれている成分です。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きを持っており体内の男性ホルモンを相殺してくれます。

納豆や豆乳、豆腐や醤油・味噌など、大豆で作られているものであればほとんど入っています。

大豆イソフラボンは過剰摂取してもいらない分勝手に体外排出されるので食事量も気にする必要ありません。

髭を薄くするいがいに、ダイエットや、がん予防にも効果的なので積極的に大豆イソフラボンが含まれている食べ物を摂取するのがいいでしょう。

「フィリニーブ」「大豆エキス」で悩みを解決


MONOVOヘアアフターシェーブローション

上で説明したとおり、大豆イソフラボンには女性ホルモンと同様の効果があるため、男性ホルモンによって濃くなるヒゲに対して対極のアプローチをすることができます。

また、「フィリニーブ」とは多種類の植物由来成分を配合した抑毛減量であり、毛根のタンパク質にアプローチし、活動を弱らせます。

この成分が含まれているのが【MONOVO】であり、男性用化粧水になります。

毎日の食事と併用して毎日のスキンケアも見直すことが濃い髭からの脱却になるかもしれませんよ。

果物

果物

イチゴ、バナナやグレープフルーツなどは、酸化を防ぐアルカリ性の食べ物です。

多くの女性もアンチエイジングと言って果物を食べている人多いですよね。

体内の毒素を浄化してくれる効果があるので、朝食に摂取するなどして積極的に取り入れましょう。

野菜

野菜

サツマイモ・ほうれん草・人参・キャベツやレタスなど上げればキリがないんですけど、野菜類も果物と同様アルカリ性の食べ物なので髭を薄くする効果のある食べ物です。

ゴボウや大根なども上げられ食物繊維が豊富な野菜も毒素排出を手助けしてくれます。

野菜が苦手な方とかもしかして髭が濃い人多いのではないでしょうか?

玄米・雑穀

雑穀

玄米や雑穀は、白米に比べるとGI値が低く、美容に気を使っている女性が多く食べているイメージがあります。

白米と比べて糖質の吸収が少なく抑えられるため酸化しにくいという特徴があります。

ふだんの白米を玄米に変えてみたり穀物を摂取するのも髭を薄くする効果があると考えられています。

まとめてしまえば女性向けの食べ物

女性の食事

ここまでご紹介して思ったこと言いますね。

つまりはそういうことなのです。

男性ホルモンを抑え、女性ホルモンに近い働きをしてくれる食材を体内に取り入れることによって髭を薄くする効果を得ることができるんです。

果物や野菜を積極的に取るようにしましょう。

髭を濃くしてしまうNG食物

ちょっとまって

では、逆に髭を濃くしてしまう食べ物はどんなものがあるのでしょうか?

先ほどは女性が好んで食べそうな食材でしたよね…。ってことは…。

動物性たんぱく質

肉

NGとして挙げられる食べ物の代表はズバリ動物性たんぱく質を多く含む食べ物です。

例えば、魚・赤身の肉・鶏肉などタンパク質を多く含むものが当てはまります。

こういう食べ物好きですよね・・・。だって美味しいもん。

普段から肉ばかりの生活をしている人などは要注意!

とはいえ、たんぱく質を取らないと疲れやすい体質になるので過剰摂取しないという事だけ覚えておいてください。

ニンニク・ニラ

ニンニク

ラーメンにたくさん入れるとおいしい。

ニンニクやニラなどの食べ物はアリシンと呼ばれる体を元気にさせてくれる効果がある成分が含まれています。

元気になりたい人には嬉しい成分ですが、髭を濃くする原因になるテストステロンの働きを強化する作用を持ち合わせているので控えるといいでしょう。

牡蠣・わかめ

牡蠣

牡蠣やワカメには亜鉛が多く含まれます。

亜鉛は、テストステロンの分泌・生成に効果的な成分で、薄毛の方が摂取すると毛を強くしてくれる働きを持っていますが、髭を薄くする方法を探している人にとっては逆効果。

髭もより太く、濃くなってしまいます。

ブロッコリー・カリフラワー

ブッコロリー

一見女性が好みそうなこの二つですが、実は女性ホルモンを弱める性質をもっています。

男性でも少なからず女性ホルモンが生成され、そのおかげでお髭ボーボーにならないのにブロッコリーやカリフラワーでその女性ホルモンを弱めてしまえば男性ホルモンが優勢化濃い髭になってしまいます。

髭を薄くするなら控えた方がいい食べ物です。

やっぱり男性が好きな食べ物

男性食事

動物性タンパク質すきぃぃぃ~~~!!!!

と思わず叫びたくなりますね。

髭を薄くするなら、髭を濃くする原因の男性ホルモンテストステロンに関係する食べ物を控える必要があるのです。

また、ブロッコリーなどの女性ホルモンを弱めてしまう食べ物にも注意が必要です。

髭を薄くする食べ物まとめ


MONOVOヘアアフターシェーブローション

いかがでしたでしょうか?

食生活を変えれば髭を薄くする事ができますが、とは言えはっきり薄くなると断定できないのが本音です。

たしかに、男性ホルモンを抑えて女性ホルモンの精製を助ければ髭は薄くなりますが、男と女ではもとより生物が違います。

食生活だけで髭を薄くするのには年単位の期間が必要になってきます。

しかし、低GI食品は体にもいいので健康を考える延長戦として髭が薄くなるかもしれない。程度の心持で居ましょう。即効性はないです。

続けていればいつの間に濃い髭に悩まなくなっているかもしれませんね。