ニキビ跡に効く薬は薬局の市販薬で本当に治る?皮膚科の方がいい?

「ニキビが治った!」と思っても、ずっと消えないまま残っているニキビ跡。

男女関係なく現れるこの肌の悩みは、どうやったら治るんでしょうか?

「酷いニキビ跡なのでもう医薬品に頼るしかない」と皮膚科でお薬をもらう人も中にはいますよね。

本当にそのニキビ跡は、薬局の市販薬ではどうしようもないのでしょうか?(´・ω・`)

ニキビ跡が綺麗に治る方法を探してみました!

ニキビ跡に効くのは【リプロスキン】!


リプロスキン

ニキビ跡のケア用品で一番おすすめなのは【リプロスキン】です!

ニキビが治りきらずに跡が残ってしまった肌は、角質層や表皮の部分が硬くなってしまい、どんなにいいケア用品を使っていても成分が浸透していかなくなってしまいます。
そんな肌の状態を正してくれるのがリプロスキンです。

リプロスキンはブースタータイプの化粧水なので、普段のケアに取り入れやすい♪

独自の浸透技術で、肌の奥まで成分を浸透させ、普段使っている美容液の成分もしっかり届く肌になります!

ニキビ跡を治すなら、リプロスキンがおすすめですよ!

ニキビ跡の薬って?

ニキビ跡の薬

ニキビ跡に効果のある薬として販売されているもの、使用できる大まかな種類には薬局などの市販で購入できる薬と皮膚科などで診断後に処方してもらう医薬品の2種類があります。

医薬品として販売されているので、化粧品よりも効果があると言われています。

「じゃあ、ニキビに悩んだら医薬品を塗るなり何なりすれば簡単に治るのでは??」って思ってしまいそうですが、実は医薬品を使う事ってリスクも大きいんです。

ニキビ跡が治る薬のリスクは?

「ねぇ知ってる?薬を反対から読むとリスクになるんだよ?」

だから何じゃいって話ですが、効果があるという医薬品は副作用を起こしてしまうリスクがあります。

例えば、早く治したいからといって薬を必要以上に大量に塗ってしまうなどの間違った使い方をすると、ニキビ跡が治るどころかニキビ跡以上の症状を引き起こしてしまうかもしれません。

ニキビ跡を医薬品で治す場合は、そういったリスクも加味して使用していかなければいけません。

薬局で買える市販の薬はニキビ跡に効く?

薬局

とは言え、昔からニキビにも効果のある万能薬としてオロナインなどが薬局でも購入出来ます。

では、ニキビ跡が治る薬は市販でも販売されているのでしょうか?

市販のニキビ跡の薬はビタミン系が多い

ビタミン

薬局で売っているニキビ跡の薬は、ビタミンが含まれている、もしくはビタミン誘導体が含まれている薬が多いです。

特に「女性は肌をきれいに保つためにビタミンを摂りましょう!」と言われたりしますよね。
その理由はビタミンを摂ることによって肌のターンオーバーを促すことが出来るからです。

特に、赤く残ってしまったニキビ跡にはビタミン系の薬がおすすめです。

赤ニキビは、まだ炎症が続いているニキビ。つまりまだ肌が「このニキビを治そう!」と頑張っているときなので、赤いニキビ跡には肌のターンオーバーを促すビタミンB群・ビタミンE、ビタミンC誘導体が効果的というわけです!

ビタミン系の薬だけでは治せないニキビ跡もある?

「赤みも引いたからもう治ると思って放置したニキビが黒く残ってしまった…」という場合、ビタミン系の薬だけでは治りにくいです。

なぜかというと、赤みの引いたニキビが黒っぽいニキビ跡として残ってしまうのは顔のニキビが色素沈着を起こしているから。

色素沈着を起こして黒くなったニキビ跡にはL-システインなどの美白用の医薬品を使用するのがベスト!

シミへの対策などに使用されている成分なので、肌の代謝をより強くあげてくれます。

薬局で売られているニキビ跡が治る薬は?

実際に薬局で購入できるニキビ跡の薬には以下の様なものがあります。


・アットノン
・イハダのクリームタイプ治療薬 プリスクリード

アットノンとプリスクリードは、赤く残ったニキビ跡におすすめです。

アットノンは肌に残してしまった傷跡を治す医薬品。
有効成分のヘパリン類似物質が肌のターンオーバーや血行促進をサポートし、アラントインという成分が皮膚の傷を治してくれます

プリスクリードは肌に出来た炎症を抑えて、湿疹や皮膚炎などの肌トラブルを改善してくれます。
新陳代謝お活発にして肌トラブルを改善する効果があるので、ニキビ跡を治す効果が期待できます。

ただし、アットノンは顔への使用が出来ないので、身体に出来たニキビ跡のみに使用しましょう。プリスクリードはステロイドが入っていないので、肌が弱い人でも使用できるのでおすすめです!

