たばこのコラム

2022年のタバコ値上げはいつからいくらに?2023年も値上げする?

タバコ値上げ 2022 いつから

結論から言うと、タバコ値上げは2022年10月1日(グローのみ11月1日)からとなっており、今回の値上げ対象は加熱式タバコのみです。

現在、2023年以降の値上げの予定は発表されていませんが、今後値上げされる可能性がゼロとは言い切れないので注視していく必要があります。

そこで今回は、2022年のタバコの値上げについて以下の内容を解説していきます。

  • 2022年に値上げをするタバコの種類と値上げ幅
  • 2023年以降の値上げ予定と過去の値上げ幅
  • タバコを値上げする理由

本記事で解説している要点をまとめると…

  • 2022年の値上げは加熱式タバコだけで10円~30円の値上げ
  • 今後の値上げは未定だが過去に最大100円程度値上げ
  • 日本が財政難のためタバコが値上げされる

本記事では、各種タバコの値上げ幅やタバコ値上げがいつまでなのか、いくら値上げするのかを知ることができます。

目次を確認

2022年タバコ値上げは2022年10月1日から加熱式タバコのみ値上げ実施!

タバコ値上げ 2022年

2022年もタバコ値上げがやってきました。2021年は紙巻きタバコ、リトルシガー、加熱式タバコが値上げしましたが2022年はいつから値上げするのでしょうか

結論から言うと、2022年10月1日から加熱式タバコのみが値上げとなり、アイコスやプルーム、グローの銘柄が値上げします。また、紙巻きタバコとリトルシガーは値上げ対象外です。

ここからは2022年はいつからタバコ値上げが始まるのか?今後いつまで続くのかを詳しく解説してきます。今回の値上げを詳しく知りたい方は確認してください。

グローのみ11月1日に値上げします。

2022年はいつからタバコ値上げが始まる?①:2022年10月1日値上げ実施

タバコ税の見直しは財務省から発表され「たばこ税用に関する資料」で今回のタバコ値上げスケジュールに関する資料を見ることが出来ます。

上の青文字が紙巻きタバコ、下の加熱式が加熱式タバコ、軽量葉巻はリトルシガーを表しており、令和4年(2022年)10月の値上げは加熱式タバコ5回目の値上げです。

始まりを見ればいつから値上げが始まっているのかも分かります。2022年10月1日は5年前から始まったタバコ値上げの最後の日となっており、加熱式タバコだけが対象です。

2022年10月1日タバコ値上げの概要

年度 紙巻き
タバコ
リトル
シガー
加熱式
タバコ
2018年 1回目 1回目
2019年 2回目
2020年 2回目 1回目 3回目
2021年 3回目 2回目 4回目
2022年 5回目

2022年はいつからタバコ値上げが始まる?②:加熱式タバコは5回目

2022年のタバコ値上げは加熱式タバコの銘柄のみとなっていますが、値上げがいつから実施されるのかと言うと2022年10月1日からと発表されています。

加熱式タバコは課税区分がはっきりと定められたことで2018年から5年間かけて値上げし続けており、いつまで続くのかと思うほど長い期間のスケジュールです。

加熱式タバコはアイコス、プルーム、グロー、リルハイブリッドなどの専用銘柄が対象となっているので、いつからいくら値上げするのか確認しておくと良いでしょう。

2022年10月1日加熱式タバコ値上げの概要

年度 紙巻き
タバコ
リトル
シガー
加熱式
タバコ
2018年 1回目 1回目
2019年 2回目
2020年 2回目 1回目 3回目
2021年 3回目 2回目 4回目
2022年 5回目

2022年はいつからタバコ値上げが始まる?③:紙巻きタバコは値上げなし

今回の値上げは紙巻きタバコやリトルシガーも含まれていましたが、2022年はいつから値上げするのでしょう?財務省の発表では2022年は紙巻きタバコは値上げしません

紙巻きタバコは2018年から値上げしていますが、2020年、2021年と値上げして既に値上げ終了となっています。いつから値上げするのか警戒していた方には一安心ですね。

タバコの中では600円前後の銘柄が多く高価なイメージの紙巻きタバコですが今回の値上げで他の種類のタバコも値上げした為、紙巻きタバコが特別高いとは言えなくなりました

