ユーチューブ漫画動画は儲かる?有名動画チャンネルの収益を調査

しばらく前まで「YouTubeの漫画動画は儲かる!」だのなんだのという主張を繰り返す意識高い系ブログ、あるいはhow toサイトで溢れていました。

しかしその勢いも下火…最近その手の主張をする記事は更新されず、今残っているのも昨年だとか今年の初め頃の少し古い情報だけです。

その理由としては、大まかに漫画動画チャンネルの飽和があるでしょう。

漫画動画チャンネルが儲かるって本当?

漫画動画チャンネルが儲かるのだ、と一度でも目にしたことのない方はいらっしゃらないかと思います。

その手のwebサイトなどを流し見て「おっ、漫画もナレーションも外注でやったら漫画動画チャンネル始めるのは簡単じゃないか?」だとか一瞬でも考えたことはありませんか?

今日のYouTube漫画動画界隈を見て、はっきり言うとその考えは結構無謀に近いです。

もうすでに著名な漫画動画チャンネルは出揃い、もはやチャンネル維持のためのネタの余地さえありません。

そんな中で新規の、それもクォリティーが初心者クラスの漫画動画なんて一体誰が見るというのでしょうか?きっと関連動画にも上がりませんよ。

もし今から漫画動画チャンネルを始めたい、と考えているのであれば、漫画動画の勢いがほんの少し落ち着いてきた今をフル活用することをおすすめします。

「今であることをフル活用」って一体どういうこと?

実は今探してみると、すでにある程度の再生回数を稼ぎ、収益化が叶っている漫画動画チャンネルが「売られている」ことがあります。

ちゃちゃっと検索してみると、収益0円から500万円程度の漫画動画チャンネルが200万円程で販売されていました。

初期投資としては割と高額かもしれませんが、漫画動画チャンネルで一定以上の稼ぎを期待するなら…反則技のように思えてしまうかもしれませんが、一つの手だと言えるでしょうね。

有名チャンネルの利益率は一体どれくらいなの?

よくYouTuberの収益などが1動画当たりの再生回数×広告収入で概算されることがありますが、漫画動画チャンネルなどもそれと同様に計算することが可能です。

とはいってもこの金額はあくまで目安に過ぎず、商品紹介などを行ったりするYouTuberであればその企業からの宣伝(要は公式案件)などをいただくこともできますが、漫画動画に関しては純粋に動画一本とそこに乗せる広告で稼ぐしかありません。

キャラクターが立ち、かつファンを一定数以上獲得している漫画動画チャンネルでは、キャラクターのグッズや動画を書籍にするなどの別口収入も期待できますが、そんなことが可能なチャンネルは一握りに過ぎません。

というかそもそも、そんな大がかりなグッズ展開などを行えるのは大抵どこかしらの事務所などがバックにいる場合です。

例えば「テイコウペンギン」などは「Plott」の手掛けるコンテンツですから、「混血のカレコレ」や「秘密結社ヤルミナティー」などと併せてグッズ化が叶いました。

フェルミ研究所」などは「三姉妹シリーズ」などを書籍化していますが、アレは確実に購入するファンがいるからできること。

単発系動画がほとんどの漫画動画チャンネルで、フェルミ研究所などと同じように書籍化するということは、言い方は悪いですが結構なギャンブルですよね。