色素沈着してしまったニキビ跡には、上の2種よりも、ハイチオールCやトランシーノなどのシミ対策の医薬品を選ぶようにしましょう。

通販でも、ニキビ跡のケア用品が買える!

男性用リプロスキン

市販薬は気軽に購入できるものが多いですが、通販ならお試しで購入が出来ます!

ニキビ跡が治りやすい肌へと導いてくれる【リプロスキン】は、初回限定60%OFF&60日間返金保証付き!

自分の肌にちゃんと合うかどうか、様子を見ながら使用できるのはリプロスキンだけ!

気になった方は公式サイトをチェック!!

皮膚科でもらう薬はニキビ跡に効く?

皮膚科

「薬局の薬ではどうしても治る気配が無いので、皮膚科でお薬をもらおう!」という選択肢を選ぶこともあると思います。

では、皮膚科でもらうお薬は本当に効果があるんでしょうか?

皮膚科でもらえるニキビ跡のお薬の特徴をまとめてみました。

皮膚科でもらえるニキビ跡の薬とは?

処方箋

公益財団法人日本皮膚科学会にはニキビ治療のガイドラインがあり、そこではアダパレンという医薬品を使用することを推奨しています。

アダパレンは、ニキビの原因となる毛穴のつまりに効果がある薬で、このアダパレンと併用してアクネ菌などの炎症を鎮める抗生物質を併用することでニキビを綺麗に治すことができます。

また、ハイドロキノンという成分も、ニキビ跡を治す薬として知られています。
ハイドロキノンは2%までの濃度なら市販薬としても販売されていますが、それ以上は処方箋としてでしか購入できない医薬品です。

アダパレンは赤いニキビ跡、ハイドロキノンは黒く残ってしまったニキビ跡を治すのに適しています。

皮膚科の薬でもニキビ跡は治らない?

赤ニキビや色素沈着を起こしたニキビに対して

言ってしまえば、お薬を塗るだけではクレーターになってしまったニキビ跡は治りにくいんです。

クレーターニキビ跡を綺麗に治すには、皮膚科でレーザー治療や皮膚移植、ダーマペンと呼ばれる針で治療を行うのが一般的です。

クレーターニキビ跡を薬局などの薬で目立たなくさせるには、肌のハリや潤いをしっかりケアしてくれる効果があるものを選びましょう。

治るニキビ跡の薬と治らないニキビ跡の薬の違い

ニキビ跡の薬の種類

ニキビ跡が治る薬として薬局などで販売されている物でも、実際使用してみると自分には効かなかった!という事もありますよね。

どうしてニキビ跡が治る薬と治らない薬があるのでしょうか?

ニキビ跡の症状に合った薬じゃなかった

ニキビ跡と一言で言っても、赤く炎症を起こしているニキビ跡と、色素沈着して黒くなったニキビ跡、クレーターっぽくなってしまったニキビ跡とそれぞれ症状が変わります。

まだ炎症がある赤いニキビ跡にはビタミン系の薬が効果的ですが、黒くなったニキビ跡やクレーターニキビ跡にはビタミンだけ与えても綺麗にはなりません。

自分の症状に合ったニキビ跡の薬が選べているか見直してみましょう!

副作用を起こすニキビ跡の薬に注意

ショック

副作用が起きてしまうニキビ跡の薬は、決して危ない薬というわけではなく、それだけ効果が高いというわけです。

例えば、先ほど紹介したハイドロキノンは、一度に使用する量が多かったり、配合量が多かったりすると皮膚炎を起こしやすくなるといった副作用があります。

肌が弱い方は特に注意するべき成分ですが、お医者さんや薬剤師さんの指示に従って使用すれば、副作用の心配はありません。
用法用量はしっかり守るようにしましょう!!

ニキビ跡に効く薬まとめ


リプロスキン

いかがでしたか?

個人的には「ニキビ跡が治る医薬品」といっても、様々な種類のものがあるんだなとすごく驚きました(笑)

とはいえ、ニキビがまだニキビ跡になっていない状態である場合は、ニキビ跡で残ってしまう前に肌の調子を取り戻すケアをすることをおすすめします。

ニキビ跡の状態だけでなく、肌の質なども千差万別。
自分のニキビ跡に効果のあるケアアイテムを探してみてください!