ヒゲを生やす男性の心理は?髭から学ぶ男の心理&性格判断

ヒゲを生やす男性の心理ってなんだろう・・・?
ふと、こんな疑問を抱きました。

「ヒゲを生やしたい・・・。」
「ヒゲを生やしたくない・・・。」

人によっては毛が薄くて「ヒゲを生やせない」という方もいますが、そもそもヒゲを伸ばす男性の心理ってどんなものなのか?

今回は、少し気になった”ヒゲを生やす男性の心理”と”ヒゲによる性格の違い”を追求してみようと思います!

剃ってもすぐ伸びてくるから仕方なくヒゲを生やしている人へ


MONOVOヘアアフターシェーブローション

ヒゲが生えるのがとにかく早くて剃るのも面倒だから全剃りせずにちょっと残しているという人、案外多いのではないでしょうか?

朝ちゃんと剃っていっても、夕方には青ヒゲになっとるんじゃ!!という方にはMONOVOヘアアフターシェーブローションがおすすめ!

ヒゲ剃りの後に顔に塗るだけで、ムダ毛を抑毛してくれる簡単で画期的なアイテムなんです。

ヒゲのチクチクが嫌いな女性が多い世の中で、モテたい男性は「ヒゲなんかいらない!」と思っている事でしょう。

ヒゲ剃りがぶっちゃけ面倒くさい!青ヒゲが原因でモテない!そんなあなたには抑毛に効果的な成分がたっぷり入ってうるおいを与えてくれるMONOVOで、モテ肌を手に入れちゃいましょう!

ヒゲを生やす男性心理とは?

ヒゲを生やす男性心理

ヒゲを生やす男性の心理にも、いろいろとある事でしょう。

心理とは「心の働き」「意識の状態」「意識の変化」などの意味合いがあるので、ヒゲを生やす事によって、少なからず意識の変化や心の働きが変わっている事が考えられるという事です。

もちろん、そこまで意識していない人もたくさんいると思いますが、ヒゲを生やす事で考えられる男性の心理をまとめてみましたので、気になる方はチェックしてみよう。

見た目で強さをアピール

ヒゲを生やす男性の心理として、まずは強さをアピールしたいという気持ちが考えられます。

偏見かもしれませんが、ヒゲが生えている人と生えていない人を見比べると、ヒゲが生えている人の方が”悪そう・強そう”な印象を受ける方も多いと思います。

なので、自然と「ヒゲが生えている人=悪・強さ」というイメージが一般的にも定着しているのかもしれません。

特に童顔がコンプレックスの男性の場合、

「ヒゲで大人っぽさを出したい」
「他人にナメられないようにしたい」

という気持ちが働く事も多く、中身の前に見た目で強さをアピールしておきたいという心理が働いていると考えられるというわけです。

ルックスへのコンプレックス対策

コンプレックス対策

上記に付随しますが、自分に自信のない男性はコンプレックス対策としてヒゲを生やしている事も考えられます。

人は見た目のコンプレックスが非常に多く、どんな方でも1つはコンプレックスを抱えていると思います。

「自分はコンプレックスが1つもない」という方も稀にいますが、そんな方でもなにか1つは悩みを抱えているはずです。。

コンプレックスを抱えている方は自分に自信が無い方も多く、そこを打破するためにヒゲを生やすという心理が働くことがあるようです。

なので、見た目的にはヒゲを生やさない方が映えるであろう男性でも、自分のコンプレックスによる自信の無さを緩和したいという気持ちからヒゲを生やす事もあるのでしょう。

普通にオシャレだと思っている

ヒゲを生やす男性の心理として、ヒゲを生やす事をオシャレの一環として捉えている方もいます。

この場合、特に心理というものはありません!

ただ単に、「ヒゲを生やしたい」というストレートな気持ちだけしかない事もあります。

ヒゲだけでなく、ちょっとした気持の変化で「ヘアスタイルを変えたい」「ファッションを変えたい」という方もいると思います。

ファッションに合わせてヒゲを生やす事もあれば、ヘアスタイルに合わせてヒゲを生やす方もいますので、一概に心理や感情だけが関係しているとも限りません!

しかし、ヘアスタイルやファッションの変化についても、なにかしらの心理が働いている事も考えられるので、結局は自分の中でなにかしらの変化が起きていると言えるのかもしれませんね。

憧れの人の単なる真似事

ヒゲ 真似事

自分の理想を追い求めてヒゲを生やす人もいます。

例えば、

「芸能人の〇〇みたいになりたい」
「モデルの〇〇みたいになりたい」

というように、単純な理由でヒゲを生やす方もいるので、必ずしも心理が働いているとは限りません!

最終的なヒゲを生やす男性の心理については、十人十色で理由もさまざまであるという結論に至りますが、どんな方でも、少なからず心理は働いていたり理由があるという事でしょう。

ヒゲ剃り跡の処理に悩んでいる方へ


MONOVOヘアアフターシェーブローション

ヒゲが濃くて悩んでいる人もいれば、ヒゲ自体はそんなに濃くないけれどカミソリ負けしてしまっていつもヒゲ剃りの跡が痛々しくなってしまうという悩みを持っている方もいるのではないでしょうか?

