myblu(マイブルー)に健康被害はある?副流煙は子供に害?

最近テレビ男のCMやコンビニで目にする機会が多くなった電子タバコがあります。

それが、

myblu(マイブルー)はタール0.ニコチン0健康被害の無いタバコとされていますが、果たして本当なのでしょうか?

今話題になっているからこそ気になるmyblu(マイブルー)の副流煙による健康被害について調査!

子供の近くで吸っても大丈夫?そんな疑問をごそっと解決していきたいと思います!

出典:myblu公式サイト

ニコチン0は嫌?ならばJUULがおすすめ


電子タバコJUUL通販

電子タバコmyblu(マイブルー)は日本国内で販売されている製品なのでニコチン・タール0のタバコデバイスです。

ニコチンタール0だからこそ、禁煙目的にも使用できる…のですが、いきなり電子タバコにして禁煙できるかと言ったらたぶん無理です。

JUUL(ジュール)なら、ニコチンが入っているカートリッジを個人輸入すれば使用することも!

禁煙者と居る時はニコチンなしのカートリッジを使用して、一人の時はこっそりニコチン入りのカートリッジを使用するなんて使い方もOK!

使い方はほぼmyblu(マイブルー)と同じで手軽に扱うことができるので、折角ならニコチンも吸えるJUULを買った方がお得?かもしれませんねw

ニコチンの入ったタバコ感のあるデバイスが欲しいならJUULで決まり!

myblu(マイブルー)は電子タバコ

myblu電子タバコ

myblu(マイブルー)は電子タバコです。

バッテリーの入ったデバイス本体の上部に、リキッドの入ったポッドカートリッジを差し込んで使用することができ、吸引することで本体のバッテリーでカートリッジ内の液体が気化して発生、出てきた煙を喫煙する嗜好品です。

タール・ニコチン共に発生しない健康被害の少ないタバコです。

香りを楽しむ嗜好品

myblu(マイブルー)は、喫煙時に発生する主流煙・副流煙には健康被害になる成分は入ってないとされています。

その為、子供の近くで吸っても健康被害はありませんが、一応電子タバコという名前なので、モラルの問題でしょう。

公式サイトではmyblu(マイブルー)は香りを楽しむ嗜好品とされています。

電子タバコの副流煙に健康被害はない?

マイブルーの健康被害

myblu(マイブルー)の主流煙・副流煙には健康被害が無いとされています。

これは、日本国内で販売されている電子タバコ全てに当てはまることです。

何故、全てに当てはまると言い切れるのか。

日本の法律が関わってくるからです。

恐らく知っている人も多いとは思いますが、一度電子タバコについてお話しします。

電子タバコにニコチンを入れてはいけない

マイブルーの薬事法

VAPEや電子タバコが盛んな海外では当たり前のように販売されているニコチン入り電子タバコですが、日本で販売されている電子タバコにはニコチンを入れてはいけないという法律があります。

日本ではニコチンが毒物及び劇薬取締法に指定されているため、医薬品以外としての販売が禁止されています。

その為、ニコチンを嗜好品として販売するのは法律違反とされてされてしまうので、日本の電子タバコには一切ニコチンが含まれていません。

販売すると、法律違反となり警察のお世話になります。

薬事法と広告宣伝の観点からmybluに健康被害はない

テレビ広告

電子タバコにニコチンを入れてはいけないという法律、更に大々的にCMなどの広告を行っていることから、myblu(マイブルー)に健康被害のある成分はないと思われます。

これでニコチンが入っているとしたら企業もろとも無くなるのでは…?というレベルです。

既に世界で販売されている商品をわざわざリスクを背負って日本で販売しているということも考えられないので、副流煙にニコチンが入っていないと信用できます。

カートリッジには何が入っている?

マイブルーカートリッジ

ニコチンが入っていないから健康被害が少ない。とは言い切れません。

あくまで、紙巻きタバコや加熱式タバコと比べると有害性として知られているタールとニコチンが無いよという話です。

myblu(マイブルー)の副流煙に健康被害を脅かす成分が入っているとしたら、カートリッジ内部のリキッドです。

リキッドには何が入っているのか解明していきます。

公式サイトの情報によると…

やはり、電子タバコにニコチンが入っているかどうかは気になるところ。

その為、公式サイトにmyblu(マイブルー)のフレーバーポッドには何が入っているかの情報が明記されていました。

公式サイトによると…

原材料は、プロピレングリコール、植物性グリセリン、香料となります。
mybluTMのフレーバーポッドにはニコチンは含まれておりません。

出典:公式サイト製品サポート

ということで、ニコチンが入っていないと断定しています。

吸ったときに発生する煙や副流煙にタバコとしての有害性は無いですが、では、他の3種類の成分は有害性ないの?ってところですね。

子供の近くで吸っても大丈夫なのか、健康被害が無いのかを確かめるためにも成分について理解しておくことが重要です。

プロピレングリコール

電子タバコ製品のリキッドに使用されている成分プロピレングリコール

消防法で危険物第4類に分類されており、皮膚や眼に対して軽度の刺激性を持つ成分です。

…?という事は健康被害がある?と心配してしまいますが、プロピレングリコールは日本人ならほぼ100%摂取している成分なのです。

保湿剤や乳化剤・プラスチックの中間原料としても使用される成分ですが医薬品や化粧品・麺やおにぎりと言った加工食品に使用されています。

つまり、健康被害はないと言えるでしょう。
プロピレングリコールを避けようとするなら日本で生活することできないレベルなので( ˘ω˘ )

