新車と中古車には価格差がある!お得に乗りだす為のコツを伝授します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事では、新車と中古車を購入する際の価格差や違いについてまとめています。

・車体本体の価格差
・車を維持する際の価格差

など、購入前に知っておきたい費用面の情報や車の保証内容で異なる点などを紹介していますので、これから車を購入しようと思っている方は必見です!

少しでも当ページの情報を参考にしてからディーラーや中古車販売店に行きましょう!

購入時にかかる費用の違いや価格差について

車購入 価格差

まずはじめに、車を購入する際にどれだけの費用が発生するかによって、新車か中古車のどちらを選択するかを決めることになります。

同じ車であっても新車と中古車ではいろいろと条件が異なってきますので、大まかな違いを紹介しつつ価格差などについても言及したいと思います!

高いお金をかけずにいい車に乗りたい方必見!

カレコ 新バナー

自分だけの車も憧れますが、その場合は収入や自宅の駐車場の広さなどを考慮して、本当に欲しい車に乗れない!なんてこともありますよね?

ですが、三井不動産が経営するcareco(カレコ)なら、収入も駐車場の広さも考えずに憧れの車に乗れるんです!

東京都内を中心に神奈川内や大阪府内、その他埼玉・千葉・静岡・愛知や京都・兵庫・岡山・広島・沖縄と広い地域で、ケータイ1つで予約から返却まで出来ちゃいます

車両タイプもコンパクトカーからSUV・ミニバン、セダンや高級輸入車まで選べるので、欲しい車の試し乗りにもおすすめ!

入会費無料のカレコで車を買わずにマイカーに乗っちゃいませんか?

車両本体の価格差を考える

車両本体の価格差

新車と中古車の価格差を見ると、新車の場合は標準価格が設定されており、基本的にその価格にオプションなどの費用が計上されていきます。

例えば、

本体標準価格→200万円
オプション→20万円

この場合はシンプルに総額が220万円となります。

一方で中古車の場合は、明確な標準価格というものが存在しません!

中古車の価格が決定される要素として、車両のコンディションが最も重視されます。

外観でキズなどのマイナスポイントがあるとその分だけ価格も下がることになりますし、中古車の価格が決定される要素の1つとして走行距離も挙げられます。

これはエンジンや足回りの状態を示す指標となり、なるべく走行距離が少ない方が価格的に高くなる傾向にあります。

一般的には1年当たり1万kmが標準的な走行距離となっているので、それを超えると価格が下がっていくというわけです。

その他にも、

・中古車でドレスアップしている場合
・すでに廃版となっていて希少価値が高い車種の場合

などは新車価格よりも高くなる可能性もあります。

中古車の場合は車検の費用と時期に注意

車検の費用

車のメンテナンス費用の中でも最もお金がかかるのが車検です。

車検を通さなければ車を利用することができないので、必ず検査を受けなければなりません!

中古車の場合、車検があとどの程度残っているかも購入時の費用という面で確認すべき項目となります。

場合によっては車検で10万円以上かかるケースもあるので、単純に新車との価格差となって如実に現れてきます。。。

中古車販売では、

・車検がいつまで有効であるか?
・現状、車検切れているか?

これらの情報も提示していますので、購入前にしっかりと確認することが重要です。

新車の場合は重量税がかかる

新車でも中古車でも、購入時にかかる税金として「自動車取得税」「自動車税」があります。

これらに関しては100%納税の義務がありますので、必ず納付しなければなりません!

また、新車の場合は別途重量税の支払いも必要となります。

重量税は、0.5t以下の場合は12,300円、さらに+0.5t増える度に12,300円が加算されますので、新車購入時にオプションを付ける際にはその重量によっては価格差が広がる可能性があるという事に注意しましょう。

車を維持する際の価格差は?

車を維持する価格差

車は購入すればOK!という事でもなく、さまざまな維持費を支払わないとそのまま乗り続けることができません。

購入前には維持費などの価格差も加味して、新車と中古車のどちらを選択するか?の判断を下す必要があります。

ここからは実際に車を購入した後の費用面の価格差についてまとめていますので、気になる方は参考にしてみよう!

新車は保証期間内であれば費用がお得に

新車の場合は保証期間が長く、ある一定の期間内はメンテナンスなどを無料で行うことができます。

※新車の保証期間としては、一般的に3年間または6万kmが目安。

その間は、基本的に無料で修理対応をしてもらえるのがメリットです。

エンジンやミッション系のなどの主要部品についても、5年もしくは10万kmの間は保証してもらえるケースが大半です。

ただし、オイル交換や自損事故などによって故障した場合は保証の対象外となるので気を付けましょう!

新車と言えど初期故障などのリスクもあるので、そこを考えるとユーザー側からすれば新車の保証サービスはとてもありがたい制度となっています。

中古車はどのような保証があるのか

中古車 保証

新車の場合は保証期間があって保護されていますが、中古車の場合でも販売から3年以内であれば新車保証の期間内となりますので、そのまま保証を受けることができます。

但し、保証期間が過ぎた中古車の場合は無保証となり自分で整備業者や中古車販売店に出向いてメンテナンスを依頼する必要があります。

販売店によってはサービスとしてお店独自の保証制度があるケースもあるので、事前に聞いておくと良いでしょう!

