タトゥー除去のピコレーザーに痛みはある?切除費用は安い?

今、タトゥー除去を考えている人の間で話題のピコレーザーは、従来のレーザーより肌に優しく、多色のタトゥーでも施術が可能という特徴があります。

今までのレーザータトゥー除去の悩みを全て覆す程の威力を持ったピコレーザーは切除手術のように肌に傷が残らず、痛みも少ないので術後の経過も良く、短期間で次回照射を行えるので完全除去までの時間が短く済むんです。

そんなピコレーザーの特徴や口コミなどをまとめてみました!

※今確認しないと絶対に損※

いまさら人に聞けない最強タバコ「ドクタースティック」をまだ知らない方へ
※上記リンクから今だけ破格の8,000円引き(+全額返金保証付き)お急ぎ下さい!!

ピコレーザーとは

ピコレーザー

今までのタトゥー除去で使用されていたレーザーは通称ナノレーザーとも呼ばれており、ナノとは1秒の10億分の1という時間の長さでレーザーを照射することができましたが、ピコレーザーはその1000分の1の1兆分の1という時間の長さでレーザーを照射することが出来るのです。

ピコレーザーは新しいレーザーと言われていますが、実はナノレーザーもピコレーザーも同じYAGレーザーと呼ばれるレーザーなので新しいレーザーの種類や機種というわけではありません。

しかしながら、このピコレーザーはかなり画期的であり施術時間が短縮されタトゥー除去にかかる痛みや負担が減らされた新時代のタトゥーレーザー除去方法として注目を浴びています。

ピコレーザーの特徴

ピコレーザーが評判高い特徴はなんといってもどの色のタトゥー除去も可能という点です。

また、従来のレーザーよりも短い時間で強い照射を可能にしたピコレーザーは、今までのレーザーのおよそ半分ほどの回数でタトゥー除去が完了すると言われています。

タトゥー除去のほかに色素沈着(シミやホクロ)を排除するのにも活躍しているピコレーザーは、小さな目標物にも的確にレーザーを当てることができピコ(1兆分の1)秒に1回照射することができるため、他の健康的な肌を痛めにくく、従来のレーザーよりは痛みも軽減されているそうです。

実際のピコレーザーによる施術の様子

ピコレーザーの施術費用はどのくらい?

タトゥー除去は入れるときよりも時間も費用もかかるものです。

実際にタトゥー除去にはどのくらいの費用が掛かるのか口コミでもよく出ていた2つのクリニックの費用をご紹介します。

湘南美容クリニック ルーチェ東京美容クリニック
従来のレーザー除去費用 ピコレーザータトゥー除去費用 タトゥー除去費用 ピコレーザータトゥー除去費用
6~10㎠:26,400円 6~10㎠:32,900円 切除手術:23,000円/幅1㎝

剥削手術はがきサイズ:400,000円
6~10㎠:41,250円(1回)
11~30㎠:33,600円 11~30㎠:41,500円 11~25㎠:52,500円(1回)
31~50㎠:39,360円 31~50㎠:49,100円 26~50㎠:61,500円(1回)

湘南美容クリニックは従来のレーザー治療もありますが、ルーチェ東京美容クリニックは現在ピコレーザーか外科手術での除去のみとなっています。

金額を比較すると、やはり低価格で高品質が売りの湘南美容クリニックの方が安く、同じくらいの回数照射するとなれば断然安く済むことが分かるので、タトゥー除去を考えている方は実際に料金比較をした方が良いと言う事が分かったんじゃないでしょうか?

低価格でタトゥーを綺麗に消せるのは


美容整形

ピコレーザーを使えば、これまで消せなかった色のタトゥーも短期間で消せて、痛みもこれまでのレーザー治療よりも少なく済みます。

全国的にも有名な湘南美容クリニックはかなり安めの費用でピコレーザーによるタトゥー除去を行っていて、実際の治療実績も多く症例実績をHP内で多数掲載しているので安心なんです。

湘南美容クリニックは口コミも多く、病院の様子やピコレーザーを使用したタトゥー除去がどんなものなのかわかりやすくなっています。

高い費用で効果がないなんて残念すぎますから、治療方法や費用の相談を無料カウンセリングでしっかり聞いてから決められる湘南美容クリニックに相談しませんか?

