筋トレに適した時間帯はいつがベスト?重要なのは時間帯と頻度?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは朝や夕方や夜の中でどの時間帯に筋トレをしていますか?

最近24時間営業のジムが増えてきている中、お仕事をしている方などは筋トレなどのトレーニングをする時間を作るのは難しいと思います。

では、筋トレに適した時間帯は朝や夕方、夜どの時間帯なのでしょうか?

この記事では筋トレに適した時間帯や筋トレをする頻度、最も適した時間帯に筋トレをするとどんな効果があるのかについてご紹介します。

筋トレに適している時間帯は朝?それとも夜?

1日の中で自由に使える時間が多い方は少ないと思います。

自由に使える時間が少ないと筋トレをする時間も限られてきませんか?

筋トレをする時間が限られている中、筋トレに適した時間帯があるのであれば時間をかけずに筋トレする事ができますよね?

筋トレに適した時間帯やその逆の筋トレを避けるべきタイミングについてもまとめました。

筋トレに適した時間とは?

結論からいうと今のところ確実な筋トレに適した時間帯はありません。

人によって生活サイクルは違いますし、朝から筋トレをする人もいれば夕方や夜に筋トレをする人もいるので筋トレに最適な時間帯は出せないのです。

しかし、筋トレをするエネルギーがきちんとある事や筋トレをした後に筋肉を十分に休息させる時間がある事などが筋トレに最適な時間帯なのではないでしょうか?

また、筋トレをしてはいけないタイミングがあるのはご存じですか?

筋トレに適した時間帯があるという事はその逆の筋トレを避けるべきタイミングもあるので、次は筋トレを避けるタイミングをご紹介します。

筋トレを避けるタイミングとは?

筋トレに適した時間帯についてお話しましたが、その逆の筋トレを避けるタイミングとはいつなのでしょうか?

筋トレを避けるタイミングは「食事をした後」「お腹がすいている時」「寝る前」です。

食事の後は体がせっせと消化する時間なので、無理に筋トレをしてしまうと体に負荷がかかり筋肉に悪影響を与えてしまいます。

また、お腹がすいている時は体のエネルギーが不十分なので筋トレをするには適していません。

寝る前に筋トレをしてはいけない理由は単純で、筋トレをすると代謝が上がり体が活発になってしまい眠れなくなってしまうからです。

なので、筋トレをする時は「食事をした後」と「お腹がすいている時」と「寝る前」は避け自分の生活サイクルに合った時間に筋トレを行うようにしましょう。

また、筋トレを朝にするか夕方、夜するかによってそれぞれメリット・デメリットがあるので、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

パーソナルジムの効果はいつから実感できる?通うべき頻度と期間は?
今回紹介するのはパーソナルジムで効果がいつから出始めるのかという期間や通うべき頻度。ジムに通っている方というと、とても頻繁にトレーニングに出向いているようなイメージもありますが、果たしてどれほどのペースで通うのが良いのでしょうか?
【筋トレ初心者向け】腕立て伏せのおすすめのやり方やコツまとめ
初心者でも簡単にできる筋トレ、腕立て伏せ。やり方を間違えずコツさえつかめば、大きな効果を得ることができます。初心者でも挑戦しやすいおすすめのやり方や、コツをご紹介します。これを実践して、正しい筋トレできちんと筋肉をつけましょう。

朝の筋トレのメリット・デメリットとは?

筋トレに適した時間帯と筋トレを避けるべきタイミングにていてご紹介しましたが、筋トレは行う時間帯によってそれぞれメリット・デメリットがあります。

つまり、どの時間帯に筋トレをしても筋トレに適した時間帯という事になります。

人によって筋トレをに使える時間や筋トレを行う時間帯は違うと思いますが、自分が筋トレを行っている時間はどんなメリット・デメリットがあるのか気になりませんか?

まずは、朝に筋トレを行うメリット・デメリットからご紹介します。

朝の筋トレのメリットとは?

朝に筋トレをすると日中基礎代謝を上げたまま過ごす事ができるという効果があります。

この基礎代謝が上げたまま過ごすという効果は、筋トレをダイエットとして取り入れている方にはかなり効果的で、今までと変わらない生活をしていても、いつもよりカロリーを消費しているのでだんだん痩せてくるでしょう。

また、朝は体や頭をしっかり休めた状態ですので筋肉を意識して負荷をかけやすくなります。

朝の筋トレのデメリットとは?

朝起きてすぐ筋トレをするのは危険ですので、しっかり頭や体が起きた状態で筋トレをするには筋トレの2時間くらい前には起きるべきです。

ですが、毎日早く起きなければいけないようになると継続する事が難しくなってくる方もいるのではないでしょうか?

また、朝は血液の流れが悪くなってなっているのですが血液の流れが悪くなってしまっている状態で筋トレをすると血圧が上がってしまう事から脳出血や脳梗塞などになってしまう可能性があるので、朝起きてすぐは筋トレに適した時間帯とは言えません。

夜の筋トレのメリット・デメリットとは?

朝の筋トレのメリット・デメリットについてご紹介しましたが、夕方や夜に行う筋トレにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

夕方や夜に筋トレをする方は、お仕事が終わってから筋トレをする方が多いと思いますので自分の体と相談しながら筋トレを行うようにしてください。

では、夕方や夜に筋トレを行うメリット・デメリットをご紹介します。

夜の筋トレのメリットとは?