2022年10月1日紙巻きタバコ値上げの概要

年度 紙巻き
タバコ
リトル
シガー
加熱式
タバコ
2018年 1回目 1回目
2019年 2回目
2020年 2回目 1回目 3回目
2021年 3回目 2回目 4回目
2022年 なし 5回目

2022年はいつからタバコ値上げが始まる?④:リトルシガーは値上げなし

最後はリトルシガーの値上げがいつから始まるのかスケジュールを見てみましょう。リトルシガーは2022年は値上げ対象外となっており、2021年で一旦値上げが終了しています。

値上げでタバコが高くなるなか安い値段で販売されて人気が出たリトルシガーですが、新しい課税区分が作られて2021年10月に大幅に値上げしました。

2022年は値上げしないのでしばらく2021年値上げ後の値段が続くことになります。今後、2023年以降の値上げについては未定となっており、またいつから値上げとなるかは分かりません。

2022年10月1日リトルシガー値上げの概要

年度 紙巻き
タバコ
リトル
シガー
加熱式
タバコ
2018年 1回目 1回目
2019年 2回目
2020年 2回目 1回目 3回目
2021年 3回目 2回目 4回目
2022年 なし 5回目

タバコ税増税の心配一切不要の最先端タバコ「ドクターベイプモデル2」をご紹介!

ドクターべイプモデル2

自分が吸っているタバコがまた値上げ…?と冷や汗がとまらないあなたへ、タバコ税増税の心配一切不要の最先端タバコ「ドクターベイプモデル2」をご紹介します。

ドクターベイプモデル2の魅力は、多くの愛煙家の悩みの種でもあるタバコ税が一切かからないこと。そのうえ今吸っているタバコ4箱分がたったの1箱で換算できるという驚異のコスパ力!

またドクターベイプモデル2は、タバコ顔負けの煙量で「喉にク゚っとくる吸いごたえ」を体感することができると、10人中9人が高評価!今最も注目されている新型タバコです。

そんな魅力満載の「ドクターベイプモデル2」は公式サイトでどこよりも安く手に入れることが可能!5,420円OFFで買えるのはドクターベイプモデル2の公式サイト限定なのでお急ぎください。

\値上げとは無縁の最先端タバコ!/

2022年タバコ値上げはいくら値上げするのか?値上げ幅を解説

タバコ値上げ 2022年 値上げ幅

2022年は10月1日からタバコ値上げが実施となることが分かりました。では、2022年はいくら値上げするのでしょうか

結論から言うと、2022年10月1日のタバコ値上げでは紙巻きタバコやリトルシガーは値上がりせず、加熱式タバコ専用銘柄が10円から30円の値上げとなります。

ここからは2022年10月1日からのタバコ値上げで加熱式タバコ専用銘柄がいくら値上げするのかを解説していきます。

2022年はいくらタバコ値上げする?①:加熱式タバコは10円~30円

まだ登場したばかりの種類である加熱式タバコは新しく課税区分が設定されました。値上げスケジュール通りに2018年から2022年まで5回ほど値上げしています。

タバコ税の見直しについては「加熱式タバコに係る課税方式の見直しについて」で詳しく解説されています。では2022年の値上げ幅はいくらになるのでしょうか

2022年10月1日(一部11月1日)からは10円から30円の値上げとなっており、銘柄ごとに値上げ幅が違います。詳しい種類別の値上げ幅がいくらなのかは下記の表をご覧ください。

2022年加熱式タバコ値上げ幅はいくら?:アイコス・リルハイブリッド専用銘柄

(税込) 値上げ前 値上げ後 値上げ幅
テリア 580円 580円 据え置き
センティア 530円 530円 据え置き
マールボロ 580円 600円 20円
ヒーツ 530円 550円 20円
ミックス 510円 510円 据え置き

2022年加熱式タバコ値上げ幅はいくら?:プルーム専用銘柄

(税込) 値上げ前 値上げ後 値上げ幅
メビウス
プルームテック用
570円 580円 10円
ピアニッシモ
プルームテック用
570円 580円 10円
メビウス
プルームテックプラス用
580円 580円 据え置き
ピアニッシモ
プルームテックプラス用
580円 580円 据え置き
メビウス
プルームエックス用
570円 570円 据え置き
キャメル
プルームエックス用
500円 500円 据え置き
キャメル
プルームエックス用(定期便限定)
440円 460円 20円

