【飲み過ぎ必見】1秒でも早くお酒の酔いを早く冷ます方法とは?

楽しいお酒飲んでいますか?

たまにしかお酒を飲まない人もホストやキャバ嬢など毎日仕事でお酒を飲まれている方も、飲み過ぎて悪酔いしたくないですし、二日酔いにも注意したいところ。

ちゃんぽんすると酔いやすいや二日酔いには迎え酒が良いなどおばあちゃんの知恵袋的なものあったりしますが、この現代に酔いを早く冷ます方法で効果があると言われているのは何なのかまとめました。

ドリンクよりも効果がある粒タイプ!

手軽に栄養補給できる栄養ドリンクですが、それよりももっと二日酔いのときに向いているのがレバウルフです。大HITしています!

お酒の酔いを醒ますために大切なウコンやウルソなどの成分をギュッと3粒に凝縮。

1個包装3粒づつになっていて、ポケットや財布にも忍ばせて持ち歩くことができるので、急なお酒の場でもササッと取り出して服用することができます

悪酔いや二日酔いは、そうなる前に予防する事が大切ですよね?レバウルフは予防も出来るし、なった後にも効くお酒のお供ともいえる最強アイテムなんです。

お試し初回価格はたった1980円!二日酔いが続いて肝臓が弱っている気がする方は是非試してみませんか?

栄養ドリンクを飲む

栄養ドリンク

栄養ドリンクにはお酒の酔いを醒ます方法として一番手っ取り早く行える方法となります。

お酒を飲む前に、そして飲んだ後に栄養ドリンクで栄養を摂取することで肝臓だけでなく胃腸の負担も軽減させることができます。

また、体調が悪いときには内臓の働きも悪くなってしまいますので栄養ドリンクで回復も期待できます。

一般的な栄養ドリンクの栄養素には、ビタミンを中心にカフェインやアミノ酸などが含まれており、お酒のお伴となる栄養ドリンクにはさらに肝臓機能と高めるウコンや肝臓エキス、生薬などが入っております。

また、栄養ドリンクの多くって甘いですよね。甘味成分として糖質が含まれているのですが、その糖質が肝臓が働くためのエネルギーとなるので糖質が高く設定されております。

栄養価のある食べ物を食べる

フルーツ

お酒を飲むときには食べ物を食べながらなんてことが多いと思いますが、そんなときに肝臓の機能やアルコールの吸収を抑制させるような栄養価のある食べ物を食べることで酔いを早く冷ますことになります。

果物は酔いを冷ますには優秀

果物は酔いを冷ます方法としては優秀で、ビタミンやミネラルなどが多く含まれている食材です。果物の甘味となる果糖も肝臓のエネルギーとなります。

柿にはタンニンとビタミンCが多く含まれているので、血液中のアルコール分を体外へ排出したりする働きがあります。グレープフルーツの果汁に含まれているイノシトールは肝臓の負担を和らげアルコールの分解をスムーズに行ってくれます。

野菜も摂ることを忘れずに

野菜にも果物と同じくビタミンやミネラルが豊富ですので酔いを早く冷ますにはおすすめです。

枝豆は高たんぱくですので肝臓のエネルギーとなりアルコールの分解を助けます。トマトも野菜の中ではアルコールの分解を助ける栄養素が高いです。

お酒を飲む前には脂質を摂っておく

空きっ腹にお酒を飲んでしまうとアルコールの吸収が早くなってしまい血中アルコール濃度が急激に上昇してしまいます。

アルコールの吸収を抑制させるためには体内吸収の遅い脂質を含んだ食べ物を食べておきましょう。チーズやナッツ類であれば満腹感を抑えつつ脂質を摂ることができるのでおつまみで頼んでおきましょう。

