漫画動画広告がうざくてエロい?最近漫画広告が増えた理由とは?

これまでなんだか苦手感があって視聴を避けていた漫画動画に、積極的に携わるようになってしばらく経ちました。

世の人があんなに口をそろえて言う「漫画動画系の広告がめちゃくちゃうざい」だとか「エロ系広告が流れてきて不快」だとかそういう言葉、これまではイマイチぴんと来ていませんでしたが、今ではとてもよくわかります。

あれ滅茶苦茶うざいやつですよね。よくわからない怪しいサプリメントだの脱毛クリームだの、マッチングだのetc.etc.…!!

今回はそんな見る人を不快にさせてはばからない、YouTubeの漫画動画系広告について独断と偏見で診断します。

先ずはYouTubeの広告をカテゴライズしてみたい

YouTubeで表示される広告はジャンルが多岐にわたりますが、知名度のある企業系の広告以外にも様々なカテゴリの広告も見ることができますよね。

なんだかよくわからないYouTuberのよくわからない動画だとか、広告が表示されないことやバックグラウンド再生ができるだのを謳うYouTube系広告。

「楽天モバイル」のような著名な企業のCMに始まり、実態のよくわからない聞き覚えもないような企業のサプリメントなどの広告。

漫画アプリや最近いい意味でも悪い意味でも注目される某動画共有アプリの宣伝。

今やカテゴライズすることさえも困難なほどに様々な広告に溢れていますがまあぶっちゃけ「信用できる」広告と「絶対信用できない」広告ではっきり分けられるでしょうね。

漫画系広告が増えた・不快な訳を考察してみると

なぜ増えたのか、などは考察に値しないほど明らかでしょう。単純にこれまで紙媒体やテレビCMといった場で宣伝していたモノがYouTubeという場に上場してきただけです。

とはいっても、それだけではここまで広告動画にヘイトが集まるのは道理ではありませんよね。とはいえいわゆる「うざい広告」がヘイトを集めるのは言ってしまえばもらい事故のような側面があるようにも思えます。

つまりどういうことなのか?

広告について考えてみると、うざいと感じるのはその回数や内容なのではないでしょうか?

よくあるダイエットのサプリメントやらレギンスやら脱毛クリームやらの広告って、極端にネタが被る上に見る回数もなんだか多くありませんか?

どれも主人公がコンプレックスを抱えていて、それを意識させられるような決定的な出来事があって、そこから「シンデレラ」の魔法使い的なポジションの友人などが現れて、見返してやる~が基本的な流れですよね。

(この場合友人などは「貴様絶対その会社から送りこまれた刺客だろ」と言わんばかりに商品の情報をべらべらしゃべりますが、この友人って炎上芸持ちの著名人のTwitterに登場する弁護士くらいのギャグ要素ですよね。)

要するにこれらの話は、「知名度もない」ちょっと怪しい会社の怪しい商品を「実体験ありけり」風に宣伝するための物語なのですよね。

それらが広告に広告を重ねたり、動画の収益目当てで広告を増やすようなチャンネルと見事にかみ合ってしまって、似たような広告を何度も見せられることになってうざさマシマシといったところですね。

その中身も相まって不快度マシマシ

広告が不快に思う理由を回数の面からは考えてみましたが、そもそもどう取り繕うこともできない程度には内容も不快でしょう。

それもそのはず「コンプレックス系」はどうあがいたところで厄ネタなのですし、それを踏み抜かれるという前フリがあるのですからまあ炎上するのは当然といえます。

内容は三流以下、絵は及第点、音声は早口で妙に高い声だったりするという三要素でどうやってもヘイトは集めますし、そもそも医学的根拠という面ではっきりした裏付けが取れないのですから、あとはお察しです。

言葉は悪いですが、オカルト系の雑誌やら地方新聞の雑誌欄のような場所でなく、なぜあえてYouTubeなのか、と言うと単純に視聴者が狙い目だからでしょう。

YouTubeを見ているとわかるように、視聴者の年齢層はかなり下がっておりそれっぽい煽り文句が多用されているので、判断力にちょっと自信のない方は良いカモになる他ありません。