ピコレーザー口コミや評判

黒系や単色のタトゥーは比較的早く除去でき色の入った部分は除去に時間がかかってしまいます。
タトゥー除去が完了すると、ピコレーザーによるタトゥー除去の傷跡もなく綺麗に仕上がるそうです。

実際に、ピコレーザーでのタトゥー除去を行っている方の口コミや評判をまとめてみました。

ピコレーザーの口コミは良い!

口コミ

〇ピコレーザーに惹かれて

前から消そうと思っていたんですが、どうにも恐怖心が勝ってしまい躊躇していました。

ですが、ピコレーザーは痛みも少なく痕も残らないと聞いて除去する事を決意。

症例数が多くて値段も手ごろだったので、湘南美容クリニックさんでお願いしたんですが、チクチクやヒリヒリするような痛みはあっても我慢できないような痛みではなく、時間も15分くらいだったので耐えられました。

まだ2ヵ月ですがかなり薄くなり、効果が実感できたのでまた2回目の照射をお願いしています。

〇カラータトゥーも綺麗に

赤や緑のカラータトゥーも消えるとの事だったのでピコレーザーを選びました。

自宅から近い所がちょうどあったので相談の予約を入れたんですが、不安な事や治療中・治療後の事や費用なども丁寧に教えてくれたので安心して除去に踏み切れました。

他のレーザーは分かりませんが、私は痛みに弱い方なので結構痛いなと思い途中で麻酔をしてもらいましたが、それでもちょっと痛かったです。

今5回目が終わった所なんですが、だいぶ薄くなって綺麗に消えていて後2回くらいで終わりそうなので、費用的にも満足しています。

〇ピコレーザーにして正解!

前にYAGレーザーで腰にあるタトゥーを消そうとしたんですが、ピコレーザーの噂を聞いて変更しました。

他の病院で測ったときよりもサイズが小さくて料金も安くなったし、しっかり測ってもらえたのも良心的で良かったです。

YAGレーザーを他店でしたときめちゃくちゃ痛くて(安くしたくて麻酔無し)腕とか噛んで我慢してたのに、湘南美容クリニックさんは保冷剤でがっつり冷やしてくれたので耐えられました。

施術中も「大丈夫ですか?」と聞いてくれて安心して施術を受けられたし、いくつか病院を回って見積もりをした中で費用も一番安かったのに、一番丁寧に答えてくれた湘南美容クリニックにお願いして良かったです

今施術して2カ月目なんですが、綺麗にかさぶたになっていて、色も少し薄くなっているのでまだ綺麗になるか分かりませんが

口コミを見る限り、ピコレーザーが痛くない。というのは、従来のレーザーと比べたらという事であり、痛いことには変わりないようです。

しかし、次第に色が薄くなっていくのが実感できるのは痛みに耐えて頑張ろう!と思える要因の一つですよね。

施術の回数を重ねるごとに確実に色落ちしているとの口コミもありましたので、基本的に1回で消えるものではなくじっくり徐々に消していくものだということですね。

ピコレーザーの悪い口コミも?

×めっちゃ痛かった

痛みが少ないって聞いてたんですが、めちゃくちゃ痛かったです。タトゥー入れる時の何十倍も痛かった。

麻酔もしてもらいましたが、それでも痛かったので追加してもらって料金も上がったし、確かに薄くはなったけど次の施術するか悩んでます。

×レーザーも麻酔も痛い

レーザーの痛みに耐えられるか分からなかったので麻酔してもらったら、麻酔の注射も痛かった!

早く消せるって聞いたのでレーザーにしたのに、まだ通わなくちゃいけないし、もう2回も行ったのに。

手のひら位の大きさだし、色も濃いから無理だって言われたから消すの諦めようかな。

タトゥー除去には痛みが伴います。仕方ないとはいえかなりの痛みなので、耐えて何度も行かないといけないのは気が遠くなってしまいますね…。

施術には麻酔を使う方法もあるので、あまりにも耐えられない痛みなら担当医と相談して使用を考えてみるのもいいかもしれません。

ピコレーザーは従来のレーザー治療よりも早くタトゥー除去出来るとはいえ、色や濃さ・大きさなどによって期間が長くかかる場合もありますので、最初にしっかりと病院と相談しておく事が大切です。

レーザー除去を受ける時の選ぶポイントは?


美容整形

タトゥー除去を受ける場合は、ただピコレーザーで除去すればいいってもんじゃないんです!

除去を行う方法は、色や大きさ、肌の状態などから選択する事が大切。

見極めるポイントは、タトゥー除去に特化しているクリニックか、美容整形などを専門にやっているクリニックにお任せするのがオススメです!

