マウススプレーのおすすめの使い方と効果とは?実は危険って本当?

美味しかった昼ご飯、満腹になったお腹をさすりつつ、出先であることから歯ブラシは持ってない。

そんな時でも安心、とばかりに取り出したマウススプレー!

シュッと一吹きこれで口臭大丈夫!と思ったら、部下の女性に「お昼カレーでした?」と当てられた!

マウススプレーの効果はいかほど?おすすめの使い方は?何か危険とかあるの?

マウススプレーのおすすめの使い方と効果についてまとめてみました!

マウススプレーの効果は

スプレー

シュシュっと一発マウススプレー!まるでミニ四駆のように、軽快に吹き出す口臭対策のそれはいかほど効果があるのでしょうか。

勿論、何も効果が無いものを軒先に並べてはおかないでしょう。しかしそれは消費者を満足させるだけのものなのか?

消臭効果が怪しいマウススプレーなんて壁走りが出来ないトライダ〇ーみたいなもんです。

それではマウススプレーの効果について見ていきましょう。

コンビニなどで売っている市販のマウススプレー

スプレー

市販のマウススプレーの効果は、はっきり言ってしまうと弱いです。

勿論種類自体は豊富であり、値段も簡単に変えるぐらいのものでお求めやすい仕様になっております。

ただ消臭効果に関しては、口臭の治療という点で使用するなら完全に赤点です。

マグナムトル〇ードでも追いつけないぐらい離されています。

しかし口臭への対策ではなく、食後のリフレッシュ感覚なら市販のものでも十分効果を発揮します。

ファッション的に使うのならば、正直おすすめポイントは高いです。

口臭対策がきちんとしてあるマウススプレー

口臭対策

口臭対策としてマウススプレーを使うなら、香水ぐらいの使い方しかないようなマウススプレーではなく、口臭対策用のマウススプレーでないとおすすめ出来ません。

どうせマグナ〇を使うなら、マグナムトルネー〇が出来ないと悲しいですよね?それと同じです。

ちょっと変化球気味ですが、オーガニックのマウススプレーというのもおすすめです。

除菌などの口臭対策などは弱めですが、安全ですし口内のリフレッシュにはうってつけです。

コースによってミニ四駆のセッティングを変えるように、体調に合わせてマウススプレーも変えていきたいですね。

マウススプレーの効果が出やすい使い方は?

口臭対策

モーター、ギア、ウイング、ローラー。

ミニ四駆にはいろんなパーツがあり、コースに合わせて使い方を考えなければ、その能力を発揮できないものもたくさんありました。

コーナーの貴公子がレブチューンモーターを使うことはなかったでしょう。

マウススプレーも同じ事。彼らの効果を引き出すおすすめの使い方を見ていきましょう。

効果的な使い方その1. マウスウオッシュと併用

香り

マウススプレーだけでなくマウスウオッシュも併用しましょう。

歯磨きが出来ないような状況でも、うがいぐらいならどこでもできます。

スプレーを使う前に、マウスウオッシュで口をしっかりすすいでみましょう。

これで口臭を抑える臭い対策は万全です。

最近のマウスウオッシュは以前のような巨大なボトルタイプばかりではなく、携帯用のものも増えましたので、是非ともそちらをおすすめさせていただきます。

効果的な使い方その2. 舌垢掃除はしっかりと

匂い

マウススプレーの中には、舌磨き用のスプレーが付属している場合があります。

つまりこれは舌磨きをしろという話です。ミニ四駆みたいについてきてもいまいち使いどころがわからないパーツではありません。

タミ〇いい加減にしとけよ!

ただ舌磨き用のブラシにも使い方があります。舌垢磨きは歯を磨くみたいにゴシゴシやってしまってはいけません。

非常に繊細な場所なので、細胞を破壊してしまうと余計口臭が酷くなります。最悪味覚障害になる恐れもあるのです。

なので専用ブラシを使ってゆっくり、優しくギアにグリスを付けるように舌垢を取ってあげましょう。

マウススプレーの危険

良い香り

マウススプレーも一部のオーガニックを除けばそれは化合物で出来ています。

そして医薬品ではありません。市販のものまで含めれば、手軽に気軽に手に入るが故に、見逃しているものはありませんか?

ミニ四駆が明らかに凶器の域にたどり着いていた某アニメのように、知らない間に何かしら危険を抱え込んでいるのかもしれません。

ここでは、マウススプレーの危険性について見ていきたいと思います。

危険その1. 発がん性物質

危険

マウススプレーの成分を見ていきましょう。その中にはメインになるI-メントールなどいろいろ書いてあると思いますが、今回注目すべきは「その他」です。

実はこのその他の部分に発がん性の恐れのあるサッカリンNaが含まれているのです。

これは過去に何度も実験や議論が行われたのですが、はっきり発がん性がないともあるとも確定はしていないグレーな化学物質です。

ただ、実験結果でがんが発現したパターンは確かにあるのです。

使用される際は、その危険について少し一考してみてはいかがでしょうか?

危険その2. 殺菌しすぎ

殺菌

基本的にマウススプレーで口臭対策は、口内にいる臭いのもととなる菌を殺すことで得るものです。

しかしそんな都合よく口内の臭い菌だけ殺すことができるのでしょうか?

人間の口内には、人間にとってプラスになる仕事をしている菌がいます。

それらだけ生き残るなんて、そんなご都合主義はマグナ〇がレイスティン〇ーに破壊された時並みにありえません。

壊れる時は何だって壊れるのです。

その結果、人の免疫力の低下など体に悪影響を及ぼすのではないかと言われています。

勿論危険を承知でどうされるかは、皆さんのご判断にお任せします。

おすすめのマウススプレー~オーガニック~

オーガニック

上記の危険はいずれも、化学物質が起因することで発生している危険になります。

なら化学物質の要素が少ないマウススプレーを使えばいいんです。

それが筆者のおすすめオーガニックのマウススプレー

勿論、化学薬品のものと違ってデメリットもあります。消臭効果自体は弱くなります。

ただし、使用後の爽快感などは他の追随を許しません。

コーナーに入ったスピンコ〇ラのようなものです。

危険が気になる人におすすめなのが、このオーガニックのマウススプレーになります。

マウススプレーのおすすめの使い方と効果、その危険性のまとめ

マウススプレーのおすすめの使い方と効果、その危険性のまとめをここまで読んでいただいてありがとうございました。

化学は私達に多くの恩恵をもたらしましたが、危険なことが全くないわけではないのですね。

将来広島や長崎がこうなることを知っていたなら、私はこの研究を発表することはなかった。

かのアインシュタインでさえこう述べているのです。

マウススプレーに限らず、私達は化学の使い方に対し、もっと真剣に向き合わないといけないかもしれませんね。

ご精読いただきありがとうございました。