ヒューマンバグ大学を運営するアニキ『平山勝雄』の正体とは?

主にチャンネル登録者数が多いYouTubeの漫画動画チャンネルを中心に診断しています!

今回診断する「ヒューマンバグ大学」以上に闇の深いチャンネルはないかも…?

ヒューマンバグ大学についておさらいしましょう

ここにおいても簡単にヒューマンバグ大学についておさらいしますが、より詳しい情報などは以下のnoteをチェックしてくださいね!

ヒューマンバグ大学の2020年9月現在のチャンネル登録者数は、89.3万超とおおよそ2か月程度で9万人あまりも増えています。

ヒューマンバグ大学の公式Twitterアカウントや佐竹博文のInstagramのフォロワー数も順調に増加しているようで…まさに破竹の勢いですね…( [д[)

また、7月投稿のnoteで紹介していたLINEスタンプ「佐竹博文の人生vol.1」についても第二弾たる「佐竹博文の人生vol.2」が発売されていたり、ヴィレッジヴァンガードとのコラボが開催されたり、書籍が発行されたりとまさに八面六臂の大活躍を遂げています!

ヒューマンバグ大学の頼れるアニキ平山さんとは?

さて、そんなノリにノッているヒューマンバグ大学なのですが、実は代名詞の「佐竹博文」と併せて注目されるお名前があります。

それはヒューマンバグ大学やエモル図書館などの超有名漫画動画チャンネルをプロデュースしている平山勝雄さん!

彼は読売テレビでプロデューサーとして演出を担当していた経験があり、元プロデューサーとしては「秘密のケンミンSHOW」などの人気の高い番組を手掛けていたようです。

現在ではそのプロデューサーとして培った能力をフルに活用して、YouTubeチャンネルのプロデュースをしています。ヒューマンバグ大学の高いエンタメ性にも納得できますよね。

ヒューマンバグ大学についてもっと深く知りたい!

ここまでヒューマンバグ大学について紹介してきていますが、ヒューマンバグ大学の動画についてさらに深く触れていきましょう。

ヒューマンバグ大学で投稿された漫画動画は、いくつかのリストへと分かれれています。

再生リストは8つで、最も動画の本数が多い「佐竹博文の人生」のほかには「社会問題(絶望)」「特殊な仕事…」「犯罪を犯した人間たち」「ドラッグ・病気・依存症」「精神疾患」「芸能界の闇を暴露」「起きてはならない出来事」があります。

「佐竹博文の人生」に関しては言うまでもなく、ヒューマンバグ大学の顔と言える再生リストですが、「社会問題(絶望)」などはかなり”ヒューマンバグ大学らしい”内容の動画ばかりです。

では、これらの再生リストの中から特に”らしい”動画をいくつか紹介していきましょう!

【実在】歌舞伎町にある末端構成員マンション。その内情をマンガにした

主人公の竹村は、歌舞伎町の某集団の末端構成員がクラスマンションに暮らす元半グレ。このマンションでの生活はそれなりに過酷で、命の危険だってある。

でも何人かの末端構成員同士で生活することにはそれなりの楽しさもある。彼の生活を追って、歌舞伎町に実在するというマンションの実態に迫るこちらの動画は520万再生を記録しています。

リストは社会問題(絶望)でこそありますが、他の動画と比べても割とこざっぱりとした印象です。

ダルクの凄まじい内部をマンガにしてみた。【依存症ハウス】

主人公の有岡は「ダルク」に入寮する薬物中毒者。

ダルクは全国に70か所以上設置されている薬物依存患者などの社会復帰を支援するリハビリ施設だが、禁断症状で同居人がおかしくなってしまうことがザラであったりとその内部は凄まじい。

そんなダルクに入寮することになった有岡の3か月を追ったこちらの動画は253万回再生されています。

カテゴリとしてはドラッグ・病気・依存症となっていますが、事実を淡々と載せている感覚があって具体的な依存ではないのになんだかとても恐怖心をあおりますね。

人身事故が起きた…処理する駅員の仕事をマンガにした。

主人公の道島は電車の運転士になることを幼いころから夢見ていた。そして念願かない運転士となって初めての運転で、まさかの人身事故…

出来事を目撃している上に、自分の運転している車両が人を引いてしまったということにショックを受ける道島だが、やらなくてはならないことは山積みで…

人身事故が発生したその時を、運転手目線で描いたこちらは311万回再生されています。運転士自体は特殊ではありませんが、シチュエーションの特異さなどから特殊な仕事のカテゴリに含まれます。