白髪染めトリートメントで人気のルプルプを徹底的に調査してみた!

今回注目してみたのは白髪染めトリートメントとしても人気の「ルプルプ(LPLP)」です。

ルプルプの白髪染めトリートメントに関しては、一部の大型雑貨店でも販売されているみたいですが基本的にネット通販がメインとなります。

そんな話題の白髪染めトリートメントにはどんな特徴があるのか・・・?

さっそく調査した結果をまとめていきたいと思います!!

白髪染めトリートメント「ルプルプ」について


クロエベール_濃色うるツヤ手触り

ルプルプはエイジングケアやヘアケア商品を専門に取り扱っています。

今回の趣旨は白髪染めトリートメントに関する情報なので、ルプルプの中でも「ヘアカラートリートメント」に焦点を置いて内容をまとめています。

ルプルプの基本情報

ルプルプ

メーカー・ブランド ルプルプ(LPLP)
ジャンル エイジングケア
カラー ・ブラウン
・ダークブラウン
・モカブラウン
・ソフトブラック
・ナチュラルブラック
内容量 200g (約1ヵ月分)
販売価格 3,000円

ルプルプの特徴

【染毛力が120%にアップ】
・過去のヘアカラートリートメントが改良されて、染毛力が格段にアップ!保湿成分も配合されているので頭皮と髪の毛をいたわりながら白髪染めができます。
【天然色素を使用】
・ルプルプの白髪染めトリートメントは「ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎」などの天然色素を使用。肌が弱い方でも気軽に使用できます。
【爽やかな香り】
・白髪染め独特のニオイを嫌う方もいますが、ルプルプは精油の香りが漂う成分を配合しているので気分よく白髪染めすることができます。

ルプルプの成分一覧

ルプルプの成分

成分 水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、パルミチン酸エチルヘキシル 、ステアルトリモニウムブロミド、ガゴメエキス、ヒアルロン酸Na、水添コメヌカ油、月見草油、メドウフォーム油、マンゴー種子油 、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オレンジ果皮油、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ベニバナ赤、グリシン 、オレイン酸フィトステリル、オリーブ油脂肪酸セテアリル、結晶セルロース、ステアラミドプロピルジメチルアミン、エチルヘキシルグリセリン 、イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、炭酸水素アンモニウム、乳酸、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル 、イソプロパノール、エタノール (+/-) 、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16、HC青2、HC黄2、HC黄4

ルプルプの効果的な使い方

【手順①】適量を手にとる
・自分の髪の毛の量に合わせた適量を手にとります。

【手順②】髪の毛に馴染ませる
・白髪の気になる部分を中心に髪の毛全体にしっかりと馴染ませる。

【手順③】コームを使う
・手で馴染みにくい部分に関してはコームを使って細かい場所を馴染ませる。

【手順④】ラッピングする
・ラップなどを頭にかぶせる事でカラーの定着が良くなります。置き時間の目安は20分~30分程度。

【手順⑤】しっかりと洗い流す
・すすぎ湯の色がなくなったり、髪の毛のヌルヌル感がなくなるまで洗いましょう。

※水気が少ないほうが染まりやすいので、使用する前にタオルドライをして下さい。

ルプルプの口コミ情報

【50代/女性】
・今まで使った白髪染めトリートメントの中でも圧倒的に良かったです。私の場合は10分くらいの置き時間でだいぶ染める事ができました。

【40代/女性】
・素晴らしいと思います!カラーも4種類あるので自分の好きな色を選べますし染まり具合も申し分ありません。

【60代/女性】
・初めてネット通販を利用しましたが試しに購入してみて正解でした。髪の毛の傷みも緩和されているみたいで、以前よりも艶やかになっている感じがあります。

