プッシュアップバーで腹筋を効果的に鍛えるおすすめの使い方

筋肉男子の皆さん、自宅で筋トレをするときはどんな事を実施していますか?

最近は男性も積極的に筋トレを実施して、マッチョな身体を手に入れようと頑張っているように感じます。

しかし、そんな中でも「なかなか効果がでない」と悩んでいる男性も多いのではないでしょうか?

ここでは、自宅で効率的に筋トレを実施するためには欠かせないアイテム「プッシュアップバー」に関する情報を紹介したいと思います。

プッシュアップバーについて

プッシュアップバー

という事で、さっそくプッシュアップバーについてですが、プッシュアップバーは、主に大胸筋や腹筋を鍛えるために効果的な筋トレグッズの1つとして知られています。

大胸筋に関しては、腕立てや懸垂などを継続的に行っていれば、意外と筋肉がついてくるのですが、腹筋はそうでもありません。

腹筋を鍛えたことがある方ならわかると思いますが、ある程度のポッチャリ体質、メタボ体質になってしまうとそう簡単に腹筋を割ることができなくなってきます。

ですが、絶対に腹筋が割れないのか?というとそうでもありません!正しく効果的な筋トレ方法を実践すれば、きっと腹筋を割る事だって夢ではありません。

少し話が逸れてしまいましたが、プッシュアップバーは腹筋を鍛えるのにも効果的な筋トレグッズです。

スペースもとらず、自宅でも簡単にプッシュアップバーを使用して腹筋を鍛える事ができる人気のアイテムです。

プッシュアップバーで腹筋を鍛える

腹筋

プッシュアップバーが筋トレに使用するアイテムだという事はご理解いただけたかと思います。

では、これを使用してどのように腹筋を鍛える事ができるのか?

プッシュアップバーは、男性に限らず女性でも使用している筋トレグッズなので、手軽に始められるのが特徴です。

主に腕立て伏せのサポートとして使用する方が多いですが、腕立て伏せだけで腹筋が鍛えられるかと言うとそうでもありません。

逆に腹筋が全く鍛えられないという事でもありませんが、効率よく効果的に腹筋を鍛えるにはそれなりにやり方というものがあります!

現時点でプッシュアップバーを使用して腹筋を鍛えている方は、改めて確認するために、今からプッシュアップバーを使用して腹筋を鍛えようと思っている方は、どんな風に実践すれば良いのか?をまとめていきますので、ぜひご参照ください。

腹筋を鍛えるならハンギングツイストが有効

ハンギングツイスト

ご存知の方もいるかもしれませんが、「ハンギングツイスト」は、プッシュアップバーを利用して腹筋を鍛えるのに有効な手段の1つです。

ジムに設置されているトレーニングマシーンなどが家に設置できない方でも効果的に筋肉をつける事が期待できます。

簡単にではありますが、実践するにあたり意識するべきポイントを紹介しておきます。詳しい方法に関しては下記の動画を参考にしてみると良いでしょう。

~ハンギングツイスト:実践~

・足を伸ばした状態で床に座ります。

・プッシュアップバーを手元に置いて、両手で握る。

・足を伸ばしたまま体を浮かせる。

・身体を浮かせた状態をキープする

と簡単に説明するとこんな感じです!

簡単に思えるかもしれませんが、実践してみると意外としんどいので、プッシュアップバーを使用して試してみましょう。

少しずつ慣れてきたら、足をクロスさせて実践したり、足を左右に振ったりして腹筋に負荷を与えていくと良いです。

自宅で腹筋を鍛える方法

自宅で腹筋

自宅で腹筋を鍛える方法として、プッシュアップバーを使用する事をオススメしていますが、もちろん、他にもいろんな方法で腹筋を鍛える事ができます。

プッシュアップバーは自分にはまだ早い、まずはプッシュアップバー無で腹筋を鍛えてみたいという方に実践して欲しい筋トレ方法ですので、筋トレに慣れていない方はこちらも参考にしてみると良いかもしれません。

筋トレに不慣れな方でも気軽に実践できるのでオススメです!