もちろん、新車保証ほど手厚い内容ではありませんが、既に走行実績がある中で何が起こるかわからないだけに、どんな保証サービスでもありがたい事には変わりありませんね。

自動車税の価格差について

自動車を保有している場合、税金として自動車税を納付する必要があります。

自動車税は、新車と中古車で比較してもほとんど価格差はありませんが、車種・排気量・重量・経年数に応じて変化します。

特に、経年数は中古車の方が新車より有利に働くことになり、税金としては安くなる可能性を秘めているものです。

簡単に言えば、長く乗っている車ほど自動車税は高くなるという事です。

維持費に税金・保険料不要でマイカーをGET!

カレコ・カーシェアリングクラブ

ガソリン代にタイヤやオイルの交換費用、自動車税に保険料に車検代と車を購入すると乗っていなくても出費がかさんでしまうものです。

そんな出費を一切考えなくても、免許証とスマホがあれば利用料金のみでスポーツカーやセダン、高級輸入車にまで乗れるのが今話題のカーシェアリング!

中でもcareco(カレコ)は国産のラグジュアリーなミニバンやSUV、ジャガーやベンツまでもがシェア出来るので今大人気となっています。

おまけにTポイントや各種クレジットカードのポイントも貯まりますし、アウトレットパークやショッピングモールでの駐車場無料サービスなんかも受けられるのでとってもお得!

カーシェアリングなら色んな車にも乗れますし、自分の車を買う前に一度カレコを試してみるのがおすすめですよ!

ぶっちゃけ新車と中古車ではどっちが得?

新車と中古車

新車と中古車を実際に保有した時、どの程度お得さが異なるのだろうか・・・?

これまでの価格差や車を購入する際の要点を踏まえた上で、新車が良いケースと中古車が良いケースをまとめてみました。

あくまでも参考程度にですが、「自分にはこれが合っているな~」と思う方を選んで検討してみましょう。

免許を取得したばかりの方は「中古車」

初心者は中古車

運転免許証を取得したばかりの初心者の方は、初めて公道で運転する際に間違いなく緊張すると思います。

教習所で経験を積んできているとはいえ、まだまだ経験が浅く事故を起こす可能性が高いのは事実なので、それを加味すると新車を購入するよりは中古車を購入する方がベターと言えます。

中古車の場合は、最初から傷がついているケースも多く気負いなく乗ることができる点が魅力的です。

ただし、新車の場合は安全性能や新機能が充実している場合もあるので、事故を起こしても身を守ることができる可能性も高い点を踏まえて選ぶことも大切ですね。

新車を買う人と中古車を買う人の割合はどれくらい?どっちがお得?
新車と中古車を購入する人の割合調査や実際に車を所有している方のリアルな意見をまとめています。新車と中古車でも違いがあるので、どっちが自分に合うか?どっちが得か?を判断して選ぶことが大切。重要なポイントをまとめてご紹介!

購入時の値引き交渉が成功すれば「新車」

新車は価格次第

新車は標準価格があって基本的にその価格で販売されています。

ただ、他のものと同じように交渉次第では値引きを期待できる可能性があります。

購入者側からしてもテクニックが必要になりますが、ねらい目としては新車が登場したばかりの時期がおすすめです!

また、2~3月が最も値引きが期待できるシーズンとして有名で、

・新生活に向けて車を買い替える
・丁度車検を通すタイミング

など、こういった方達多く商戦となっていることで値引き交渉が期待できる時期と言われています。

単純に価格的にお得になるだけでなく、同じ価格でもオプションを付けてくれるなどの交渉も可能です。

中古車でも値切ることは可能ですが、元値が安いだけにそこまでの値引きは期待できませんので、より値切り効果の高い新車を狙うのも1つの方法です。

【まとめ】新車と中古車の価格差についての見解

カレコ 新バナー

新車と中古車の価格差は、様々な要素によって決定されることを解説しましたが、年々その価格差は縮まっている印象もあります。

新車の場合はなるべく安く、中古車の場合はなるべく安くコンディションの良いものを購入して、長くお得に車を乗りたいものなので一概にはどちらが良いとは言えませんが、単純な価格差を考えるのであれば中古車の方が乗り出し価格はお得だと言えます。

ただ、長期的に乗る事を考えると話は変わってきますので、

・自分がどんな目的で車に乗るのか?
・車に対してどれほどこだわりを持っているのか?

こういった部分をもう一度考え直してから検討してみる事をおすすめします。

免許は持っているものの車体費用や維持費の関係で車を買おうか迷っているなら、カーシェアリングという手はいかがでしょうか?

careco(カレコ)は初期費用0円ですし、ガソリン代も利用料金に含まれるのでレンタカーのようにガソリンを満タンにするのにも費用が掛かると言う事がありません!

自分で購入したいなら新車にしろ中古車にしろ決して安い買い物ではありませんので、細かい部分での価格差などを比較しつつ自分に見合った方法で購入しましょう!

コメントを残す

*