夕方、夜は日中にお仕事などで十分に体を動かした後なので、体温が十分に高まっている事いるので体が動きやすくなっています。

また、筋肉を成長させるには成長ホルモンのが欠かせないのですが、夜にトレーニングをする事で成長ホルモンの分泌が多くなるので夕方、夜の筋トレは筋肉を成長させるのに効果的です。

さらには、夕方や夜にトレーニングをする事で質の良い睡眠がとれると言われています。

夜の筋トレのデメリットとは?

夕方や夜は朝と違い体が疲れているので、体が十分に動かせても疲れているとその分ベストな力を出す事ができません。

特に体を動かすお仕事をしている方は体が疲れている状態から筋トレを始めるので場合によっては、次の日に疲れが出てしまう可能性があります。

また、夕方や夜に筋トレをする場合はある程度の時間を空けて筋トレをしないと体に負荷がかかってしまうので時間配分を考えて筋トレをしましょう。

自宅で簡単に出来る筋トレメニューは自重トレーニングがおすすめ?
初心者でも自宅で簡単に行える筋トレメニュー、自重トレーニングについてご紹介していきます。バーベルやダンベルと比べると見劣りしてしまいがちな筋トレメニューですが自宅で直ぐに!簡単に!行えるので筋トレ初心者におススメです。
1週間の筋トレメニューでジムに通わずに自宅で筋力を付ける方法
「ジムに通いたいけどお金がかかるし自宅で筋トレしたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は意外な方法で筋力アップできちゃうんです。今回は1週間の筋トレメニューで筋力をアップする方法をまとめました。

正しい頻度で筋トレをするとどんな効果があるの?

筋トレをしても筋トレの効果がなかなか効果が実感できない原因は実は!筋トレを行う頻度にあるのです。

筋肉には休ませる時間が必要なため、筋トレは毎日しても意味がなく逆に体にも筋肉にも悪影響になってしまう可能性があります。

では、正しい筋トレの頻度とはどれくらいなのでしょうか?

また、正しい頻度で筋トレをするとどんな効果があるのかについても正しい筋トレの頻度と一緒にご紹介します。

今回は正しい筋トレの頻度をタイプ別に分けてご紹介します。

「筋トレ初心者」の筋トレ頻度

初めて筋トレをする初心者の方は、1週間に2回~3回の頻度で筋トレする事をおすすめします。

この時に筋トレを行った次の日は筋肉を休めてあげるために1日空けて筋トレを行うようにしましょう。

ご紹介した通り筋肉には休息が必要ですので、しっかりと筋肉を休ませてあげる事でより筋肉に効果的でさらに、全回復するまでに2~3日は必要と言われているので曜日によって筋トレする場所を変えるとより効果が出ます。

「あまり運動しない方」の筋トレ頻度

あまり運動をしないけど筋トレを始めてみたい!という方は、筋トレを1週間に1回の頻度で筋トレを始めてみましょう

普段から運動をしない方は筋肉痛になりやすく、続ける事が大切な筋トレなのにいきなり本格的に筋トレを始めても疲れきってしまい長続きしません。

ですので、あまり運動をしない方は軽い筋トレから始めて慣れてきたらだんだんハードな筋トレに変える事をおすすめします

また、筋トレの回数なども無理をせず自分のできる範囲で行ってください。

「筋肉を大きくしたい方」の筋トレ頻度

体重を増やす事が目的ではなく筋肉を自体を大きくしたい方は、1週間に3~4回の頻度で筋トレを行いましょう。

筋トレは毎日するのは筋肉にとって逆効果で、体に疲れがに残ったまま筋トレをしてしまうと逆に筋肉の生成の邪魔してしまうのです。

なので、筋肉を休ませる時間をしっかりと取り、いろんな場所を鍛えていき慣れてきてからハードな筋トレに挑戦していく事をおすすめします。

負荷を高めていく事でより効率良く筋トレで筋肉を大きくできますよ!

腹筋の正しいやり方で効果的にダイエット!おすすめの筋トレメニュー
腹筋を正しいやり方で行えている方は想像以上に少ないです。正しいやり方で行うことは、ダイエットの効果を高め美しい体を作ります。腹筋の正しいやり方や効果、さらにトレーニングのメニュー内容までご紹介します。
ダンベルだけの筋トレメニューで1週間集中トレーニング法
理想の筋肉をつけるのに効果的で初心者でも始めやすいのが、「ダンベル」を使ったトレーニング。胸筋、背筋、肩など部分的に鍛えたい!という方や、全体の筋肉を鍛えたい方のためにダンベルだけを使った1週間の効果的な筋トレメニューがあります。

重要なのは時間帯と頻度?筋トレに適した時間帯まとめ

筋トレに適した時間帯や筋トレを行う時間のメリット・デメリット、正しい頻度で筋トレをするとどのような効果があるのか?についてご紹介しましたがいかがでしたか?

筋トレに適した時間帯はなく筋トレを朝や夕方、夜に行うメリット・デメリットはそれぞれありますが、筋肉には休息が必要なため筋トレを行う頻度が重要になってきます。

筋肉を休ませる事で筋肉は修復されより筋肉が大きくなって修復されるので、間隔を空けて筋トレをしたり鍛える場所を変える事でより効果が出ます。

正しい頻度で筋トレを行い、より効果的に筋肉を鍛えましょう!

コメントを残す

*