myblu(マイブルー)の販売店はコンビニと公式サイトだけ?

電子タバコ知っていますか?

最近CMでも流れているアレです。

筆者も発売されてすぐにコンビニで見かけて気になったんですが、気づいたらかなり人気になっていた!ということで、myblu(マイブルー)が一体どんなデバイスなのか、見ていきたいと思います!

販売店はコンビニと公式サイトのみなのか。どんな製品なのか調査していきます!

ニコチンも吸いたいならJUUL


ジュール公式ページ

これからご紹介するmybluは、日本で販売されている電子タバコの為タール・ニコチン0のデバイスです。

確かに、非喫煙者の前だったらいいかもしれませんが、やはり物足りなさを感じます。

同時にニコチンも吸いたいならJUUL(ジュール)が圧倒的におすすめ!

デバイスの形や使い勝手はほぼ同じ。

違いと言えばニコチン入りリキッドカートリッジも販売されているというところです。

人前ではノンニコ・一人でゆっくりしたいときはニコチン入りポッドなんて使い方もできるJUULはmybluよりもおすすめです!

myblu(マイブルー)って一体なに!?

マイブルー電子タバコ

myblu(マイブルー)は電子タバコです。

コンビニでも購入できるニコチン・タール0のデバイス。

インペリアルタバコジャパンという会社が販売している電子タバコで、ファミリーマートを中心に販売しています。

mybluは世界的にも有名な製品

筆者は去年の秋ごろだったかな?会社近くのコンビニでmyblu(マイブルー)を見かけてました。

myblu(マイブルー)の公式サイトによると2014年にイギリスで販売を開始し、フランス・イタリア等世界で販売されてた電子タバコで、2018年6月についに日本でmyblu(マイブルー)が販売されるようになったそうです。

禁煙目的、口寂しさを紛らわせるためにおすすめのデバイスなんだとか…。

myblu(マイブルー)の特徴

電子タバコマイブルー公式サイト

海外程人気にはなっていないとはいえ、電子タバコって市場にかなりの量出回っているんですよね。

ぶっちゃけ筆者は今更?と思ってしまいましたが、CMをする程の人気力に興味深々。

myblu(マイブルー)にはどんな特徴があるのか、ザザッとまとめてみますね。

使い勝手の楽なコンパクトデバイス

マイブルーはコンパクトで人気

myblu(マイブルー)はコンパクトなボディを実現。

二本指で持てる程小さなデバイスなので持ち運びも便利です。

また、ポッドと言うカートリッジの差し替えでリキッドの交換を行うため、持ち運んだ時に液漏れすることもありません。

大容量のバッテリーと水蒸気量

myblu(マイブルー)の特徴と言えば大容量バッテリーであることです。

なんと、1回20分の充電で満タンになり、1日中使用できるというから驚き。

通常の電子タバコなら満充電までは60分以上かかるのが主でしたからこれはmyblu(マイブルー)の最大の特徴と言っても過言ではないのでは?

また、満充電で1日持つほどのバッテリーを持っているにも関わらず、水蒸気の量はかなり多く喫煙者でも満足できるほどの煙量。

禁煙をしたいけどタバコを止められない。電子タバコの水蒸気量では足りない…。そう感じた人にはおすすめと言えるのではないでしょうか。

フレーバー数が豊富でカートリッジの交換が楽

マイブルーのカートリッジ

myblu(マイブルー)のフレーバーの販売店は公式サイトやネット以外にコンビニでも販売されており、その数10種類!

クローズドアトマイザーという開封できないカートリッジを使用しており、リキッドの補充はボッド丸ごと交換するだけ。

フレーバーの交換も楽ですし、甘い系フレーバー・まろやか系フレーバー・タバコ系フレーバーと自由に選べるのも嬉しい所ですね。

カートリッジを付け替えるだけなので、気分に合わせてフレーバーを変えるのもありです。

最低限のメンテナンスで楽々

電子タバコのメンテナンスと言うと、リキッドの補充・コイルの交換・部品の付け替え・掃除等沢山行うことがありますが、myblu(マイブルー)ならそんなメンテナンス不要!

気にすることはバッテリーのメンテナンスと保管場所くらいなものです。

カートリッジを付け替えることでリキッドの補充とコイル交換ができるので掃除やメンテナンスを気にせず使えるのもmyblu(マイブルー)の特徴と言えるでしょう。

mybluより圧倒的!JUULの特徴とは


電子タバコJUUL通販

mybluとJUULは殆ど同じような造りになっています。

同じくらいの大きさのコンパクトデバイス・バッテリーも大きく、煙もかなり出るのでタバコ感がかなりあるのがJUULの特徴です。

JUULは公式からだけでなく、互換製品としてもカートリッジが販売されておりフレーバー数は50以上とまで言われています。

同じクローズドアトマイザーでほとんど同じような商品ですが、JUUL(ジュール)には唯一ニコチンが入っています。

タバコを止めたいけど中々…加熱式タバコが自分に合わない…何かいい煙草デバイスは無いかと探している人にJUULはおすすめです!

myblu(マイブルー)の販売店はどこ?

マイブルーの販売店

さてさて、myblu(マイブルー)の特徴をご紹介したところで、販売店についてみていきましょう。

筆者はCM放送前からコンビニで本体及びカートリッジ数種類が販売されているのを見ていたのでコンビニで販売されているのは確実です。

ファミマのレジ横とかにおいてあると思います。

その他どんな販売店でmyblu(マイブルー)を見ることができるのか探してみました。

myblu(マイブルー)の販売店1:公式サイト

マイブルーを公式サイトで購入

まずは無難に公式サイト!

