嗅ぎタバコとは?使い方や危険性の有無、通販で購入は可能?

iQOSやグローなど加熱式のタバコ、VAPEやVITAFULなどの電子タバコが一躍有名になった2017年ですが、喫煙タバコや加熱式タバコではない「嗅ぎタバコ」をご存知ですか?

喫煙タイプのタバコよりも歴史は古いらしいのですが、日本ではあまり普及されなかったようです。

しかし、受動喫煙の影響を気にする現代において、古いけど新しいタバコとして今後注目される可能性があるのが嗅ぎタバコなのです。

嗅ぎタバコとは何か?嗅ぎタバコの使い方や危険性、通販や店頭での購入方法などをまとめてみました。

※2018/09/19最新の情報に更新

有害性を減らして満足感の得られる喫煙を


電子タバコJUUL通販

タバコはどう頑張ったとしても有害性がついてまわります。

最近では火を使用しない為、タールや一酸化炭素の発生が抑えられている加熱式タバコがありますが…加熱式タバコってちょっと微妙じゃないですか?

アイコスやグローは臭いし掃除が面倒ですし、プルームテックは味が薄い・ニコチンが少なくもの足りないと、どれにしたって問題点があり過ぎます。

結局、紙巻タバコに戻ってしまうんですよね…。と、そんな人におすすめなのが、JUUL(ジュール)という電子タバコです。

JUULも火を使用せず有害性はニコチンのみですし、ニコチン量・煙量が多いため吸いごたえ抜群。

紙巻タバコを止めたいな…でも加熱式タバコはなぁ…と考えているかたは今すぐ、JUULに乗り換えるしかありません!

嗅ぎタバコとは?

におい嗅ぐ

嗅ぎタバコ(SNUFF)とは、火を使わずにタバコの香りを楽しむタイプのものです。「嗅ぐ」という言葉が使われているのも、香りを楽しむタイプであるために使用されております。

香りを楽しむといっても使い方は喫煙タイプのタバコのように煙を吸うことはなく、乾燥させて粉末状に砕いたタバコを鼻から吸引し鼻粘膜に吸着させてニコチンを摂取する使い方となります。

例えれば、「白い粉を鼻から吸引する」そう、あれのような感じといえばよいでしょうか。

また、嗅ぎタバコは鼻から吸引する以外にも、歯茎に塗るタイプのものやポーションタイプを歯茎と頬の間に挟むタイプなどがあります。

煙がでないことから最近注目されているタバコとなっております。

嗅ぎタバコとは火を使わない煙がでないタバコ

火を使わない、煙がでないことから注目を集め始めている嗅ぎタバコ。

場所を選ばす使用しやすいことから、iQOSなどの加熱式タバコよりも安全で周囲の迷惑にならないものとなっており今後の販売増加が期待されております。

裏技的な嗅ぎタバコの使い方

ニコチンは日本では医薬品に分類されるため、タバコの販売に対し法令で厳しく決められております。そのため水蒸気を吸うリキッドタイプの電子タバコの場合、ニコチン入りを購入するのは困難だったりします。

「VAPEなどリキッドタイプの電子タバコでニコチン入りを吸いたい!」

とお思いの方は、ポーションタイプの嗅ぎタバコを水に浸すことでニコチンを抽出しそれをスポイトでリキッドに混ぜて使用することも可能のようです。

しかし、リキッドに混ぜることになるので、味の変化やVAPEアトマイザーの故障、健康被害などの恐れもあるので自己責任で行ってくださいね。

ニコチンの危険性も軽減されているJUUL


ジュール公式ページ

一般的にニコチンの入った電子タバコと言うと、ニコチンを自身で調合するのが主流ですが、JUUL(ジュール)は、すでに調合されたリキッドをカートリッジで付け替えるだけなので、手を汚す心配やニコチンのリスクが低下しています。

また、JUULに使用されているニコチンの成分はニコチンソルトというもので、ニコチンよりもゆっくりと心地良さを感じ、体に長く留まるという特徴があります。

ニコチン量が多いと喉がイガイガする。不快に感じるという方もいますが、ニコチンソルトはそんな不快感も軽減!

のど越し滑らかで引っかかりが無いんです。
吸いやすいため、連続吸いにはご注意ですが、普段紙巻きたばこを吸っている人でも満足ができる程のニコチンを感じることができるので、有害性を減らしたいヘビースモーカーさんにもおすすめですよ。

手入れと言えば、リキッドが無くなったときにカートリッジを付け替えるだけなので掃除やメンテナンスも不要。

こんなに使い勝手が良くて満足できるタバコ他には無いと思いますよ?

