白髪とストレスの因果関係は事実?ストレスで白髪が増える理由とは?

「ストレスを抱えるのは白髪の原因」そんな話を耳にする機会も多いと思いますが、因果関係はあるのでしょうか?

老化が理由となっている白髪も勿論ありますが、特に若年性の白髪に関しては他の原因が隠れていそうですよね…!

今回は、ストレスが人体にどのような反応を起こすのか、白髪との因果関係はあるのか?をテーマにまとめていきます。

ストレスからくる白髪を改善してくれる白髪専用サプリ!

ストレスを溜め込んでしまって白髪が増えた…そんな悩みでさらに白髪が増える…

いいえ、悩んでいる場合ではありません。ブラックサプリEXブラックサプリEXを今すぐ始めましょう。

ストレスの影響を受けて増えてしまったいわゆる若白髪って、実は頭皮の黒い髪を生やすための能力はまだ劣化していません

白髪を改善するために必要な栄養素を適切に補給することで余裕で黒髪に戻ることができるんですよ!

対策は早めにスタートすることが肝心です。

 

白髪の生えてくる仕組みとは?

白髪 原因

白髪が生えてきてしまう理由はメラニン色素にあります。メラニン色素は、髪や肌の黒さを決めている色素です。

頭皮でメラニン色素が作られなくなると髪の色を黒くできずに白髪が生えてきてしまう原因になるのです。

白髪の原因はストレス?

そもそも白髪の主たる原因は老化によってメラニン色素を生産する細胞が弱ってくる事と考えられています。しかし、白髪が若いうちから生え始める人もいますよね?

しかし白髪が生える理由が老化だけだとすれば20代や30代で生え始める白髪は説明が付きません。

そこで注目したい原因がストレスです。

 

ストレスで白髪が増える理由とは?

白髪 ストレス

ストレスと白髪に因果関係があるかどうかはストレスによって体内ではどんな状態になっているのかを見ていくと分かります。

ストレスによって白髪が増えると言われている理由を紹介しましょう。

ストレスによって活性酸素が増加

活性酸素

慢性的にストレスが溜まった状態が続くと、身体はストレスに耐えようとするためのホルモンをどんどん分泌するようになります。

このホルモンが増加すると、老化を促進することですっかり有名になった活性酸素が増加すると言われています。

この活性酸素がメラニン色素を生成している細胞にダメージを与え、メラニンを作る機能を維持できなくしてしまいます。

活性酸素は全身に悪さをするけど…

活性酸素は、身体のあらゆる部位を酸化させ、老化させてしまう物質です。

身体は生命維持のためにビタミンCなどの栄養素を大量に消費して活性酸素を除去しようとします。

しかし、身体の大切な場所から順に栄養素を使っていくので、髪の色が黒さを失う程度で済むような頭皮へのビタミンの供給は後回しになってしまうのです。

これが逆に、頭皮がストレスによる影響を特に受けやすい原因にもなっています。

ストレスによって血流が低下

血流低下

ストレスを感じると血流が低下し、血行も悪くなることが知られています。

血流が悪い状態はストレスが収まれば次第に戻るのですが、ストレスを感じている状態が長く続くと血流が悪い状態も長く続きます。

健康的な黒髪は、頭皮の血管から栄養を貰いながらメラニンを生成して成長します。血流の悪い状態が続けばメラニンを十分に生産するための栄養が行き届かずに、黒い髪を生やすことができなくなります。

 

ストレスと白髪の因果関係

ストレスと白髪

これらのことから、白髪とストレスの間には因果関係はあると言っていいでしょう。

しかし、今まであった髪が、ストレスを受けたためにすぐに白髪に変わるいうわけではありません。

既に生えている髪は白髪にはならない

白髪にならない

白髪は、髪が生える時に黒く色を付けられないことが理由で生えてくるものなので、今現在黒い髪として生えている髪の毛が突然色を失って白髪になるようなことはありません。

そのため、一時的に強いストレスを受けたとしても、イライラしたり悩んだりしながら寝たせいで翌日起きたら白髪だらけだった!なんて経験はありませんよね。そんな気がしたら気のせいです。

大体突然現れたと感じる白髪は、こっそり生えていたものが長く伸びて目立つようになったために見つけてしまったに過ぎないのです。

逆に一度生えた白髪は…?

白髪

髪が生える時に、メラニン色素を貰えた髪は黒髪になり、メラニン色素を産生できずに着色できなかった髪は白髪として生えてくることを整理すれば、一度白髪として生えてすでに伸びてきた髪は人工的に染めない限りは黒髪になることはありません。

ただし、頭皮の健康を取り戻すことによって白髪の根元から黒い髪が成長することはあり得ます

ストレス溜め過ぎないように適度に発散を心がけていれば、髪の伸びるサイクル分だけ期間が経った頃にもう一度同じ場所を見て、白髪が減っているという事もあり得ることなのです。

白髪の原因要素は他の悪さもする

メラニン色素の生成を弱らせたりする活性酸素や、髪への栄養供給を止めてしまう血流の悪化を理由とする不調は白髪だけではありません。

これらは脱毛や薄毛の原因や理由とも共通していますし、ストレス続きで血流が悪くなったら冷え性や肩こりなど身体の全く別の部位にも関わってきます。

強いストレスが続くと不眠などの原因にもなり、身体の不調は様々な所へ波及していきます。

一度ストレスによって増えた白髪は元に戻せる?

白髪は元に戻る

結論から言えば戻ります。そもそもストレスと白髪に因果関係があるとする理由は、ストレスによって白髪の原因や理由となる身体の変化が起きるからでした。

ストレスを適度に発散する、もしくはストレスに対して強くなり、ポジティブに考えられるようになれば、頭皮はメラニン色素を再び正常に生産できるように戻っていきます。

実は加齢による白髪でさえも戻すことは可能!

老化の白髪には抗えないと思っている方も多いかと思いますが、実は加齢の白髪でさえも多大な努力によっては黒髪に戻すことができます。

メラニン色素を作るために必要な栄養素をたくさん取り入れ、活性酸素に抗うための抗酸化作用を持つ栄養素もたくさん取り入れ、そしてストレスを溜めないこと。

この黒い髪が必要とする条件さえ整っていれば40代や50代で一度老化による白髪が増えてきたとしても、まだまだ改善する余地はあります

メラニン色素の生成に必要な栄養素なら、白髪専用のサプリメントブラックサプリEX『ブラックサプリEX』で補給するのが一番簡単です。

 

ストレスと白髪の因果関係まとめ

ストレスと白髪の因果関係についてのまとめはいかがでしたでしょうか?

ストレスを溜め込んでしまうと起きる代表的な身体の反応では、体内の活性酸素の増加と血流の低下があり、これらの反応が白髪の原因となっていることから、ストレスと白髪には因果関係があると言えます。

しかし確かに、ストレスと白髪には因果関係がしっかりあるのですからその原因となっているストレスを上手に発散できれば、白髪を減らすことができるということも確かに言うことができるはずです。

一度増えてしまった若白髪も、原因や理由をつきとめて、頭皮への血流や栄養の供給を改善してあげることで元に戻すことができます。

ストレスを溜め込まないことがいかに大切かよくわかりますね!