2022年加熱式タバコ値上げ幅はいくら?:グロー専用銘柄

(税込) 値上げ前 値上げ後 値上げ幅
ケント
プロ用
500円 530円 30円
ネオ
プロ用
560円 580円 20円
ケント
ハイパー用
500円 500円 据え置き
ネオ
ハイパー用
540円 540円 据え置き
ネオ(定期お届け便)
ハイパー用
440円 460円 20円
クールエックス
ハイパー用
520円 540円 20円
ラッキーストライク
ハイパー用
290円/
300円
290円/
300円
据え置き

2022年はいくらタバコ値上げする?②:紙巻きタバコは値上げなし

2022年10月1日に紙巻きタバコはいくら値上げするのでしょうか?2021年の値上げで600円台になった銘柄もあり、紙巻きタバコは銘柄によってはなかなか高級品ですよね。

先述しましたが、紙巻きタバコは2021年10月で一旦値上げ終了となっており、2022年10月には値上げしません。これ以上の値上げは喫煙者には辛いのでひとまず安心です。

2022年の値上げはありませんが、タバコ値上げは定期的に行われてきています。今後、2023年以降もいつから値上げが始まってもおかしくないことは覚えておいてください。

加熱式たばこの製品特性を踏まえ、課税区分を新設した上で、課税方式を見直します(5段階で実施)。

出典:財務省

2022年はいくらタバコ値上げする?③:リトルシガーは値上げなし

2022年10月1日にリトルシガーはいくら値上げするのでしょうか?リトルシガーは安い値段が魅力でしたが、新しい課税区分が設定されて2021年に大幅に値上げしました。

値上げの結果で紙巻きタバコに迫る値段になってしまったリトルシガーですが、2022年10月のタバコ値上げの対象にリトルシガーも含まれていません

値段の安さに魅力を感じてリトルシガーを吸い始めた方には残念な値上げでしたが、しばらくお値段は据え置きです。紙巻きタバコより安い値段の銘柄も多くあります。

1本当たり1グラム未満の軽量な葉巻たばこについて、紙巻たばことの類似性を踏まえ、紙巻たばこと同等の税負担となるよう、最低税率を設定します(2段階で実施)。

出典:財務省

2023年タバコ値上げはいつから今後いつまで続く?値上げ予定を解説

タバコ値上げ 2022年 2023年

今回のタバコ値上げはいつから始まり、2022年10月の値上げ幅はいくらなのかを解説しました。では、今後いつまでこの値上げが続くのでしょうか

結論から言うと今回のタバコ税増税による値上げスケジュールは2018年から2022年なので、今後2023年以降の値上げは予定されていません

今回のタバコ値上げによる長い値上げ期間がいつまで続くのか、今後2023年以降の値上げについて解説していきます。

2023年タバコ値上げは今後いつまで続く?①:2023年値上げ予定はなし

2018年から始まった長いタバコ値上げでしたが、今後いつまで続くのか気になりますね。2023年の値上げはいくらなのでしょうか?

今回のタバコ値上げはスケジュールで決められており、2023年の値上げ予定はありません。加熱式タバコ、紙巻きタバコ、リトルシガー共に2023年は値上げしません。

5年間に及ぶ長いタバコ値上げだったのでいつまでも続くような気がしていましたが、やっと終了となります。2022年値上げ後の値段がしばらく据え置きになります。

2023年タバコ値上げは今後いつまで続く?②:今後のタバコ値上げは未定

2023年以降のタバコ税見直しやタバコ値上げについては未定です。今後のタバコ値上げを知りたい場合はこの記事や財務省の発表があれば確認することが出来ます。

今後、2023年は値上げしないと言っても今までタバコ値上げはかなり頻繁に実施されてきました。300円や400円で買えた時を比べるとかなり値上がりした税率の高い嗜好品です。

またいつから値上げが始まるのかは分からないので、値上げ終了を機に安い銘柄へ乗りかえても良いでしょう。値上げについて新しい情報が入ったら、この記事を更新していきます。

たった1本で紙巻きタバコ10箱分!最高スペックを誇るポケットシーシャ「チラーズ」をご紹介!

