HDMIケーブルの種類と見分け方とは?選び方もまとめてみた

HDMIケーブルというものを、ご存知でしょうか?ノートパソコンなどの裏や側面についてる、USBと少し形が似ているけど、同じところには差さらないしちょっと違う…。

きっと別の種類の何かなんでしょうぐらいの認識の人も多いのでは。

実は、簡単で便利な、お得感いっぱいのケーブルなので、最近の映像や音声に関わる電化製品だとよく使われています。

良く知らないままに、説明書の通りにケーブルをつないで使っているかもしれませんね。

今回は、そんなHDMIケーブルの見分け方や選び方を種類別にまとめてみました。

この機会に、そんなよくわからないけど素敵なHDMIケーブルについてちょっと詳しくなっちゃいましょう。

※今確認しないと絶対に損※

いまさら人に聞けない最強タバコ「ドクタースティック」をまだ知らない方へ
※上記リンクから今だけ破格の8,000円引き(+全額返金保証付き)お急ぎ下さい!!

HDMIケーブルとは?

HDMI
出典:ALLION

まず最初に、HDMIケーブルとは何の略でしょう?

その分野の専門の人でもない限りパッと答えられる人はそう多くないのではないと思います。

HDMIケーブルとは、High-Definition Multimedia Interfaceケーブルのことで、日本語にすると、高品位マルチメディアインターフェースケーブルということになります。

何をするためのものなの?

リモコンとモニター

そうは言ってもじゃあ、高品位マルチメディアインターフェースって何?となってしまいます。

デジタル信号化した映像と音声を転送する規格で、デジタル形式ゆえにデータが劣化しづらいところが長所なのですが…。

じゃあこのケーブルを使って実際に何ができるのか、どこで使われているのか見ていきましょう。

音声、映像、制御信号を1本のケーブルで送受信できる!

あれこれけーぶる

なんだか難しそうなことを言っているイメージですが、実は簡単な話です。

以前に、赤、白、黄色(チューリップではありませんよ)の端子が付いたケーブルをビデオやゲーム機とテレビで繋いだりしていませんでしたか?

3色のケーブル以外にも音声用のケーブルだったり、テレビの裏側はごちゃごちゃして見分け方の分からないケーブルの束とホコリでいっぱいになりがちでした。

音声用のケーブルを映像用に間違って挿してしまっていて音が出ない…とかもありましたね。

HDMIケーブルなら、これ1本だけだから間違えたりごちゃついたりする煩わしさがありませんし、おまけに、高画質高音質な元データを劣化させずに送受信してくれるってワケです。素敵!

どこで使われている?

ノーパソ

HDMIケーブルは、映像や音をまとめて簡単、綺麗に送受信してくれるケーブルなので、映像や音声、画面があるところどこにでも使う機会がでてきます。

最近のテレビ、ブルーレイ・DVDレコーダー、ビデオカメラや、各種据え置きゲーム機、パソコン等…様々な種類のこれらの機器の横や裏には、きっとHDMIケーブルを挿す所があるはずです。

たとえば、巨大なモニターに高画質の映画のDVDを映すために、モニターとDVDプレイヤーを繋ぐとか…そんな時に使われています。

HDMIケーブルをテレビに繋げられた後は?

よくわからないけど、HDMIケーブルを設定できて、テレビがついたりブルーレイと繋がったりした!という方は、存分にテレビを楽しめる準備をしましょう。



テレビや映画を結構見る!という方にとてもオススメなのが、WOWOWです。

特に、ゴルフや野球などのスポーツをよく見る方映画が好きな方にはとてもお得なサービスで、月額2300円を払えばどれだけでも見放題です!

DVDのレンタルショップによく行く方は、WOWOW
にした方がお得な場合もあるので、一度試してみることをオススメします。

月額制だと、勝手に料金が引き落とされるのでは?と不安になる方も多いと思いますが、月2300円(税込2530円)以外に料金はかかりません。

初期費用も加入料もありませんし、そもそもWOWOWが大手の企業ですので、安心して利用できるサービスですね!

HDMIケーブルのタイプ種類と見分け方

出典:Fujitsu

HDMIケーブルは、新しくて便利なものだということが分かったところで、いざHDMIケーブルを買ってみよう!と思うと、意外と色々な種類、形、性能のものがあることに気が付きます。

そんなに種類が多かったら見分け方も大変なのでは…選び方が分からない!と思いますよね。

HDMIケーブルにはどんな種類のものがあるの?選び方、見分け方はどうすればいい?そんな疑問が解決するよう、HDMIケーブルの種類と見分け方を紹介します。

種類1『タイプA』

タイプA
出典:amazon

タイプAという種類のHDMIケーブルは、最も一般的な形の端子が付いているケーブルです。

一言でHDMIとだけ言われば、ほとんどの場合はこれの形ことです。

テレビ、ブルーレイレコーダー、モニター、ゲーム機などの接続に幅広く使用されます。

種類2『タイプC』

タイプC
出典:amazon

タイプCという種類のHDMIケーブルは、片方がミニHDMIと呼ばれる端子になっているのが見分け方のポイントで、もう片方はタイプAと同じHDMI端子になっています。

ノートPCや、ビデオカメラなどによく使われています。

端子の形が大きくても問題ない場所にはタイプAが使われ、小さいものや狭い場所に使うためのものには次に紹介するタイプDが出ていることもあって、今使われているHDMIケーブルの中では、一番少ない形となっています。

種類3『タイプD』

タイプD
出典:amazon

タイプDという種類は、片方はタイプAと同じHDMI端子、もう片方の端子がマイクロHDMIと呼ばれる小さな形が見分け方のポイントです。

小さいデジタルカメラや、タブレットやスマホなどの小型端末で利用されます。

端子のサイズや形が、マイクロUSBと若干似ていることもあって、間違えやすいです。

種類4『タイプB』

注意

タイプA、C、D…。なんでBだけないの?って思ってしまいますよね。実はあるんです。

しかもHDMIケーブルの選び方においては少々要注意な種類です。

デュアルリンク対応のため作られ、タイプAよりも少し大きいサイズの端子が見分け方のHDMIケーブルなんですが…

現在、一般には使用されていないそうです…。

もしタイプBと書かれているHDMIケーブルを見かけても買ってはいけません。

HDMIケーブルの種類が決まったら?