植物性グリセリン

植物性グリセリンはVGと略されている製品で保湿剤として幅広く知られているのではないでしょうか。

甘味料・保存料・保湿剤・増粘安定剤として幅広く使われており、医薬品・化粧品に使用されている成分です。

その為、体内に入れても問題ない成分とされています。

ただし、グリセリンアレルギーというものもあるので、グリセリンを用いた化粧品や医薬品で体調不良を起こしたことがある方には影響を及ぼすので注意しましょう。

香料

myblu(マイブルー)のリキッドに含まれている成分の3種類目香料は、普段から体内に入れているものですよね。

食品に香りや味を付けるためのものです。

香料に関しては加工食品だけでなく、ジュースやお菓子にも使用されているものなので、myblu(マイブルー)を吸ったから健康被害が及んだ!ということにはなりません。

つまり、公式サイトで明記されているmyblu(マイブルー)のリキッドに含まれている成分で、主流煙や伏流煙によって健康被害があるということはない。と考えられます。

JUULはニコチンが入った海外の電子タバコ


ジュール公式ページ

JUULは米国で大流行している電子タバコです。
海外ではニコチン製品も薬事法に指定されていないので普通に販売されています。

mybluを使って最初のうちはいいかもしれませんが、次第にニコチンが欲しい!と感じるかもしれません。

それなら、最初からニコチンの入っている電子タバコJUUL(ジュール)を選んでみてはいかがでしょうか?

米国での電子タバコシェア7割を超える人気タバコ製品…使いやすさ・吸いごたえ共に満足すること間違いなしです!

myblu(マイブルー)は子供も使える?

マイブルー子供の使用

myblu(マイブルー)の副流煙に健康被害が無いというなら、子供の近くで吸うだけでなく、子供が吸っても問題ないのでは?と思ってしまいますよね。

ならば、myblu(マイブルー)を子供に買い与えても問題ないのでしょうか?

法律上、電子タバコは未成年でも吸える

実は、電子タバコは日本の法律上タバコ製品に該当しないとされています。

ニコチンやタールなどの建工被害を及ぼす成分が入っていないので、子供や未成年が吸っても法律上は問題ないです。

法律上は。

電子タバコはタバコを誘発する製品

マイブルーもタバコ製品

法律上は子供が電子タバコを使用していて咎められることはありません
※日本で販売されているニコチンなしの製品限定

しかしながら、

日本で販売されている殆どの電子タバコは禁煙目的の製品が多く、又電子タバコ自体喫煙を誘発する製品と考えられているため、対象年齢が20歳と定められている製品が多いです。

煙を吸って吐くものですし、有害性物質が入っていなかったとしてもタバコに見えてしまう時点で子供に与えるべきものではないという事ですね。

電子タバコも喫煙所のみで使用

喫煙所

また、未成年の子供がmyblu(マイブルー)などの電子タバコを外で使用する場合、喫煙所に入って吸うというのも問題になってきます。

myblu(マイブルー)もタバコや加熱式タバコ同様副流煙にも見える煙を吐き出すため、何も知らない人から見ればどれもタバコです。

地域にはよるものの、電子タバコも喫煙所のみで使用可能の場合が多いため子供の使用をOKにするとタバコの副流煙が漂う喫煙所に入ることになってしまいます。

このことも踏まえて、myblu(マイブルー)に健康被害はなくとも未成年の使用は適切ではないと言えます。

myblu(マイブルー)の副流煙に健康被害はある?まとめ


電子タバコJUUL通販

myblu(マイブルー)に使用されているフレーバーポッドの中身に有害性物質が入っていない事から、主流煙・副流煙共に健康被害はないと言えます。

ただし、電子タバコによる健康被害は解明されておらず、もしかしたら今後PG・VGを過剰に摂取している人は寿命が縮まっているなんて新発見があるかもしれませんがタバコと比べたらリスクは0に近いかなと…。

子供の近くで吸っても、子供が吸ってもmyblu(マイブルー)は健康被害を脅かさないですが…対象年齢は20歳以上とされているので守るようにしてください。

健康被害の事を考えてもニコチンが欲しい!というなら是非JUUL(ジュール)を試してみてください!
もちろん、JUULはニコチンがはいっていて健康被害があるので子供は使用できませんからね!