臭い玉とは?原因と取り方を解説!予防策はある?取れない場合は?

男性には3つの玉があります。目玉、金玉、そして臭い玉です。

まるで結婚式のあいさつのような”くだり”ですが、あなたの口が臭い口臭の原因、もしかして臭い玉が原因かもしれません。

今回は臭い玉の取り方や臭い玉ができないようにする予防策、そして臭い玉が取れない場合はどうする?についてまとめました。

自分の口臭に要注意!


ブレスマイル

あなたは自分の口臭に自信はありますか?

ないのであれば、【ブレスマイル】で口臭対策を始めませんか?

歯科医師と共同開発したブレスマイルは、4つの口臭原因に効果的な成分を配合し口臭をブロックします。

チュアブルタイプなので舐めているだけで口臭対策できてとても楽ちんですよ。

少しでも気になったら、まずは公式サイトをチェックしてみて下さいね!

臭い玉って何?

玉

臭い玉(においだま)とは口の中に発生するくさ~い物質で口臭の原因になるものです。

口の奥扁桃腺の両脇にできる少し黄色がかった小さな球状の塊で、咳をした瞬間などに飛び出してくることもある厄介者です。

書き出しでは男性が持っているものと表現しましたが、老若男女問わず臭い玉は作られるものになります。

正式には【膿栓(のうせん)】と呼ばれます。扁桃の両脇にできるので【扁桃栓子】などとも呼ばれます。

 

臭い玉はどんなニオイ?

臭い

ニオイフェチの方であれば好きかもしれないですが、臭い玉と言われるだけあってとてつもなく臭いです。

ドブの臭い

などとよく言われますが兎に角臭いの一言です。さらに”ぷちっ”って潰すと強烈な臭いをさらに放出させることになるので、潰すときは勇気をもって対応しましょう。

臭い玉ができる原因とは?

口

扁桃は口や鼻からの異物や細菌を体内に入れないようにする防御壁の役割があり、白血球という部下を従え体内に侵入しようとする細菌と戦い体の機能を保とうとします。ということは、扁桃の周りには扁桃という屈強な戦士に負けた細菌達の死骸や共に戦った白血球の死骸が溢れているということになります。

その細菌の死骸や食べかす、白血球の死骸などがひとつの塊になることで、亡霊(臭い玉)と化し悪臭を放出してしまうのが臭い玉の原因になります。

臭い玉は周囲の細菌の死骸や食べ物の残骸、白血球の死骸を集めることにより元気玉のように大きくなっていきます。「オラに元気を分けてくれ!」と言わんばかりに大きくなりそして臭いも強く発し、【なんか鼻の奥から悪臭がする】と違和感を感じることもあるのです。

臭い玉が成長しスーパーサイヤ人化すると、柔らかかった臭い玉は石灰化(石灰化した臭い玉は扁桃結石とも呼ばれます)し硬くなるので注意が必要ですよ。

間接的な原因とは?

  • icon-comment口呼吸の人
  • icon-comment鼻づまり
  • icon-commentドライマウス
  • 臭い玉は細菌や白血球の死骸などが塊になったものですが、間接的な原因によって臭い玉ができやすい人もいます。

    例えば口呼吸の人。鼻呼吸の場合は鼻毛や鼻の粘膜などによって細菌がある程度ストップされるのですが、口呼吸の場合は扁桃にまでダイレクトに細菌たちが侵入してしまうので、膿栓(臭い玉)ができやすいと言えるでしょう。

    蓄膿(副鼻腔炎)や風邪など鼻が詰まりやすい人も口呼吸になりやすいので臭い玉が発生しやすくなります。

    また、ドライマウスの人も臭い玉ができやすいです。

    臭い玉は通常、唾液や飲料によって洗い流されるので出来にくい状態になっています。しかし、ドライマウスなど口が乾燥している状態では、胃に飲み込ませるものがないため臭い玉の原因物質が溜まってしまいやすくだんだんと大きく発達してしまいます。

    ブレスマイルで体の中から口臭対策しませんか?


    BRESMILE -ブレスマイル-

    【ブレスマイル】その場しのぎの口臭対策じゃないのが良い所。

    数々の有効成分によって体の内側から臭いを改善してくれるんです!

    一時期余りの人気で生産が追いつかず売り切れとなっていましたが、生産体制を大きく見直し復活を果たしました。

    そろそろブレスマイルで口臭・体臭対策を始めてみませんか?

    臭い玉の取り方とは?

    臭い

    臭い玉ができてしまった!取れないし口臭やばいしどうしよう(° x °||)そんな臭い玉が取れないときの取り方はどうするのでしょうか?

