コーラを飲み過ぎると危険?砂糖の量が多いので病気になる?

炭酸飲料水ってなにか癖になるような飲み物ですよね。

炭酸の代表的な飲み物と言えば、やっぱりコカコーラ、後はサイダーなどですね。

ですが、ネット上にはコーラを飲み過ぎると危険という情報もあります。

ここでは、コーラを飲み過ぎた場合における注意点や体への悪影響な部分についてご紹介。

コーラは好きだけど、体は健康でいたいと思っている方は、ぜひご参照ください!

清涼飲料水は糖分が高い!それなら…?

シボヘール

コーラに限らず清涼飲料水に分類されるジュース類には糖分がたくさん入っているのは知っていますよね?

世間では糖分の取り過ぎはNG!と糖分ゼロの商品が増えてきていますが、やっぱりゼロのものはなんだか味気ないし物足りない…。

そう思うなら【シボヘール】で糖分の吸収を抑えてもらいませんか?

名前の通りメインはダイエット効果で、コーラやジャンクフードが好きでちょっとぽっちゃりしてしまった方向けのサプリメントなのですが、サポート成分が、脂肪と糖の吸収を抑えてくれるので、少し飲み過ぎてしまったコーラの糖分も体の外に排出する手助けをしてくれるんです。

そして腸内環境も整えてくれるので体に必要な善玉菌も増え、健康維持が出来ます。

好きなコーラを止めなくてはいけない体になってしまう前に、シボヘールで健康な体を維持しませんか?

コカ・コーラの飲み過ぎに注意

コーラの飲み過ぎ

なぜ、コーラを飲み過ぎると危険なのか?

あのシュワシュワした感じや、喉が刺激される感じが飲みごたえがあって、それが癖になって止められない方も多いと思います。

しかし、コーラの飲み過ぎには注意が必要です。

「なぜ、コーラの飲み過ぎが危険なのか?」

皆さんのイメージとしても、コーラは糖分が多く飲み過ぎるとあまり体に良くないという印象は少なからずあるのではないでしょうか?

事実、その通りでもあります。

まずは、飲み過ぎてしまった場合の注意点をまとめていきますのでコーラス好きの方は要チェック!

飲み過ぎるとどうなる?

コーラを飲み過ぎると、最悪死に至るケースもある?

これは海外でのニュースですが、「コーラを水のように飲み続けた」結果、30歳とうい若さで亡くなってしまったそうです。

それもそのはず、毎日5リットル以上のコーラを8年間も飲み続けていたというのだから驚きです。

これはもはや飲み過ぎというレベルではありません!

完全なるコーラ中毒者です。

コーラを好きで飲んでいる方は多いと思いますが、さすがにここまで飲むという方は極稀でしょう。

このニュースを見ただけでも、衝撃的過ぎてコーラを飲むことを止めたくなってしまいますね。

砂糖の量ってどれくらい?

コーラ 砂糖の量

コーラ1缶の目安として40グラムの含まれているみたいです。

40グラムってなかなかの量ですよね?

1缶でこれですから、1本、1リットルを飲むとどうなってしまうのか・・・。考えただけでも恐ろしいです。

毎日コーラを飲みたいという方も多いとは思いますが、この砂糖の量をしっかりと把握して、2日1本、3日1本程度に減らしていく事も考えたほうが良いかもしれません。

体調が悪くなってからでは遅いです。直接的な関係性は無いと思いますが、少なからず糖尿病などの生活習慣病になりやすい体質になってしまいますし、急に体調を悪くして病気を発症する可能性も十分に考えられます。

砂糖の量がどれくらい含まれているのか、知らない方も多かったと思いますが、せっかく得た情報ですのでこれからは注意して飲み過ぎないように気を付けましょう。

コカ・コーラ生活は危険

コカ・コーラ生活

という事で、コカコーラを毎日飲み続けるような生活は絶対にやめたほうが良いです。

体調が悪くなっても良いと思っているほどコーラ中毒になっている方もいるかもしれませんが、少しずつでも1日に飲む量を減らしてみてはいかがでしょうか?

仕事の合間もコーラ、食事中もコーラだと本当に体を悪くする可能性が高いです。

砂糖はもちろん、カフェインも含まれていますので、カフェイン中毒にもなりかねません。

コーラは適度に飲む程度なら非常にスカっとして飲みごたえのあるジュースですが、ハマり過ぎてしまうと危険も伴うという事を頭に入れておきましょう。

歯が溶けるのは本当?

コーラ 歯が溶ける

コーラを飲み過ぎると歯が溶ける?なんて事を聞いたことがありませんか?

これは、コカコーラのサイトでもよくある質問の部分で記載されていますが、基本的には問題なく、安心して飲むことができるみたいです。

長時間コーラにつけておくと歯が溶ける可能性もありますが、あくまでも飲み物ですので、問題ないとされています。

一部、情報を抜粋してみたので、ご参照ください。

腹痛や下痢の原因にもなる?