チラーズバナー

たった1本(吸引回数2,000回)で紙巻きタバコ約10箱分吸える程の神コスパを誇る使い捨てポケットシーシャ「チラーズ」をご紹介します!

チラーズは他のポケットシーシャには無いオリジナルブレンドのフレーバーを揃えており、その本格フレーバーの味わい・吸いごたえは紙巻きタバコを圧倒すると口コミで人気です。

そんなチラーズは1本3,300円とお得なセットが最大20%OFFで販売されています。他のタバコには無い吸いごたえを体験してみたい方は是非公式サイトをチェックしてみて下さい!

2021年タバコ値上げはいくらだったのか?過去の値上げ幅を解説

タバコ値上げ 2021年 値上げ幅

2022年10月1日の加熱式タバコの値上げを解説してきましたが、2021年10月のタバコ値上げはいくらだったのでしょうか?

2021年は加熱式タバコ、紙巻きタバコ、リトルシガーが値上げ対象となっていたので、ほとんどの銘柄が値上げしていました。

特にリトルシガーは一気に値段が上がり、廃盤になってしまった銘柄もあります。では、2021年の値上げがいくらだったのか過去の値上げ幅銘柄一覧を見てみましょう。

2021年のタバコ値上げによる値上げ幅①:加熱式タバコ値上げ幅一覧

2021年10月1日に値上げした加熱式タバコの値上げ幅は30円前後となっており、銘柄によって値段の上がり方に違いがあります。

安い値段で売り出されたプルーム専用銘柄「キャメル」など値上げしなかった銘柄などもあり、値段の上がり方に差が出ていました。

加熱式タバコは値上げ前は紙巻きタバコよりも安い値段でしたが、今回のタバコ値上げで値段の特徴はなくなった印象です。

(税込) 値上げ前 値上げ後 値上げ幅
ケント
(グロー)
480円 500円 20円
マールボロ
(アイコス)
550円 580円 30円
ヒーツ
(アイコス)
500円 530円 30円
キャメル
(プルーム)
500円 500円 0円
メビウス
(プルーム)
540円 570円 30円

2021年のタバコ値上げによる値上げ幅②:紙巻きタバコ値上げ幅一覧

2021年10月1日の紙巻きタバコは3回目の値上げで、それぞれの銘柄が20円から40円ほどの値上げ幅でした。特にメビウスやセブンスターなど有名銘柄の値上げ幅が大きい印象です。

この値上げで600円台になった銘柄も登場し、値上げで値段が高くなった銘柄の廉価版が登場するなど銘柄の入れ替えが激しくなり、違う銘柄に移行した方も多いでしょう。

紙巻きタバコの値上げ後の値段は全体的に高くなりましたが、ケントなどの安さが売りの銘柄は値上げ幅も低く抑えており、なるべく買いやすい値段で販売されています。

(税込) 値上げ前 値上げ後 値上げ幅
メビウス 540円 580円 40円
セブンスター 560円 600円 40円
マールボロ 570円 600円 30円
ウィンストン 500円 540円 40円
アメリカンスピリット 570円 600円 30円
ケント 500円 520円 20円

2021年のタバコ値上げによる値上げ幅③:リトルシガー値上げ幅一覧

2021年10月1日はリトルシガーは2回目の値上げでしたが、70円から100円の値上げと他の種類と比べるとかなり値上げ幅が大きく一気に値段が上がったことが特徴です。

今までは課税区分によるタバコ税が少なかった為に安い値段で販売されていたリトルシガーでしたが、今回のタバコ税見直しで紙巻きタバコの値段まで迫っています。

全体的に見てみるとリトルシガーは値上げしたとは言え、紙巻きタバコと比べるとまだ安い値段なので買いやすいと言えるでしょう。

(税込) 値上げ前 値上げ後 値上げ幅
ピースリトルシガー 580円 650円 70円
キャメルシガー 400円 500円 100円
クールループド 400円 500円 100円
わかばシガー 410円 500円 90円
フィリップモリス 380円 480円 100円
ケント 450円 550円 100円