    今回いくつかの取り方を紹介しますが、口の中にある臭い玉を取るという行為になるので、自己責任で行うようにしてくださいね。

    うがいをする

    うがい""

    ガラガラガラガラ~ペッ!ってうがいをすることでポロッと臭い玉が取れることがあります。このうがいをする方法は臭い玉の取り方としてはビギナー向けの方法なので頑固な臭い玉の場合は取れないこともあります。

    エキスパート向けのうがいは鼻うがいになります。市販の鼻うがいアイテムを使用すれば楽に鼻うがいをしやすいでしょう。また、鼻うがいをすることで鼻づまりなども抑えることができるので今後臭い玉ができやすい環境を改善し予防策としても活躍してくれることでしょう。

    綿棒で直接取る

    綿棒

    うがいじゃ取れない!直接取ってやる!って思う方もいるでしょう。ピンセットや箸では口の中を傷つけてしまうかもしれないし、指では届かない。そんなときは先端が柔らかい綿棒なら少しは安全に取ることができるかもしれません。

    お金がかかることもないし、家で鏡を見ながらすることもできる。ただ、喉奥に綿棒が触れてしまうと”オエ~”(;´Д`)ゲロゲロってなることもあるので注意しましょうね。強くやり過ぎると扁桃が炎症を起こすことも考えられます。

    水圧で取る

    水圧

    直接取るには口の中が傷つくのが恐い。そんなときは水圧で直接臭い玉に攻撃してみてはどうでしょうか?

    シャワーの水圧を利用することで水圧のあるうがいをすることができ、うがいパワーを上げることができるので普通のうがいでは取れない臭い玉も取れるかもしれません。

    また、口腔内を洗浄する専用の注射器などが通販でも販売されており、その注射器を使用し臭い玉へ直接放水するのも取り方としてはアリだと思います。

    ただ、どちらにもいえるのが、誤って水を飲みこんでしまい、”ごぶふぁ”ってならないようにしましょうね。

    やっぱりプロに任せる

    歯医者

    自分での取り方ではちょっと取れない。そんなときは耳鼻咽喉科に行ってプロに取ってもらいましょう。

    ただ、耳鼻咽喉科に行ったからといって必ず取ってもらえるとは限りません。

    「ふぁっ!お金払っても取ってもらえないの?臭いから?」って思うかもしれませんが、臭い玉自体誰でもできるものであり取ったからといってまた出来てしまうため、あまり意味がないでしょ?ってことで重要視されず取ってもらえないことがあります。

    何件か回れば取ってもらえるプロもいるかもしれないので臭い玉が気になる方は近所の耳鼻咽喉科を巡ってみましょう。

    臭い玉の予防策とは?

    マスク

    臭い玉ができるだけできないようにする予防策はないのか?まずはできにくくすることが一番ですからね。

    上に挙げたように、鼻づまりやドライマウス、口呼吸の方は臭い玉ができやすい状態であるといえるので、予防策としては口呼吸をできるだけ止めることや蓄膿やドライマウスを治すことが先決になると思います。

    マスクなどして口の乾燥を防ぐのも効果的ですよ。

    また、うがいをする習慣をつけることも臭い玉の予防策になるでしょう。

    水でうがいするだけでなく、イソジンなどのうがい薬を使ったりお茶でうがいするなど抗菌作用があるものを使用するとより高い予防策となるでしょう。

    扁桃を手術で取り除く

    扁桃に臭い玉ができるので、扁桃自体を手術で取り除くことも臭い玉ができない予防策になります。扁桃摘出術や扁桃凝固術などあり、扁桃摘出術は名前の通り扁桃を取りのぞくことになるのですが、入院が必要で術後のケアが結構大変です。

    扁桃凝固術の場合はレーザーで臭い玉ができやすい扁桃の穴を焼いて埋めてしまうという方法です。入院がいらないの手軽な手術ですが、何日か痛みを伴うこともあります。

    ただ、手術を行ったから必ず臭い玉ができないとは限らないので扁桃手術も予防策と考えておきましょう。

    臭い玉の原因まとめ!


    BRESMILE -ブレスマイル-

    今回は口臭の原因のひとつ臭い玉について、できる原因と予防策、臭い玉が取り方や取れない場合などをまとめました。

    臭い玉は誰しもができるものですが、口呼吸などは臭い玉ができやすいので予防策を行うことで対処しましょう。

    うがいや歯を磨くなど口腔内を綺麗に保つことが予防策であり、できた臭い玉をの取り方の基本となりますが、それでも取れない場合は直接綿棒などで取り覗くこともできますが、できればプロにお願いすることが一番の予防策といえるでしょう。

    とはいえ、目で見えるものだけが臭い玉ではなく、扁桃を押すことで見えない臭い玉が発生したりするので意外にあなたも臭い玉に取りつかれているかもしれませんよ。