コーラ 腹痛や下痢

炭酸の飲み過ぎは体に良くないと言われていますが、実際に飲み過ぎた場合、どのような影響が起こるのでしょうか?

あくまでも可能性の1つですが、起こりうる症状をまとめてみたので、こちらも参考にしてみてくださいね。

コーラに限らず炭酸飲料水の飲み過ぎには注意が必要です!

・貧血を起こしやすくなる場合がある。

・下痢や腹痛も起きやすい。成分によるがコカコーラゼロに多い。

・飲み過ぎると胃に負担がかかり、胃もたれや胸やけが起きる場合も。

・その他ゲップが出たり、体がむくみやすくなる場合もある。

必ずしもこれらの症状が起きるとは限りませんが、飲み過ぎてしまうと起こる可能性があるという症状の一例です。

リスクを抑えて同時にダイエット

シボヘール

炭酸飲料や清涼飲料水には飲み過ぎによる体の不調や肥満に繋がるリスクがあります。

そのリスクを出来るだけ排除しながら、好きなコーラを飲み過ぎない程度に飲み続けられるとしたら?

【シボヘール】なら、それが可能になってしまうんです。

コーラのお供としてお菓子やジャンクフードを食べる事も多いので、心配になるのが血糖値や脂肪ではないですか?

シボヘールには、その脂肪や糖分の吸収を抑えて、蓄積せずに体外に排出してくれる上に、腸内環境を整えてくれるので、ダイエット効果も肥満や糖尿病予防も叶えてくれる作用をもった成分がギューッと凝縮されているんです

コーラの飲み過ぎで太ってしまった、少しでも飲む量を減らしたくない、飲みながら健康に気を付けたいと思うなら、シボヘールに手助けしてもらいましょう!

その他の危険性やリスク

コーラの飲み過ぎによる危険性は十分にご理解いただけたかと思います。

また、コーラ中毒になってしまうとカフェインもそれなりに摂取する事となり、カフェイン中毒を引き起こして精神が錯乱してしまう事もあるみたいです。

意外とコーラによる死亡事故や中毒者の情報も多くありますので、安易に考えず、今現在コーラを飲み過ぎているという方は十分に注意しておきましょう。

また、周りで飲み過ぎている方がいるという場合には、注意してあげると良いですね。

コカ・コーラ ゼロシュガーは?

コカ・コーラ ゼロシュガー

コカコーラゼロ、改めコカ・コーラ ゼロシュガーの方が危険性が高いという情報もあります。

「え?ゼロだから糖質も控えめじゃないの?」「カロリーゼロじゃないの?」

と思っている方も多いのではないでしょうか。

確かにカロリーそのものは通常のコーラより控えめになっていますが、人工甘味料に危険があるようです。

特にアスパルテーム?という成分が体に良くないみたい。

でも、極論を言いますと人にコーラを飲み過ぎても特に体に変化がない人もいますし、変化が起こりやすい人もいるので、人それぞれという事です。

ただし、少なくとも体に良い飲み物というわけではありませんので、今後、炭酸飲料水などを飲む際には、成分などに気を付けて選んでみると良いかもしれません。

コーラの材料や成分は?

・米国薬局方コカ流エキス・クエン酸・カフェイン・砂糖・水・ライムジュース・バニラ・キャラメル・カラメル・アルコール・オレンジオイル・レモンオイル・ナツメグオイル・コリアンダー・ネロリ・シナモン…etc

正式な原材料は非公開となっていますが、コーラの発明者「ジョン・ペンバートン」が手書きしたレシピから読み取ったものが上記の原材料のようです。

しかし、コカコーラ社はこれを否定している部分もあり、やはり真実は不明といったところでしょう。

恐らく、これらに近しい成分は含まれていると思いますので、参考程度にご覧ください。

コカ・コーラはほどほどにが一番

シボヘール

という事で、炭酸好きな方にはたまらないコカ・コーラについて紹介させて頂きました。

適量を飲んでいる分には特に体への影響も少ないと思いますが、飲み過ぎには注意が必要という事です。

炭酸飲料水はどうしても癖になってしまい、シュワシュワ感やのどへの刺激によって飲んでいる実感があり、止められなくなってしまいます。

しかし、体への悪影響も考えるとほどほどにしておくのが一番ベストだと言えるでしょう。

脂肪や糖分の吸収を抑制してくれ、ダイエットまで叶えられる【シボヘール】で健康維持しませんか?

その他のサポート成分には血糖値の上昇を抑制したり肥満・糖尿病予防に効果がある難消化性デキストリンや糖の吸収を抑えるサラシアオブロンガエキス末など腸内環境を整えたり血行促進してくれる成分が7種も入っているんです。

少しでも好きな物を止めずにいられるように、今の内から対策しておく事も大切ですよね。ダイエットも健康も同時に手に入れられるシボヘールを手軽に始めてみませんか?