クランチで腹筋強化

まずは、クランチという腹筋の鍛え方です。

「ん?クランチ?」と聞き覚えが無くよくわからない方も多いかもしれませんが、クランチという呼び方を知らないだけで、やり方を見ると意外と知っている方も多いです。

クランチは、仰向けに寝ている状態で、膝を曲げて行う腹筋です。以下にやり方とポイントをまとめています。

・腹筋をやる体制で、膝を曲げて90°の状態をキープする。

・お気軽と気はおへそを見る事を意識する。

・手の位置は耳あたりにおいておく。

・足の角度を意識しつつ身体を前後に動かす。

※慣れるまでは椅子の上に足を乗せるのも良いかもしれません。

ヒップレイズで腹筋強化

ヒップレイズは、小さいころ学校・部活などでやったこがあるかもしれませんが、これも意外と経験している方が多い方法ですので気軽に始められます。

もちろん、プッシュアップバーも使用せず簡単に実践できます。

それでは、さっそく腹筋強化にオススメのヒップレイズを紹介していきましょう。

・仰向け状態で寝っ転がる。

・足を真上にあげる。(膝は曲げない)

・両手は身体の横に置いておく。

・足は伸ばした状態で下に下げていく。

・足が地面につくギリギリのところで上に戻す。

※彼女や奥さん、友人がいる場合には、誰かに足を揺らしてもらうのも効果的です。

プランクで腹筋強化

プランクは少し上級編ですが、しっかりと継続して実践していけばかなり良い感じに腹筋が鍛えられたり、体幹も高まりますのでオススメです!

1回はやったことがあるかもしれませんが、意外とプランクの状態をキープするのが難しく、またかなり地味な方法なのですぐに辞めてしまう方が多いです。

しかし、プランクにもしっかりと意味があり、腹筋を鍛えるには効果的な方法ですので、根気強くチャレンジしていきましょう。

・うつ伏せ状態で、肩の下に肘がくるように肘で上半身を起こす。

・腕立てをする要領で、お尻を浮かしす。

・肘から上とつま先だけで体を支えるようにする。

・体が一直線になるようにイメージして、体制をキープ。

※お尻が落ちないようにする事、頭の位置を動かさない事を意識しておきましょう。

腹筋ローラーで腹筋を鍛えるのもオススメ

腹筋ローラー

さて、プッシュアップバーで腹筋を鍛える方法や、プッシュアップバーを使わないで自宅で簡単に実践できるトレーニング方法を紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?

自宅で継続的に筋トレをするにはやる気が大切です!もし、続かないのであればジムに通ったり、専属のトレーナーさんについてもらうしかありません。

そうなるとそれなりにコストもかかってきますので、まずは自宅で実践できるトレーニングを続けることを意識してみましょう。

また、自宅でできる方法としてプッシュアップバーではなく腹筋ローラーを使用するのもオススメです。腹筋ローラーはご存知の方も多く、意外と「自宅にある」という方もいらっしゃいます。買ったけどやっていないパターンですね。

腹筋ローラーはプッシュアップバーよりもキツめの筋トレですが、やはり腹筋には効果的なので、こちらもぜひお試しください。

プッシュアップバーにはこんな使い方も

プッシュアップバー使い方

最後に、プッシュアップバーにはこんな使い方もあるというのを紹介しておきましょう。

自宅での筋トレにも少しずつ慣れてきて、プッシュアップバーを使用する事もだいぶ慣れた時に、少しランクアップして実践したい筋トレ方法です。以下の動画を参照しましょう!

という事で、ジム通いしなくても自宅でできる筋トレ方法やプッシュアップバーを使用した腹筋の鍛え方を紹介させて頂きました。

筋トレアイテムに頼ってトレーニングをするのもオススメですが、まずは、ご自身の気持ち・やる気が大切です!

どんなに良い器具をもっていても使わなければ意味がありませんし、お金の無駄使いです。わざわざ購入したのであれば、それに見合った筋肉を手に入れられるように頑張りましょう。