MONOVOヘアアフターシェーブローションなら、毎日のヒゲ剃り後の処理に悩んでいる方に一度は使っていただきたい化粧水です!

ヒゲを剃った後の顔に塗れば、カミソリ負けもケアできるし、抑毛効果もあるし、肌のコンディションも良くしてくれます!

メンズの肌の悩みを、これ1本でトータルケアすることができるアイテムなんです!

ヒゲだけでなく、全身の体毛にも使用することが出来るので、ムダ毛でお困りの方はMONOVOを試してみては??

ヒゲの形で性格がわかるって本当?

ヒゲの形 性格

さて、ここでヒゲを生やす男性の心理とは少し話が変わりますが、ヒゲを生やすにしても「アゴ・鼻下・口下・もみあげ一体」と、人によって生やしている部位が異なります。

実は、ヒゲを生やしている部位や形で性格がわかるとも言われています。

ヒゲを生やす男性の心理も気になりますが、性格がわかるってのも面白い話ですよね?

という事で、ヒゲと性格の関係性についてもまとめてみました♪

口の周りを囲んでいる人

口の周りを囲んでいる方は、

・自信家
・几帳面
・面倒くさがり
・自己中心的
…etc

などのタイプが多いようです。

最近ではあまり見かけませんが、50、60代以上の男性に多い印象を受けます。

口の周りにあるヒゲを整えて生やしている場合には、自信家・几帳面の性格が出ている事が多く、口の周りにあるヒゲを適当に生やしている場合には単なる面倒くさがりである可能性が考えられます。

アゴの下にヒゲを生やす人

アゴヒゲ

アゴにヒゲを生やしている方は、

・ナイーブ
・紳士
・神経質
・ユーモア.
..etc

などのタイプがあります。

恋愛では意外と努力家で、上昇志向も高く仕事では堅実に頑張るタイプが多いです。

表情には出しませんが、褒められる事に喜びを感じる事が多く、仕事でも恋愛でも褒められるとテンションが上がる方が多いですね。

鼻の下だけにヒゲを生やす人

ペンシルヒゲとも呼ばれていますが、鼻の下に口になぞるようにして生やしている方です。

このタイプのヒゲは、

・ナルシスト
・紳士的
・プライドが高い
・恋愛体質

鼻下のヒゲは、威圧感を感じるという方も多いですが、実はそんな事もなく紳士である方もたくさんいます。

恋愛においてはかなりの自信家でありナルシスト。そこに惹かれる女性も少なくありません。基本的には恋愛体質と言えるでしょう。

もみあげから一体を繋げる人

もみあげ ヒゲ

毛の量が多い人にありがちな、もみあげからアゴにかけてヒゲを一体化させているパターン。

このタイプは、

・プライドが高い
・ナルシスト
・真面目

こんなタイプが多いです。

遊んでいるように見えて実は真面目なタイプ。大雑把や片づけられないような印象もありますが、実はもみあげから一体でヒゲを生やすには無精ひげを整える必要があるので、意外と几帳面な一面もあります。

女性の意見として「ヒゲは不評」

ヒゲは不評

ヒゲを生やす男性の心理や性格については、ある程度ご理解頂けたかと思います。

しかし、なんだかんだで女性からのヒゲに対する印象はあまり良くありません。

もちろん、ヒゲ好きの女性もいますが、一般的なイメージとして「ヒゲ=清潔感が無い」という印象を持つ方が多いので、あまり好まれない傾向にあります。

単なるオシャレの一環としてヒゲを生やしているのであれば、たまには剃ってみてはいかがでしょうか?

きっと、アナタへのイメージも変わたり、気分もリフレッシュできて良いかもしれませんよ。

ヒゲを生やすなら統一感が大事

ヒゲを生やす男性の心理

ヒゲを生やすなら統一感を忘れない事。

これまでの事でわかると思いますが、ヒゲに対してはあまり良い印象もありませんし、意外と不便な事もあります。

ヒゲを生やしている事で、

・営業職の方はイメージが良くない。
・女性からの評判が悪い。
・怖い印象を与えてしまう。

というような事がありますので、自分の環境・顔・ヘアスタイル・ライフスタイルに合わせたヒゲのセットを考えるようにしましょう。

ヒゲがすべてマイナスのイメージという事でもありませんが、人は見た目で判断されてしまう事も多々ありますので、その辺もしっかりと頭に入れておくと良いです。

ヒゲを生やす男性の心理まとめ


MONOVOヘアアフターシェーブローション

ヒゲを生やす男性の心理について、皆さんは納得できる部分がありましたか?

「自分はヒゲを生やしているけど当てはまらない」という方もいたと思います。これらは、あくまでも一般的に多いイメージや心理をまとめたものです。

必ずしも当てはまっているとは限りませんが、世間の一般的な印象には近しい事が多いのも事実なので、今後もヒゲを生やし続ける、若しくは生やしたいと思っているのであれば、周囲からはいろんな風に思われているという覚悟はある程度しておいたほうが良いかもしれませんね。

そしてヒゲの濃さやカミソリ負けに悩んでいる方は