ドクタースティックの使い方を徹底解説!充電方法や故障時の対処法

ドクタースティック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近人気急上昇中の電子タバコ、ドクタースティック(Dr.Stick)をご存知ですか?

ここでは愛好家も増えてきたドクタースティックの使い方と充電の仕方、そして故障してしまった時の対処法をご紹介します。

バッテリーが長持ちするちょっとしたポイントや、故障の原因を知っておくことで故障を防げたりするポイントをご紹介するので、是非ご覧ください!

ドクタースティックの使い方

本体4色

ドクタースティック(Dr.Stick)の使い方はシンプルで至って簡単です。

しかも、もし故障してしまったとしても、1年間に3回まで無料で新しい本体と交換してくれます!

更に、現在公式サイトでは、ただいまスターターキットが大幅割引で通常価格の7,000円割引でご利用いただけるのです!

そのためたった2,980円で、本体・充電器・リキッド入り専用ポッドがセットになったスターターキットを購入する事ができます!


👉販売開始キャンペーン👈
今なら7,000円OFFでGET!

このキャンペーン期間はいつまで続くか分からないのでお早めに購入されることをおすすめします!

それでも、まだちょっとドクタースティックがどんなものか分からないという方に、ドクタースティックの使い方や充電方法、故障時の対処法をご紹介していきます。

【ドクタースティック使い方①】キット内容

それでは早速ドクタースティック(Dr.Stick)のスターターキットに入っている、セット内容をご紹介します。

まず、ドクタースティックのスターターキットは4色から選ぶことができ、どれもおしゃれなボディです。

スターターキットの内容

・バッテリー(本体)

・リキッド入り専用ポッド

・USBアダプター

 ※各1個


USBアダプターは、本体との接続部がマイクロBコネクタという、アンドロイドスマホを充電するような形となっています。

USB変換プラグがあれば充電できるので、パソコンやスマホの充電器に差し替えて使用できます。

【ドクタースティック使い方②】本体にポッドを挿入

充電が完了したドクタースティック(Dr.Stick)の本体に、直接、リキッド入りの専用ポッドを差し込みます。

ポッドはキャップを外し、液漏れしていたら拭いてから差し込むようにして下さい。

ポッドと本体が正しく奥までしっかり挿入できるように向きが決まっています。

挿入する前にキャップと本体のかみ合わせの向きを確認しておきましょう。

【ドクタースティック使い方③】吸引する

ドクタースティック(Dr.Stick)を吸引するのは至ってシンプルで、ゆっくりと吸ってください。

吸引している間のみ作動する自動機能がついているため、無駄に電力を消耗されることもありません。

ポッドが無くなるまでは、そのまま充電して使い続けることができます。

【ドクタースティック使い方④】ポッドの交換

ポッドは、まだ液体が残っていても途中で他のポッドと交換することもできます。

ご注意いただきたいのは、ポッドの液漏れを防ぐために途中仕様のものも必ずキャップを閉めるようにしましょう。

また、キャップの色でフレーバーが異なるので、キャップ間違いにご注意くださいね。

電子タバコの爆発事故動画まとめ!爆発した原因・メーカーを調査
喫煙者も禁煙を目指す人も利用する電子タバコ。しかしそんな電子タバコが爆発事故を起こした事があるのをご存じだったでしょうか?この記事は爆発事故の原因を作ったメーカーを調べつつ、実際に爆発した瞬間の動画をいくつかまとめます!
電子タバコ「ドクタースティック」の魅力をご紹介!禁煙は可能?
人気沸騰中の電子タバコ、ドクタースティック(Dr.Stick)ですが、ここでは人気の秘密に迫ります!コストパフォーマンスの高さや安心の返金保証などが魅力の1つとなっているようです。更に禁煙に効果があるのかについても詳しくご紹介していきます!

ドクタースティックの充電方法

充電中の赤いライト

次に、充電の仕方についてご説明いたします。

至ってシンプルですが、バッテリーを長持ちさせる充電の仕方もご紹介するのでご覧ください!


スタイリッシュな電子タバコ
!購入はコチラから!