【40代/女性】
・口コミを見て買いましたが想像以上に良かった!私の好きな武田久美子さんが使っているとの事ですぐに買ってしまいました(笑)まぁ結果オーライです♪

白髪対策ならサプリメントもおすすめ


ブラックサプリ

白髪染めをする場合、一般的に思いつく方法としては

・白髪染めクリーム
・白髪染めシャンプー
・白髪染めトリートメント
・美容院での白髪染め

このあたりだと思いますが、そもそも白髪を根本から改善するには体の内側をしっかりとケアする必要があります。

ストレスや栄養バランスの乱れなども白髪に大きく関係していますので、こういった部分をサプリメントで補うという方法もあります。

最近では、白髪に特化したサプリメントブラックサプリも販売されていますので、根本から改善していきたいという方は白髪用のサプリメントも試していきましょう!!

白髪染めで染まらなかった場合…

万が一、市販の白髪染めで染まらなかった場合には美容院で相談してみるのも方法の1つとして挙げられます。

美容院に行くことに抵抗があるかもしれませんが、専門家の技術を駆使して染めてみるのもアリです。

1回相談すればその後は自分でも対処できる可能性があると思いますし、白髪染めに対する知識もアップしていると思うのでそこまでのデメリットはないと思います。

・・・あるとすれば、時間とお金がかかるという事ですね。。

一時的に隠すなら部分白髪染めもアリ

部分白髪染め

「大事な用事があるのに白髪染めするのを忘れてしまった…。」
「白髪の量が少しなのに白髪染めをするのは面倒…。」

こんな方におすすめなのは部分白髪染めです!

生え際や分け目などの部分的な白髪を簡単に染める事ができるので、髪の毛全体が白髪ではなく部分的に白髪が目立っている方には最適のアイテムです。

しかも、部分白髪染め(白髪隠し)は持ち運びもできますし使い勝手も良いので、旅行や出張先にも気軽に持ち運ぶことができます♪

わざわざ髪の毛全体を染める必要もないという方には、白髪を部分的に隠すという方法もおすすめですよ!

白髪を改善するには体内ケアも大切

体内ケア

先ほど白髪サプリメントがあるという事を紹介させて頂きましたが、無理にサプリを飲まなくとも普段の食生活から白髪対策をすることも可能です。

特に、栄養分として取り入れたほうが良いものとしては、

「チーズ・ナッツ類・鶏肉・魚卵・大豆・黒ゴマ・海藻類・牡蠣・生姜」

などがおすすめです!

逆に、甘いものや辛い物などは髪の毛や頭皮にも優しくありませんので、極力控えるようにしてください。

こういった1つ1つのポイントを意識して改善するだけでも白髪対策になりますので、白髪の気になる方は今日からでも始めてみましょう!

ルプルプ以外におすすめのトリートメントは?

ルプルプ以外におすすめのトリートメント

ルプルプの白髪染めトリートメントもおすすめではありますが、やっぱりこういった製品には相性もあります。

なので、どんなにおすすめされていても「ルプルプの白髪染めトリートメントが自分に合わないな~」という方も中にはいるという事です。

そんな方に関しては、以下の白髪染めトリートメントがおすすめです。

  • ・シエロ カラートリートメント
  • ・利尻ヘアカラートリートメント
  • ・ロレアル パリ エクセランス カラートリートメント
  • ・ビゲン カラートリートメント

この辺りは市販でも人気のある白髪染めトリートメントなので、ルプルプが頭皮や髪の毛の合わない場合に試してみると良いでしょう。

【まとめ】白髪染めトリートメントはちゃんと選ぶ事!


クロエベール_濃色うるツヤ手触り

という事で、白髪染めトリートメントに関する情報を紹介させて頂きましたが、まず大事なことは自分に適した白髪染めを選ぶという事!

今回この記事ではトリートメントタイプの白髪染めを紹介していますが、他にもシャンプータイプクリームタイプなど、白髪染めの種類もたくさんあります。

どれがおすすめなのか?も情報としては役立ちますが、どれが自分に合っているかという事のほうが大切なので、ここまでの情報を少しでも参考にして今後の白髪対策にお役立て頂ければと思います!!