腹筋ローラー初体験!立ちコロできるまでの手順をご紹介!

腹筋ローラーを買ってみたけど、イマイチうまく活用できないという方の為に、初心者向けの使い方を紹介していきます。

腹筋ローラーをマスターするには、まずは「立ちコロ」「膝コロ」を出来るようになるのがポイントです。

「立ちコロってなに?」「膝コロってなに?」という方もいるかもしれまんせが、このページを参考にして頂ければ理解できると思いますので、ぜひご参照ください。

併せて腹筋ローラーをする際に必要な栄養素HMBについても取り上げています。

『鍛神』というヤバい奴


鍛神

HMBサプリメントの革命児としてトップに君臨するのが、金子賢全面監修の筋肉サプリメント【鍛神】です。

1日6粒でHMBCaを2,000mg摂取することができ、BCAAやクレアチン、シトルリンなど筋肉をサポートする成分が20種類以上も含まれています。

また、カロリーも低く1粒約1kcalなので食事の邪魔をするものでもありません。

効き目実感率は96%との回答も得ており、ヤバすぎる効き目と話題になっている大人気サプリ。

まずは2週間飲んでみてください。違いをだんだんと感じるはずです!

初回価格は驚きの94%OFFで、500円から始めることができます。今すぐ公式サイトを詳しくチェックしましょう!

腹筋ローラーの使い方やトレーニング方法

トレーニング方法

さっそく腹筋ローラーの使い方・トレーニング方法をまとめていきます。

立ちコロ・膝コロとは、腹筋ローラーの使い方の1つです。要は、トレーニング方法の呼び名ですね。

腹筋ローラーを初めて使うという方は、まずは初心者向けの「膝コロ」と「立ちコロ」が出来るようになりましょう。

膝つき状態から「膝コロ」

膝コロは、膝をついた状態で腹筋ローラーを前にコロコロと転がしていく方法です。

膝コロは一番簡単な使い方でもあり、そこまで難しい使い方ではないので、出来るまでそう時間はかからないと思います。

まずは自分の転がせる限界まで腹筋ローラーを転がしていく事が大切です。初めから無理に全開まで転がす必要はありません。

限界まで転がすだけでも、十分はトレーニングとなりますので、慣れてから少しずつ転がす距離を伸ばしていきましょう。

立った状態から「立ちコロ」

次に立った状態から転がしていく立ちコロです。

立ちコロは初心者では少し難しく感じてしまうかもしれません。立った状態から腹筋ローラーを前に転がしていきます。

毎日少しずつ練習すれば、出来るまでそんなに時間はかからないと思います。

また、立ちコロをやる時のあるあるですが、腹筋が耐えられずにそのまま倒れこんでしまう方も多いです。

初めは、壁のある所を前にして、壁にめがけて転がして壁コロもオススメです。壁がストッパー代わりになりますので、自分のいけそうな距離感で試してみると良いでしょう。

腹筋ローラーのわかりやすい手順動画をご紹介

腹筋ローラー動画

腹筋ローラーを使った膝コロ・立ちコロについて簡単に紹介させて頂きましたが、まだまだ理解出来ていない方もいると思います。

そこで、もう少しわかりやすく実践できるように、参考になりそうな動画をピックアップしてみましたので、それぞれ紹介していきたいと思います。

もう出来る!という方には不要かもしれませんが、腹筋ローラーを間違った状態で使い続けていると腰が痛くなったり、体にダメージが蓄積される事もありますので、その点も改めて注意しながらトレーニングを行うようにしましょう。