HDMIケーブルの種類が決まったら、あとはテレビやパソコンに繋げるだけです!

正しいHDMIケーブルを選んだら、存分にきれいな映像を楽しむことができますね。



レアなアーティストのライブ映像や一般公開されていない映画が見たい!という方は、WOWOWに加入することをオススメします!

WOWOWなら、一般公開されていないライブ映像もみれますし、期間によっては自分の好きなアーティストのコンサート映像が見れるかもしれません。

また、加入初月は月末まで無料で見ることができます。

2020年8月1日に加入⇒2020年9月30日まで2300円(約2か月間)

2020年8月30日に加入⇒2020年9月30日まで2300円(約1か月2日ほど)

つまり、加入した月は実質無料で見れるということですので、できる限り1か月の初めごろに加入したほうがお得ということですね!

1日に加入すれば、約2か月間2300円で見れるので、一度試してみて合わなかったら解約するという手もあります。

ちなみに解約料金はかかりませんのでご安心ください!

HDMIケーブルの選び方

種類いっぱい

HDMIケーブルにはいろいろな種類や形があります。

その見分け方が分かったところで、どんなところに注目して選べばよいのか、HDMIケーブルの選び方で重視するポイントを挙げてみます。

中には、同じ大きさの端子でも、狭い隙間に置かれた機器などのために、差し込み端子がL字に曲がっているものなんかもあって、形ごとに分けてしまうと種類は膨大ですが、まず使いたいところに差さるかどうかだけでタイプを選んだ後に、形や性能、値段を見ていくと良いと思います。

HDMI端子の大きさ・形

L字HDMI
出典:amazon

当然といえば当然かもしれませんが、HDMIケーブルを使いたい機器の端子差し込み口をよく見てください。

例えば、テレビとブルーレイレコーダーを繋ぎたい場合は、テレビ側-HDMI(タイプA)とブルーレイ側-HDMI(タイプA)となっているはずなので、両方ともHDMI(タイプA)になっているケーブルを選びます。

片方と、もう片方がHDMI(タイプA)なのか、ミニ(タイプC)なのか、マイクロ(タイプD)なのかの組み合わせ次第で、相当の種類がありますので、まずHDMIケーブルの選び方で大切なことは、電器屋さんに行く前に、繋ぎたい機器を両方ともしっかり見ることです。

画質へのこだわり

画質

HDMIケーブルは、スタンダードスピードHDMIハイスピードHDMIと呼ばれるものがあります。

スタンダードは解像度1980x1080までしか対応していなくて、テレビの綺麗なやつ!ということでよく耳にする『4K』ですが、これは解像度4096×2160まで対応できるハイスピードHDMIでないと対応できません。

スタンダードとハイスピードの見分け方はバージョンをチェックすることです。Ver1.2までがスタンダードVer1.3からVer2.0までがハイスピードです。

最近売っているHDMIケーブル

最近販売されているHDMIケーブルは、ほとんどがハイスピードなので、選び方というより、とりあえずハイスピードのほうを買えば大丈夫だとは思いますが、念のため滑らかな映像と高画質にこだわる方は、選び方の基準として覚えておくといいかもしれません。

なお、2017年11月にプレミアムハイスピードといわれる最新のHDMI規格、HDMI 2.1というverが出ています。テレビでいうと8Kの画質を超えても対応できます。ここまで上質のものを用意しても持て余す可能性が高いですが…。

耐久性

丈夫

スマホの充電器のように、毎日使うケーブルって、端子付近の首が弱ってきて被覆ビニルに亀裂が入ったり断線してしまった経験はありませんか?

HDMIケーブルの場合は、テレビの裏のように、あまり抜き差しをしない場所に使う場合もあれば、ビデオカメラやノートPC等を一時的に繋ぐなど、抜き差しする場合もありますよね。

耐久性の高いケーブルは値段が高い傾向にあります。値段と耐久性のバランスもケーブルの選び方に大切なポイントの一つです。

中には端子に、衝撃等で簡単に抜けてしまわないひと工夫がされているものもあります。

HDMIケーブルの種類と見分け方、選び方のまとめ



たくさんの種類があるHDMIケーブルの、選び方や見分け方についてまとめてみましたがいかがでしたか?

HDMIケーブルは、お手軽に、映像や音声に関係する機器を接続することができ、データの送受信時に高画質高音質を劣化させずに保てるというケーブルでした。

端子の形状や、性能など組み合わせ次第で膨大な種類になってしまっていて、選び方や見分け方が難しいと思われがちですが選び方のポイントをしっかり押さえれば大丈夫です!

今の時代、よく使われているのは標準的なタイプAと、一番小型の、タイプDのようですので、覚えておくといいかもしれませんね。