日本ではJTが嗅ぎタバコを販売!

出典:ZERO STYLE

煙がでないため注目されている嗅ぎタバコですが、日本製のものとしてJTが販売をしております。

「ZERO STYLE」というブランド名のもと2011年に販売を開始し、「STIX」で2種類、「SNUS」の4種類が販売されております。

JT「STIX」の使い方

2011年に販売を開始したのが「STIX」。従来の嗅ぎタバコとは違い、使い方はタバコやiQOSと同じように吸って吐いてを繰り返すだけ。火も使わず煙も使わないため、見た目は禁煙パイポのような感じとなります。

本体1本とカートリッジ2本がついたのが420円。フレーバーは「ブラウン」「ブルーミント」「ピンク」「グリーンミント」となっており、詰替用のカートリッジ2本のみのタイプが300円となっております。カートリッジ1本で半日~1日使用することができます。

JT「SNUS」の使い方

2017年5月に発売されたJTの新しい嗅ぎタバコが「SNUS」。使い方は従来からあるポーションを口に含み歯茎と頬に挟み込むタイプとなっております。

ポーションの見た目は小さいティーパックのようなもので、15分~30分ほど口に含み、味や香りが薄くなってきたらポーションを捨てます。ポーションを誤って飲み込まないように注意しましょう。

「レギュラー」「ミント」の2種類となっており、20ポーション封入で490円となっております。

嗅ぎタバコはどこで購入するの?通販で購入は可能?

たばこの看板

注目の嗅ぎタバコですが、どこで購入できるかといえば、タバコ屋さんとなります。

「ふぁっ!そんなの当たり前じゃん!」

って思われるかもしれませんが、みなさん紙タバコやiQOSなどをタバコ屋ではなくコンビニで購入される方も多いのではないでしょうか?

そう、残念ながらほとんどのコンビニでは嗅ぎタバコを購入することはできないのです。タバコ屋→コンビニなどタバコに力を入れているコンビニであれば可能性はありますが、普通のタバコ屋レベルでも置いていないところが多いと思います。

タバコ通販サイトでも購入は可能

近くに嗅ぎタバコを置いていそうなタバコ専門店はないという方は通販で購入することができます。

通販サイトでは楽天やタバコ専門店のサイトで販売がされております。

通販サイトでは種類も豊富で、JTの「STIX」や「SNUS」以外にも海外の嗅ぎタバコを購入することも可能です。

海外品では、「ON」「アルカポネ」「サンダー」などのブランドがメインで販売されております。いずれもJTの「SNUS」と同じく口にポーションを入れて楽しむタイプとなっております。

嗅ぎタバコに危険性はあるのか?リスクは?

体調不良

紙タバコにはニコチンやタール以外にもたくさんの有害物質が含まれていることはみなさんご存知だと思います。

そしてiQOSなどの加熱式タバコはタバコ葉を燃やさないため、タールは含まれておらず、その他有害物質も低減されて販売されております。

では、燃やすことも煙もでない嗅ぎタバコの場合、有害物質はどのくらい含まれ危険性が高いものになるのでしょうか?

タールは含まれていないが

JTが嗅ぎタバコを販売する上で注意文言を記載しており、

かぎたばこの使用は、あなたにとって口腔がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性を高めます。未成年者の使用は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して使用してはいけません。人により程度は異なりますが、ニコチンによりたばこの使用への依存が生じます。出典:JT ZERO STYLEタバコ通販サイトでも購入は可能

となっております。

もちろん燃焼しないことでタールは含まれてないものとはなりますが、ニコチンによる依存する危険性やその他の健康被害もあることでしょう。嗅ぎタバコや噛みタバコなどは昔から口腔ガンの被害が出ているようなので、危険性がゼロということではないように見受けられます。

『嗅ぎタバコ』とネットで検索してみると、健康被害を訴えるサイトがいくつか散見されますので、使用する前に危険性の判断を確認してみてもよいかもしれませんね。

加熱式タバコに変わって売上を伸ばすことができるのか?


電子タバコJUUL通販

受動喫煙防止が日本中で叫ばれる中、煙の少ない有害物質を低減されたiQOSが登場し人気を集めました。その後、他社も加熱式タバコを登場させ、グロー、プルームテックと三つ巴となっております。

そんな中、JTは煙の出ない無煙タバコとして嗅ぎタバコを2011年に登場させ、昨年は新たに北欧系の嗅ぎタバコも発売させました。

JTが新発売させるということは、販売戦略として売上を見込めると踏んだためでしょう。

注目度は高いので、今後使用した感想などにより人気が上がるのではないでしょうか。