一番手っ取り早く確実にmyblu(マイブルー)を手に入れたいならやはり公式サイトからの購入でしょう。

他のネット販売店に比べて安全性・信頼性を考えるとやはり公式サイトがおすすめです。

値段も安定してますし、万が一破損・故障があったとしても公式サイトからの購入ならすぐに保証が効き交換対応してくれます。

公式サイトでは保証の対象は

公式サイトもしくは正規小売店からお買い上げいただいた商品にのみ適用

とされているので下手にネットやフリマサイトで購入するくらいなら公式から買うのが一番安心ですね。

myblu(マイブルー)の販売店2:コンビニ

myblu(マイブルー)を購入できる販売店続いてはコンビニです。

販売当初、東京・大阪・福岡のファミリーマート限定でしたが、最近ではその他のコンビニでも売られているようです。
一番確実にmyblu(マイブルー)を購入できるコンビニはファミリーマートです。

ちなみに、コンビニは正規小売店なので、保証対象です。

手早く購入したい・すぐに手に入れたいというならコンビニを探してみるのがいいかもしれません。

myblu(マイブルー)の販売店3:楽天・Amazon

ネット通販サイトでマイブルー

myblu(マイブルー)が購入できる販売店3つ目はネットショッピングの王道

Amazonでは発売初期から販売をしていたと公式サイトに明記されていたので、正規小売店と言えるでしょう…が、Amazon…。
あまりに安価で購入できる販売店は正規小売店でない可能性が高いので、必ず販売元の確認をするようにしましょう。

楽天・Amazon共に本体・カートリッジ両方販売されていますが、公式サイトよりも高い場合があるのでよく吟味した上で購入するようにしましょう。

myblu(マイブルー)の販売店4:ヤフーショッピング

最近ネットショッピングサイトで上がり始めているヤフーショッピングでもmyblu(マイブルー)は販売されています。

公式からの小売販売なら、ヤフーショッピングはポイントの還元が高いので検討してみるのもいいかもしれません。

Amazonや楽天同様に、販売元が怪しいと感じれば必ずキチンと調べてた上で購入するようにしてくださいね!

myblu(マイブルー)は販売店によって価格が違う?

マイブルーの値段

販売店が違えば価格も変わる。

最安値を探して彷徨うのも面倒だと思うので、上記の販売店でのそれぞれの値段についてまとめてみました!

できれば安価に購入したいですもんね。

公式販売店・コンビニでの価格

ブルーのスターターキットの内容は以下の通りです。

・myblu(マイブルー)本体
・マイクロポートUSB充電器
・メンソールフレーバーポッド1個

スターターキットを購入して充電すればすぐにmyblu(マイブルー)を使えるのは嬉しいですね♪

スターターキットの価格は、公式サイト・コンビニ共に2,700円(税込)と、意外と安価。

カートリッジは1箱2ポッド入りで920円(税込み)です。

ポッド1個で約300回吸引ができるので紙巻きタバコよりもコストダウンできるのではないでしょうか。

楽天・Amazon・ヤフーショッピングでの価格

続いて、ネットショッピングで購入できるmyblu(マイブルー)の価格をまとめてみます!

販売店 スタータキット価格 ポッド価格
Amazon 2,700円 920円
楽天 2,700円+送料 920円+送料
ヤフーショッピング 3,800円~ 1,680円

ヤフーショッピングだけ訳分からないくらい高いですね…(;´・ω・)

ネットショッピングサイトでは、スターターキットと合わせてフレーバーポットも付いてお得な価格で購入できるお店もあるので、吟味してみてください。

Amazonではmyblu(マイブルー)のカートリッジが1カートンで販売されているようなので、ポイントや購入時の利便性等を考えて購入販売店を選ぶのがいいですね。

ただし、ネット販売の場合保証が受けられるのか、公式から卸した商品なのかを見分ける必要も出てきます。

公式サイトでお得なキャンペーン価格!

マイブルーお得に購入するなら

基本的に何処の販売店で購入してもスターターキット・カートリッジの値段に差が無いというのが結果でした。

しかし!
今CMで放映されたり、新規購入者の獲得を目指しているmyblu(マイブルー)は、公式サイトで限定価格で購入できるキャンペーンを実施中!

ス7ターターキットに加えて、人気TOP3であるストロングメンソール・アイスベリー・グリーンアップルを自由に3箱選べて低下の20%OFFで購入できる!

定価が5,460円のところ4,300円で好きなポッドを購入できるのはかなりお得なのではないでしょうか。
人気TOP3の中に好みの味があれば・・・の話ですけどね。

myblu(マイブルー)の販売店まとめ


ジュール公式ページ

巷で噂になってきている電子タバコ

コンビニで充電式の電子タバコが購入できる時代になったというのはなんというか驚きだったりします。

個人的におすすめの販売店はやはり、コンビニと公式サイトからの購入ですね。

ニコチンが無い製品と分かっていても、適当な販売店で購入して変なものが入っていても嫌ですし…。

それでもニコチンの入った電子タバコがいいというなら、ノンニコチンカートリッジも販売されているJUUL(ジュール)がおすすめなのでコチラも要チェック!

手軽に使える電子タバコが増えていくのはタバコユーザーとして楽しいものがありますね。