膝コロ→立ちコロにする手順

1つ目は、「始めから立ちコロは無理!」という方にオススメの動画です。

立ちコロは、ある程度の慣れと筋力、コツが必要ですが、膝コロは初心者でもほとんどの方ができる方法です。

立ちコロが出来るまでは、膝コロを経由して立ちコロにもっていくのがポイントです。

但し、床の上で膝をつくと膝が痛くなってしまうので、下にマットを敷くか、膝にパットを着けてトレーニングをするのが良いでしょう。

初心者にオススメの立ちコロ練習法

2つ目は、チューブをサポート役として使った方法です。

自分の力だけで転がせるようになるまで時間がかかりそうな人にはオススメの方法です。

立ちコロが出来るまでは、ゴムチューブなどを使って何回も練習してみると良いでしょう。

また、最近は腹筋ローラーの種類も豊富になっていますので、メーカーによってはチューブ付の腹筋ローラーを販売している事もあります。

自分には難しそうと思っている方は、こういったサポート機能が充実した腹筋ローラーを購入すると良いかもしれません。

腹筋ローラーの相棒に『鍛神』で完璧


鍛神

腹筋ローラーは負荷が強いため、短期間で鍛えることができる反面、きちんとしたフォームや自分の腹筋力を理解していないと腰や背中を痛めてしまうこともあります。

そして、負荷が強い分、筋肉の分解も強く、なかなか筋肉痛が治らないなんてことにもなりやすいので、修復を早くするアイテムを常に意識するようにしましょう。

【鍛神】は、筋肉の素早い修復と肥大に必須の栄養素たっぷりの最強筋トレサプリメントで、使用者からの満足度は96%にものぼる話題の商品なんです。

腹筋ローラーで鍛える方の相棒となって筋力アップのサポートをしてくれるでしょう。

あなたの割れた腹筋も鍛神があったからこそだと後々に気付くこと間違いありません。

膝コロ・立ちコロができるまで練習しよう

膝コロ・立ちコロ

という事で、腹筋ローラーの使い方や参考動画はいかがでしたか?

これをしっかり練習していけば、立ちコロが出来るまでそんなに時間もかからないと思います。

後は、できるまでひたすら練習するのみです!

また、トレーニングを実践する上で「どんな人ができないのか?」「正しいフォームはあるのか?」という疑問を抱く方も多いので、これらについても簡単にまとめていきたいと思います。

少しでもコツを知っておきたいという方は、ぜひご覧ください。

立ちコロができない人の特徴

・そもそも体の筋力が無さ過ぎる。

・腹筋ローラーに必要な腹筋や腕・肩の筋肉が弱い。

・腹筋ローラーのコツがイマイチ掴めない。

立ちコロができない

何回やっても立ちコロができないという方も、中にはいると思います。

そんな方は、まずできない理由を考えてみると良いです。

今現在、上記のような原因を抱えている方は、直ぐに腹筋ローラーを使いこなすのが難しいかもしれません。

ただ、これらの原因を1つずつ解決していく事で、自然と腹筋ローラーができるまでの道のりが見えてきます。

体の筋力が無さ過ぎる場合には、以下の動画の方法から始めてみましょう。無理なく腹筋を鍛える事ができ、立ちコロに必要な筋肉も鍛える事ができます。

正しいフォームを覚えよう

・手首を曲げて転がさない。

・転がす時には呼吸を意識して行う。

・腰を反らないように注意する。

・トレーニング時は腹筋を意識する。

腹筋ローラーを使う際には、最低限これらのポイントを意識して実践するようにしましょう。

「病は気から」という事ではありませんが、筋トレも鍛えたい部分を意識するだけで大きく変わってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

腹筋ローラーはコツをつかめば誰でも出来る!

腹筋ローラーのコツ

という事で、腹筋ローラーに関するコツやポイント、使い方などを紹介させて頂きましたが、どうでしたか?

まだ使った事が無い方も、試してみたくなったのではないでしょうか?

自宅でも簡単にできるトレーニングですし、コストもそんなにかからないので、ジム通いなどせずに安く、こうりこうり強く鍛えたいという方にはオススメのトレーニングです。

初めは難しく感じるかもしれませんが、回数をこなすことで体が慣れてきますので、できるまでしっかりと練習していきましょう。

慣れるまでは無理に回数をこなす必要はない!

腹筋ローラー

腹筋ローラーの使い始めは慣れるまでは、無理に何十回とやる必要はありません。

勢いで回数をこなすというよりも、正しいフォーム・姿勢でじっくりトレーニングする方が、ちゃんと筋肉がついてきます。

回数を意識するのも大切ではありますが、変に意識し過ぎずに無理のない回数をこなして、少しずつレベルアップしていきましょう。

また、慣れてきたら立ちコロや膝コロ以外の方法も試してみると良いかもしれません。

腹筋ローラーに関するまとめ


鍛神

以上で腹筋ローラーに関する内容の紹介を終わりとさせて頂きます。

仕事や趣味、プライベートでなかなかジムに通う時間がないという方でも、自宅にいる時の空き時間で腹筋や腕・肩の筋肉を鍛える事が出来るので、腹筋ローラーは忙しい方でも非常に有効活用できます。

腹筋ローラーにもいろんな種類のものがあり、一般的なものだとローラーが1つか2つに対してグリップがついているだけですが、種類によっては足で転がせるようなローラーもありますので、いろいろと調べてみると良いでしょう。

ぜひ、これらの情報を参考にして充実した筋トレライフを送ってみてくださいね。