湘南美容クリニックでは治療実績も多く、タトゥー除去を得意とする先生が揃っています。

まずは、自分が消したいと思っているタトゥーについて、しっかり治療法や費用について無料カウンセリングしてもらいましょう!

従来のレーザーとピコレーザーの違い

れーざー

照射時間が従来のレーザー治療よりも1000分の1になったことで

・やけどしにくい
・強いレーザー出力が出せる
・出力が強いのでその分効果が高い
・肌に対する負担がかなり軽減された

などなど、様々なメリットが挙げられます。

従来のレーザーとピコレーザーの違いをもっと細かく調べてみましたのでご紹介していきましょう!

消せる色の幅が増えた

色

今までのレーザーは基本的に黒・グレーのタトゥーしか除去出来ず、赤・青・緑のタトゥーは除去できたとしても残ってしまうものでした。

しかし、ピコレーザーは黄色やオレンジと言ったカラフルな色も除去することができ、今まで消せなかったタトゥーも消せるようになりました。

とはいえ、完璧にどんな色でも除去できるというわけではなく、水色や薄い黄色、白と言ったタトゥーに対しては綺麗に消すことができないこともあるそうなので、カウンセリングの段階で一度担当医に聞いてみましょう。

ダウンタイムが減った

時間

ダウンタイムとは、レーザー治療後の痛みや出血が起こる期間の事を指します。

従来のナノレーザーはこのダウンタイムの時間が長く、次にレーザーを照射できるまでに数週間~数か月の期間が必要でした。

そのため、通院が面倒になってしまったりなかなか効果を得ることができず途中で治療を諦めてしまう人がほとんどでした。

しかし、ピコレーザーはそのダウンタイムが短くなり照射までの期間の短縮とともに、効果をより感じやすくなり、肉体的にも精神的にもストレスが軽減されるようになりました。

消えるまでの回数が減らされた

回数喜ぶ

ピコレーザーは、従来のナノレーザーに比べて強い出力で照射できるという利点があります。

そのため、何度も繰り返し照射する必要がなくなります。

それだけでなく、ピコレーザーは色素をより細かく砕き分解することができるので、消えるまでの期間が非常に短くなったと言われています。

通常10回~15回受けるはずのタトゥーも5回程度の照射で大半を除去できるようになりましたし、傷跡としても残りにくくなりました。

治療費用が高くなった

値段

ピコレーザーを照射できる機器は、従来のレーザー機器に比べて4倍~5倍とかなり高額です。

その為ピコレーザーを使っての治療費は比例して高額になってしまう傾向にあります。

しかし、この高額というのは、1回ずつの治療費が高くなるというだけであり、施術回数が少なく済むので全体を通しては従来のレーザーでの治療よりも安く済むという話もあります。

クリニックのカウンセリング時に、ピコレーザーと従来のレーザーの違いをしっかりと吟味し、どちらの方が自身にあっているか見極めることが重要になってきます。

タトゥー除去の経過

タトゥー除去症例
出典:湘南美容クリニック 公式

こちらはピコレーザーを使用したタトゥー除去の照射前と、3回目.5回目の照射後を比べた写真です。

徐々に薄くなっていっているのが良く分かりますよね?

こうやって綺麗になる為のレーザー照射後の経過をご紹介していくのでご覧ください。

ピコレーザー照射当日

ガーゼで保護

照射当日は赤く腫れあがり、人によっては水膨れになったり血がにじむこともあります

従来のものよりマシだとは言え、火傷させている状態なのでしっかりと患部に処方された薬を塗り、ガーゼで保護しましょう。

まだ痛みも残っているのでぶつけたりしないように気を付ける事も大切です。

ピコレーザー照射から数日経過後

塗り薬

数日経過すれば赤みは引いてきますが、2~3日後に水膨れが出来る方が多いようです。湿潤液が出てくるのもこの頃なので、患部に雑菌が繁殖しないように保護しましょう。

乾燥させるのもいけないので処方された薬を塗った上から防水テープを貼ったりすることもおすすめです。

担当医に確認の上でならシャワーは浴びられますが、患部をこすらないように気を付けてくださいね。

ピコレーザー照射から1~2週間経過後

保冷剤

1~2週間経過すると水膨れも治まり、かさぶたになって来るので痒みが出てくる頃です。内出血を起こして赤くなったりする事もありますが、1ヵ月以内に消えていくので安心してください。