魚介類にはタウリンが豊富

魚介類にはタウリンやアミノ酸が多く含まれており、タウリンには肝臓の働きを促す作用があるため酔いを冷ます方法としても優秀な食材です。

タコやイカ、貝類にはタウリンが多く含まれており、魚肉にはアミノ酸が多く含まれております。

おばあちゃんの知恵袋の梅干しも大活躍

おばあちゃんの知恵袋的なもので梅干しが酔いを冷ます方法として聞かれたりもしますが、梅干しも酔い冷ましには効果的です。

梅干しに含まれるクエン酸は疲労回復に効果があり、お酒を飲む前に食べておくと胃腸の保護にも役立ちます。

ツボを押して体をリフレッシュ

ツボ合谷

酔いを早く冷ますのも二日酔いの予防にも肝機能のはたらきをアップさせる必要があります。

しっかりと栄養ドリンクや食べ物や飲み物を摂取しつつも同時に行いたいのがツボ押しです。

アルコールで傷ついた肝臓や消化器官を回復させ、酔いを早く冷ます方法となります。

飲み過ぎる前に押しておきましょうね。

肝臓上にある【期門】

左右の乳首から真下、肋骨が交わるあたり期門と呼ばれる二日酔いに効果のあるツボです。右の期門はちょうど肝臓の上にあたるので肝臓をあたためるより効果的でしょう。

万能のツボ【合谷】

手の親指と人差し指の付け根の部分のある合谷は各種痛み、特に上半身の痛みに対して効果のあるツボです。

血流改善に効果があるといわれているため、アルコールで体調を崩した身体を正常に戻そうと働き、酔いを早く冷ますこととなるでしょう。

肝機能全般を高める【中渚】

今度は合谷とは逆に小指と薬指の付け根のあたり中渚と呼ばれる肝機能を高めるツボです。

肝臓の検査前に押すことをお勧めされたりするツボですので、酔いを早く冷ます方法としても優秀でしょう。

二日酔いでの迎え酒はもう一度マヒさせているだけ

迎え酒

二日酔いで辛いときは迎え酒で痛みの軽減を行う方などもいたりしますが、再び酔っぱらうことにより脳を再度マヒさせているだけですので体に負担をかけていいるだけですのでお勧めできません。

深酒をしなければ徐々に酔いは冷め、酔いが冷めた頃には二日酔いの痛みも軽減されていることでしょうが、迎え酒で二日酔いを抑制させる行為はアルコール依存症へ足を突っ込んでいる状態といえますので止めておきましょうね。

迷信より確かなのは『レバウルフ』!

お酒で身体をボロボロにしていませんか?

アルコールは身体には毒素ですので、素早く分解して排出することが必要ですが、酷使した身体では満足に分解することもできません。

毒素の分解に特に大切な肝臓はもちろん、酔いを醒ましてスッキリ感を出してくれる栄養素をふんだんに含んだレバウルフなら、充実の配合成分でボロボロの身体を速やかにサポートしてくれます。

肝臓が疲れると、体も疲労感が取れず、低血糖や発熱などが起こりやすくなります。沈黙の臓器と言われる肝臓の疲れに気付かずにいると肝炎やアルコール性肝障害、最終的には肝硬変や肝臓がんになることも!そうなる前にしっかりと自分の肝臓を労わってあげませんか?

レバウルフにはウルソにウコン、人参というお酒を飲む方には有名な成分にセンブリなど消化不良をスッキリさせる効果が高い成分も配合。

二日酔い知らずのレバウルフで毎日を健康に、お酒の残りにくい身体にしましょう!

無理せず吐くことも一つの手

吐く

無理せずに一度吐くことも酔いを冷ます方法としては一つの手となります。まだアルコールが吸収されていないときに吐いておくことでそれ以上のアルコールの吸収を抑制させることができため、血中アルコール濃度の上昇を抑え酔いも抑えることになります。

しかし、アルコールの強いお酒を飲んだときは、胃の内容物が少ないためなかなか吐きにくいもの。そんなときはできるだけ水を多く含んで吐けるような状態をつくりましょう。

ただ、あまり吐きすぎると食道が胃酸で傷ついてしまい逆流性食道炎になってしまうかも。

そのため毎回吐くことはせずに、「ここでは無理できない!」ってときに使用するようにしましょう。

自分がどれだけ飲めるのか把握しておくこと

酔いを冷ます方法として一番気をつけておきたいのが、

「自分がどれだけお酒を飲むことができるのか」です。

自分で限界を知らないと、飲み過ぎて酔いを早く冷まそうと思ったときには時すでに遅しと間に合わないことも多々あります。

今回紹介した栄養ドリンクや栄養価のある食材、ツボ押しなどの酔いを冷ます方法はありますが、あなたがお酒に強くなるという事ではありませんし、誰しも体調が万全のときばかりがお酒を飲む機会だとは限りません。

「ちょっと今日の体調だといつものペースではキツイかも・・・」って思ったときに酔いを冷ます方法を実践しておけば悪酔いせずに済む可能性を高めるというものです。

お酒を飲むときは慢心せずにしっかりと自分と向き合って飲む事が大事なんですよ。

それでも飲まなきゃいけない時はレバウルフに助けてもらいましょう!

お酒を飲む前と後に、Wで飲む事でより二日酔いを予防する効果がアップ!翌日の朝をスッキリさせてくれます。

市販のドリンクよりも効果が高く、持ち運びにも便利な個包装のレバウルフで、二日酔い知らずにしちゃいませんか?