出世魚のカンパチとブリの違いとは?似ているハマチは同じ魚?

出世魚

成長するごとに名前が変わるため、縁起が良い魚とされ祝いの席で食べられることが多い魚です。人気の魚ランキングでも上位に挙がってきたりしますね。

そんな中、よく間違えられる魚が【カンパチ】です。あなたはカンパチとブリの違いわかりますか?

よく間違えて、ブリが成長していく段階にカンパチがあるとお思いの方もいるようですが、それハマチですよ。

カンパチとブリの違い、ハマチは?など出世魚についてまとめました。

出世魚が名前が変わる理由は?

ブリ

出世魚とは名前が変わる魚全般のことを指しますが、何故成長するごとに名前を変える理由がいるのでしょうか?

識別するために名称変更

代表的な出生魚は成長すると1mほどになる大型魚となります。例えばあなたが海水魚を見るときというのは、釣りをしたときか食べるとき、購入するときになることでしょう。例えば流通している段階で、同じブリと言われても1mのものなのか50cmのものなのかで印象は全然変わってくることでしょう。

その大きさをイメージしやすくする、流通段階で識別しやすいように成長する大きさごとに名前を変え識別できるようにしております。

人も昔は名前が変わった

江戸時代までは、今の成人式の元となった元服などがあり、成人するとそれまでの幼名での名前から大人の元服名に変わることが多くありました。徳川家の幼名の【竹千代】などは有名だと思います。

その習わしから成長すると名前が変わる魚のことを出世魚と呼ばれることになったようです。

カンパチとブリの名前の違い

カンパチ

出世魚の名前を見ていきましょう。上で述べたように、カンパチとブリは違う魚となりそれぞれ成長するごとに名前が変わって行きます。

どちらも地域ごとでも名前が違ったりするため、今回は関東で一般的に呼ばれている名前で見ていきたいと思います。

【カンパチとブリの名前の違い(関東)】

大きさ カンパチ ブリ
30cm未満 ワカシ
35cm未満 ショッコ ワカシ
40cm未満 シオゴ ワカシ・イナダ
60cm未満 シオゴ イナダ
70cm未満 アカハナ ワラサ
80cm未満 アカハナ ワラサ
80cm以上 カンパチ ブリ

これ以外にも有名な呼び名では、【ハマチ】などがあります。ハマチは関西以西で呼ばれる名称で、50cm前後のブリのことをハマチと呼びます。関東ではイナダのあたりですね。

ちなみに稚魚は地方によってどちらも【モジャッコ】などと呼ばれます。これは、稚魚が流れ藻に付くことから呼ばれることとなります。

カンパチとブリの見た目の違い

切り身ブリカンパチ

最初にも述べましたが、カンパチとブリは違う魚となります。とはいえ、どちらも【スズキ目アジ科】に分類されるため、似た魚といえます。カンパチとブリはどちらも成長しきった名称であり、幼魚のころはそれぞれ出世魚として別の名前が存在しております。

今度はカンパチとブリの見た目の違いは何なのか?調べてみました。

見た目の違い

カンパチとブリの違いは見た目でもわかります。カンパチの名前の由来は目の上の黒いラインが正面から見ると漢字の【八】に見えることからその名がつくようになりました。また、カンパチはブリと比べるとあまり厚みがなく側扁しております。

見た目の色はどちらもお腹が銀白色となっており同じような色をしております。背びれ側は若干カンパチのほうが黄褐色が強くブリのほうが暗青色となっておりますが、中間体はどちらも黄褐色となっているため似た色合いとなっております。

切り身の違い

カンパチとブリの切り身の違いですが、側扁しているカンパチのほうが身自体が薄くなるため、三角形のカタチが鋭角になりやすく、ブリのほうが均一になりやすいです。

切り身の色はブリのほうが若干ピンク色が強い色になっております。しかし、近年はブリもカンパチも養殖が多くなっており、養殖の場合、どうしても運動不足となってしまい脂肪分を多く含んだ体型になってしまいます。そのためどちらも白さが強い身になってしまい区別がつきにくいこともあります。

実はブリとヒラマサのほうが似ている

ヒラマサ

カンパチとブリは同じスズキ目アジ科に分類されるためとても似ているのですが、実はブリとヒラマサのほうがそっくりなんです。ヒラマサの名前がカンパチに比べあまり有名でないため取り上げられなかったりするのですが、ブリとヒラマサは似ております。ちなみにヒラマサもスズキ目アジ科に分類される魚となっております。

ブリとヒラマサの違い

ブリとヒラマサの違いの中で見分けをつける場所は上顎の骨のカタチです。ブリのほうが角ばっており、ヒラマサのほうが丸みを帯びております。また、身体の中心の黄色いラインが、ヒラマサが一番くっきりと映し出されております。また、ブリよりも側扁しているところも見分けるひとつとなっております。

カンパチとブリとヒラマサの食べ方

ブリの煮つけ

カンパチもブリもヒラマサもどれも1m前後の大型魚となるのですが、どれも高級魚の扱いとなります。冬の寒ブリは有名で富山の氷見の寒ブリはブランド魚として聞いたこともあるのではないでしょうか?ブリは冬に脂が乗って美味しいため冬に食べることが多く、西日本ではおせち料理には欠かせない食材です。ブリの成長前のイナダ・ハマチなどは夏から冬にかけてが旬となります。

一方、ヒラマサは夏が旬の魚となります。また、カンパチはヒラマサとブリの間の秋頃が旬となりますが、養殖が盛んに行われていることもあり、通年食べれたりもします。

カンパチとブリの違いまとめ!

猫とブリ

今回は出世魚カンパチとブリの違いについてまとめました。

見た目はどちらもとても似ておりますが、薄く眼の上にラインがあるのがカンパチとなり、ちょっとふっくら紡錘形なのがブリとなります。また、ヒラマサはブリとよく似ておりますが、上顎のカタチや色で識別することができます。

どちらも出世魚として成長するごとに名前が異なり、また地域ごとにもハマチやイナダなど成長過程での名前が違ったりもしております。

どれも高級魚となり美味しいですね。最近は魚を食べることが少なくなっているようですが、旬を感じて和食を楽しむことは日本人としての楽しみのひとつですので残していきたいものです。

最後にそれぞれのカンパチ・ブリ・ヒラマサには漢字があり、

【間八・勘八】・【鰤】・【平政】と書くので覚えておきましょうね。