タバコ値上げの仕組みは?タバコが値上げする理由を解説

タバコ値上げ 理由

いつも値上げしているような気がするタバコですが値上げはいつまで続くのでしょうか?タバコは100円前後で売られていた50年以上前からずっと値上げし続けています。

タバコやガソリンなど税率が高い物はたくさんありますが、タバコはその値段の半分以上を税金が占めています。1箱20本のタバコなら、10本以上が税金ということですね。

国や地方にはタバコの税金から取られた税収は貴重な財源です。ここからはタバコの値上げのしくみや値上げはいつまで続くのかを詳しく説明していきます。

タバコ値上げの仕組みと値上げする理由①:たくさんのタバコ税の種類

いつも吸っているタバコの値段にはタバコ税が含まれており、消費税の他にも国タバコ税、タバコ特別税、地方タバコ税と4種類の課税が掛けられています。

国タバコ税とタバコ特別税が法律で定められた税金で地方タバコ税は地方自治体による課税です。タバコを買うとその地方に納税することになるわけですね。

現在の日本は財政難に陥っており、タバコ税は国にとってなくてはならない収入源の一つです。つまり、日本の財政難が続く限りタバコは値上げすると言えるでしょう。

4種類のタバコ税一覧
  1. 国タバコ税
  2. タバコ特別税
  3. 地方タバコ税
  4. 消費税

タバコ値上げの仕組みと値上げする理由②:税率が高いので少しずつ値上げする

タバコ1箱540円の銘柄で考えるとその税率は61.8%となり、半分以上の333.97円が4種類のタバコ税です。かなり税率が高い商品ですが、何故少しずつ値上げするのでしょうか?

タバコは税負担率が高い為にタバコ税の見直しで一気に値上げしてしまうと、数十円ではなく100円以上の値上げとなってしまい国民やタバコ販売業者が混乱してしまう可能性があります。

増税によりタバコ関係者の負担を避ける為にスケジュール通りに毎年値上げしていくタバコですが、そんな配慮よりももう値上げしないで欲しい…と言うのが喫煙者の本音ですね。

タバコ値上げの仕組みと値上げする理由③:課税区分でタバコ税が異なる

タバコ税が年々上がっていくことについては取りやすいところから取っているなどの批判の意見もあります。タバコに対する風当たりが強い今、値上げの反対意見が少ないのが現状です。

タバコ税の隙を付くようにリトルシガーが販売されたり、加熱式タバコが安い値段で登場しましたがそれぞれ新しい課税区分が追加されタバコ税が重くなってしまいました。

わかばやエコーなどの銘柄は旧3級品としてタバコ税が軽減されていましたが、2016年から徐々に廃止されタバコ製品の値段は上がっていくばかりです。

タバコの値上がりに振り回されたくない方へ「ドクターベイプモデル2」をご紹介!

ドクターべイプモデル2

喫煙場所の激減や値上がりが激しい昨今「今後も肩身の狭い思いをしないといけないのか…」と不安を感じている方へ、魅力満載のドクターベイプモデル2をご紹介します。

ドクターベイプモデル2はなんといってもタバコに引けを取らないほどの圧倒的な吸いごたえを体感できるにも関わらず、喫煙場所や匂いを気にすることなく吸えることで愛煙家から「乗り換えやすい」と人気急上昇!

また「1箱で4箱分吸える」コスパの良さは、節約の強い味方!愛用者の中には、値上げのストレスが無くなり浮いたお金を貯金や趣味に費やすことができるようになったという方も多くいます。

そんな「ドクターベイプモデル2」をどこよりも安く手に入れられる破格のセールドクターベイプモデル2の公式サイトが実施中!買い逃し厳禁です。

\破格のセールは公式サイト限定!/

2022年タバコの値上げについての疑問を解説!

FAQ 画像

2022年タバコの値上げについて「タバコは最終的にいくらになるの?」「一番高いタバコ銘柄は何?」「500円で買える銘柄は?」などといった質問が寄せられました。

ここからは、寄せられた疑問に対してそれぞれお答えしていきます!気になる質問がある方は是非チェックしてみて下さい。

2022年タバコ値上げへの質問①:タバコは最終的にいくらになるの?