【ドクタースティックの充電方法①】本体のライトに注目

付属のUSBケーブルを本体に差し込みます。

本体には、充電状況を示すライトが点灯しますが、充電中は赤、充電完了後に緑に変化します。

【ドクタースティックの充電方法②】バッテリーを長持ちさせる方法

ドクタースティック(Dr.Stick)に限らずバッテリー商品を少しでも長持ちさせる方法があるのです。

それは、一度充電したらできるだけ最後まで使い切る事!

ついつい、充電器に差しっぱなしで使うことがありますが、これは充電器の劣化を早めますので、あまりお勧めではありません。

ドクタースティックの販売店はどこ?コンビニ・ドンキで買える?
最近、かなり注目を集めている電子タバコのドクタースティック(Dr.Stick)。この記事では、ドクタースティック(Dr.Stick)はコンビニやドンキでも買えるのか?販売店などについて詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてくださいね!
ドクタースティックには健康被害の可能性がある?害だらけで危険?
実は電子タバコは、WHOでは「電子タバコは間違いなく有害である」と健康被害の危険性があることが名言されています。果たしてドクタースティック(Dr.Stick)も安全性に欠如した害のある商品なのか、詳しく検証していきます。

ドクタースティックの故障時の対処法

故障かな?

電子タバコのドクタースティック(Dr.Stick)が不具合を起こし、動かなくなってしまったり、途中で吸えなくなったりと故障してしまう事があると思います。

そんな時、まず知っておいて欲しい対処法をお伝えします。

後ほど、ドクタースティックが提供する充実したアフターサービスもお伝えしますので焦らず読み進めて下さい!


手厚いアフターサービス
故障しても無料で交換!

【故障の原因①:充電切れ】充電する

単純に一番多い原因は充電切れです。

充電している間は充電ライトが付きますが、プラグを抜いてしまうと光は消えますので充電残量は分かりません。

そこで対処法としては、再度充電器を挿してみるということです。

もし、充電ライトがつかなかったり、充電してあるのに吸えない時には、別の対処法を検討する必要があります。

【故障の原因②:湿気、液漏れ】接続部の掃除

ドクタースティック(Dr.Stick)本体の接続部が濡れている場合も故障の原因となります。

接続部が濡れていると電気が通らず吸引ができないことになります。

そのため、対処法としては、乾いた綿棒やティッシュなどで、接続部やポッドをふくことです。

【故障の原因③:発熱】本体の熱を冷ます

ドクタースティック(Dr.Stick)は様々な要因から本体が過剰に熱を帯びることがあります。

例えば、充電方法が間違っていたり、過剰に充電しすぎたり、また真夏の車内に放置されていたなどが挙げられます。

そんな時はとにかく本体を自然に冷ましていく事が大切です。

あまりに高温の状態が続くと故障の原因にもなるので、使い方には気を付けましょう。

アフターサービス保証3回つき!

なんとドクタースティックはアフターサービスが充実しており、様々な対処法を講じても使えない場合は年間3回まで無償で新しい商品と交換してくれます。

自分の不手際で壊してしまったとしても、保証してくれるのですから驚きですね。

しかも、ドクタースティックを解約してからの1年間も補償対象期間としてくれます!

年に3回も交換してくれるなんて、とっても手厚いですよね!

ドクタースティックの値段や購入方法は?最安値で買えるのはどこ?
電子タバコの中でもかなり人気のあるドクタースティックの値段や購入方法などの詳細が知りたいという方も多いのではないでしょうか?この記事では、ドクタースティックの値段や購入方法、最安値で買えるのはどこなのか?について詳しくご紹介していきます!
ドクタースティックを辛口レビュー!リアルな口コミ・評判まとめ
吸い応えが抜群と話題になっている電子タバコのドクタースティック(Dr.Stick)ですが、本当に吸い応えがあるのか気になりますよね?そこで今回は、ドクタースティックを実際に吸ってみた感想や口コミや評判レビューなどの評価をご紹介していきます!

ドクタースティックの充電方法などの使い方。故障時の対処法とは?まとめ

いかがでしたでしょうか。

ドクタースティック(Dr.Stick)の使い方や故障に対する対処法はご理解いただけましたでしょうか。

充電方法だけでも、故障に導くこともあるので、注意してもらえるとすこしでも本体の寿命を延ばす事ができるでしょう。

また、今なら、7,000円匹でスターターキットを購入できるチャンスなので、キャンペーンが終わらないうちにお試ししてみてはいかがでしたでしょうか。

コメントを残す

*