痒いからと言って掻いてしまうと跡残りの原因になるので、冷やしたり叩いたりして我慢する必要があります。

この頃になればお風呂やボディソープの使用も可能になり、塗り薬から保湿の為のワセリン等に変わってくるのですが、ずっと肌を保護しているのでテープかぶれを起こすこともあるので注意してください。

ピコレーザー照射から1ヵ月経過後

1ヵ月経過

1ヵ月経過すれば患部もかなり落ち着いてきて、かさぶたの入れ替わりも終わった頃でしょうか。

入っていたタトゥーの輪郭が薄くなったり、ぼやっとなっていたりと、それぞれに違いはありますが消えていることを実感できているはずです。

患部や周囲の肌の状態が良ければ次の照射が出来る頃ですが、まだ状態が良くない時は再度1ヵ月様子を見てからの照射になり、また照射直後からの経過を辿ることになります。

ピコレーザーにも注意点はある

ご注意ください

一部の機関では、ピコ秒になったことでタトゥーの除去が悪くなったというデータもあります。
というのも、ピコレーザーは導入されたばかりのレーザーでピコレーザーの扱いがうまい医師が少ないことが原因に挙げられます。

適切でない照射方法を行うとナノレーザーよりも効果が劣ってしまうので、信頼できる医療機関を選びピコレーザーの施術を受けることが重要になります。

その他ピコレーザーでタトゥー除去を行う際の注意点をご紹介しましょう。

ピコレーザー治療の注意点①日焼けをしない

日焼け止め

治療後はもちろんですが、治療前にも日焼けはご法度です。

日焼けをすることでレーザーの効果が弱まってしまい、治療後には合併症のリスクが高まることもあるので絶対に日焼けをしないよう、日焼け止め(SPF30以上)や日傘の使用、外出を控えるなどの対策をしましょう。

他にもシミや色素沈着の原因になるので、紫外線対策はタトゥー除去には必須なのです。

ピコレーザー治療の注意点②施術できない人もいる

妊婦

ピコレーザー等の施術は誰でも受けられるという事はありません

妊娠中や可能性のある方、光アレルギーや光を浴びられない薬を服用している方、重度の皮膚疾患・ケロイドになりやすい・アトピー体質の方や単純ヘルペスに感染したことがある方は治療をお断りする事があるんです。

健康を害する事が無いよう、安全に施術をする為ですので上記の理由でお断りされた場合は、患者を大切にしてくれているのだと思って怒らないようにしましょう!

ピコレーザー治療の注意点③時間がかかる

時間

レーザー治療全般に言える事でもありますが、痛みや負担を減らしている事で時間がかかることもあります。

ピコレーザーはダウンタイムが短く、早ければ1ヵ月~2ヵ月ごとに施術できますが、もし2ヵ月に1度の施術だとすれば年間6回しか受けられませんよね?

薄く小さいタトゥーなら少ない回数で消せますが、大きさや色の濃さによっては2~3年の期間が必要になることもあるので、早期に消したい方は別の治療法との組み合わせを提案してもらうこともおすすめです。

ピコレーザー治療の注意点④タトゥーによっては他の治療法も

選択肢

クリニックでの治療の場合、必ず最初にカウンセリングがあるのでその際に医師から説明されるとは思いますが、黒1色で薄い色なら、ピコレーザーよりも従来のレーザー治療の方が効果がある場合もあり、価格も抑えられています。

何が何でもピコレーザーじゃないといけないという事は無いので、しっかりとカウンセリング時に医師と相談しましょう。

大きさや色、期間の希望によってはレーザー治療と切除法を組み合わせるという方法もあるので、費用や除去期間の希望、施術後の不安などをきちんと医師に伝えて解決し、納得してから施術に踏み切ることが大切です。

ピコレーザーでタトゥー除去のまとめ


美容整形

ピコレーザーについて、従来のレーザー治療と何が違うのかを詳しくまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

タトゥー除去に最適なピコレーザーでも消えなかったタトゥーは、小さな切除手術で完全に消し去ることができますし、以前のように明らかにタトゥー除去痕が残ることもなく日常に戻ることができるようになります。

しっかりと将来のことを考えている方は、治療実績も多く最新治療を低価格で受けられる湘南美容クリニックで相談してみませんか?

ピコレーザーをいち早く導入し、タトゥー除去の症例写真も多いので治療の進め方も良く分かり安心できます。

費用や治療期間など聞きたい事は、何でも答えてくれる湘南美容クリニックの無料カウンセリングで不安を取り除いてもらいましょう!