タバコの最終的な値上がりの天井は特に発表されてはいませんが、世界的に見ると日本のタバコの値段は真ん中より少し上ぐらいといったところです。

世界的にもタバコの値段が高い方ではないので、先進国などに倣ってタバコを値上げすることも十分考えられます。

またタバコが1箱1,000円前後の国も少なくないので、健康志向が広がる今、タバコ1箱1,000円に値上がりする可能性もゼロとは言い切れないでしょう

2022年タバコ値上げへの質問②:一番高いタバコ銘柄は何?

世界で一番高い紙巻きタバコは「トレジャラー・プレミアム・ ブラック」というイギリス銘柄のタバコで20本入りで3,000円です。

ゴージャスなパッケージと見た目で高級感が漂う見た目が特徴的です。また、味わいは化学薬品が一切使われていないので、純粋にヴァージニア葉のうまみを感じらることができる贅沢仕様となっています。

重厚感のある見た目とは違いマイルドな口当たりなので、レギュラー派の方におすすめで、贅沢したい時のご褒美タバコやプレゼントなどにもおすすめのタバコと言えるでしょう。

「トレジャラー・プレミアム・ ブラック」の詳細

値段 3,000円
本数 20本
タール値/ニコチン値 10mg/0.8mg
原産国 イギリス

2022年タバコ値上げへの質問③:500円で買える銘柄は?

タバコの値上がりが続いてはいますが、ワンコインで購入できるタバコはまだまだあります

特に愛飲者の多いの紙巻きタバコの「メビウス・ケント・ラッキーストライク」などをはじめ、リトルシガーの「キャメルクラフト・フォルテ・ラッキーストライク」もワンコインで購入できます。

ワンコインで買える銘柄は別記事の安いタバコ値段一覧!おすすめ全銘柄まとめの記事値段別に詳しくご紹介しているので、是非チェックしてみてください!

2022年タバコ値上げはいつからいくら値上げするのか2023年の値上げも解説のまとめ

ドクターべイプモデル2
\本記事最後の購入チャンス!/

2022年のタバコ値上げについていつからいつまで値上げするのか、値上げ幅はいくらなのかを詳しく解説してきました。

2022年は加熱式タバコのみが値上げとなっており、今後、2023年以降の値上げについては未定です。また、2022年は紙巻きタバコやリトルシガーは値上げしません。

今回で値上げは終了ですが、またいつからタバコ税の見直しが始まるのかは分かりません。新しい値上げが決定次第、この記事でお伝えしていきます。

また、本記事でご紹介してきた最先端タバコ「ドクターベイプモデル2」が定価から5,420円引きで購入できるのは公式サイト限定なので、セール実施中の今を逃さないよう購入はお急ぎください!

ABOUT ME
メンジム管理人
メンジムの管理人です。たまにしか登場しませんが、メンズにまつわる様々な情報をお届けしていきます。毎日女性からチヤホヤされたいモテたい願望が強いメンズの一人です(・ω・)
3連BOX:DRS 商標以外
【記事下部用-CTA】DR.VAPE2|Drs商標記事以外全部出し
地上波でテレビCMも放送中の「DR.VAPE
Model 2」が公式サイトで6,470円引き!
ドクターベイプ2

ファミリーマート等のコンビニでも販売されている上に全国でテレビCMが放送中の新型タバコ「DR.VAPE Model 2」ドクターベイプモデル2は、公式サイトなら確実に最安値で購入可能です!

全9種類あるフレーバーは有害物質0・タバコ臭0を実現しているので、依存症やガンの心配を一切せずに気分に合わせて吸い応え抜群のフレーバーをセレクトできます。

1箱で紙巻きタバコ5箱分も吸える高いコスパで掃除・メンテナンス・セッティング不要の簡単操作なので、電子タバコ初心者でも気軽に吸い始められるのも大きな魅力です。

全国で人気爆発中の「DR.VAPE Model 2」のスターターキットが今なら定価の62%OFFで購入できるので、ほんの少しでも興味が湧いた方は公式サイトドクターベイプモデル2にアクセス!

【書き出しBOX】Dr.Stick商標以外
新3連
月版
編集部で100種類以上比較!
本当におすすめ電子タバコ3選
全ページ共通:新3連ギミック発動script/隠しタグ発動script
この記事に関連する記事