軟骨ピアスを開ける位置はどこがベスト?痛くない開け方は?

軟骨ピアスは一つ開けているだけでも目を引くオシャレなピアスです。

軟骨というと、骨っていうのは分かりますが実際どこが軟骨に当たるのか知らない方もいるはず。

そこで今回は軟骨ピアスの位置と名称、そして開ける際に少しでも痛くない開け方をご紹介していきたいと思います。

ピアス大好きな筆者が実体験をもとに詳しくご紹介して行きます。
開け方はニードルメインすべてセルフでの体験です✌

コンプレックス解消が目的?


美容整形

あなたには体に関わるコンプレックスはありますか?

ピアスを開ける事がコンプレックスの解消だったり、逆に耳にコンプレックスがあって隠す為にピアスを開けたいのなら、全国展開している【湘南美容クリニック】で気軽に相談してみませんか?

耳の形成手術はもちろん、二重術や豊胸、脂肪吸引にプチ整形等、様々な診療内容があるので、あなたの悩みを解消する方法が必ず見つかります。

カウンセリング自体は無料、初診料も無料と、初めてでもとりあえず行ってみて損はしません。悩んでいないで行動を起こせばコンプレックスの解消は思ったより簡単なものですよ。

軟骨ピアスを開けたい!ところで軟骨ってどこ?

軟骨ピアス

軟骨は、耳を触って固いと感じたところがほぼ軟骨です。

耳の上の丸まっているところです。
耳たぶと比べてみると固さがだいぶ違うのがわかりますよね?

ピアスを開けるならまずは軟骨ピアスを開けられる位置と、名称を覚えておきましょう。

一番ポピュラーな軟骨ピアス【ヘリックス】

耳たぶ以外の、耳に沿った軟骨の位置にある軟骨ピアスをヘリックスと言います。

一番開けやすく、様々なピアスを付けアレンジすることができるため人気が高いです。

ピアッサーでもニードルでも開けることができ、比較的痛くない部位なので初めて軟骨ピアスを開けるならヘリックスがおすすめです。

開けているとかっこいい軟骨ピアス【コンク】

耳の穴付近の面積が広い平面部分に開ける軟骨ピアスをコンクもしくは、インナーコンクと呼び、耳の上の平らな位置の軟骨ピアスをアウターコンクと言います。

インナーコンクの方が厚みがあり、痛くないピアッシングがしにくいですが、面積が広く平面なので開けやすい位置になっています。

アウターコンクの方ならそこまで痛くないですし、一つ開けておくとパッと目を引くオシャレな印象になります。

近頃人気の軟骨ピアス【トラガス】

女性を中心に人気の耳の穴の前にある三角形の位置に開ける軟骨ピアスをトラガスと言います。

分厚いわりに軟骨が柔らかく比較的痛くないですが、イヤホンをつけると痛みが出たり、トラガスが裂けるというピアストラブルも多い位置です。

トラガスは小さい軟骨です。ピアッサーを使用すると軟骨を砕いてしまう可能性があるのでニードルを使って開けるようにしましょう。

個性的な軟骨ピアス【ロック(ルーク)】

耳の上部の折れ曲がっている部分への軟骨ピアスをロックもしくは、ルークといいます。

開けられる部分が狭く、軟骨ピアスの中でも非常にピアッシングが難しい位置になります。
耳の形状によっては開けることができない位置ですので、個性的な軟骨ピアスを開けたい方は挑戦してみてください。

ちらりと見えるのがいい軟骨ピアス【ダイス】

耳の穴の上、耳上部の付け根部分に開ける軟骨ピアスをダイスと言います。

狭い部分へのピアッシングになるので開けるのは難しいです。

耳を出したときにちらりと見える位置がオシャレな軟骨ピアスです。

神のピアスともいわれる軟骨ピアス【スナッグ】

耳の穴から、縁までを貫通させるピアッシング方法で、ピアッシングの難易度が高いのは勿論、ホールが完成しにくいスナッグの軟骨ピアスは、その完成確率の低さから神のピアスとまで言われている部位です。

正面から貫通している様子を見ることができるので非常に魅力的ですが、厚みがあり、軟骨の中でも固い部分なのでトラブルが起きやすい位置です。

開ける時には、ピアッシング専門のスタジオでプロに開けてもらうようにしましょう。

タトゥーを綺麗に除去するには?


美容整形

ピアスは、辞めたくなったら外してしばらく待てば穴も塞がっていきますが、派手なピアスと一緒についつい入れてしまいがちなタトゥーは消せないオシャレです。

入れてしまってから後悔している人、他人に見せないように必死に隠しながら生活するのも大変だけど、除去手術も怖くて…と悩んではいませんか?

【湘南美容クリニック】なら、最新治療機器を導入していることは勿論、丁寧で親身なカウンセリングで痛みの少ない治療方法や料金を一緒に考えてもらうことができます。

タトゥー除去の実績も13,000件以上あり、傷跡を残さないようなレーザーや、広範囲のタトゥー除去、消しにくい色のタトゥーもおまかせ!カウンセリング自体は無料、初診料も無料なので、タトゥーを消したくて悩んでいる方は一度無料で相談してみませんか?

軟骨ピアスの痛くない開け方とは

痛くない開け方

軟骨ピアスを開ける時の痛みははっきり言ってどの部位よりも痛いです。
筆者はボディーピアスも多数開けてますが、軟骨だけは何度開けても本当に痛いと感じます。

失敗すると周囲の軟骨も砕けてしまいますし、難しい+痛いというのが軟骨ピアスの特徴です。

でも、軟骨ピアスって本当にかっこいいんですよね。
少しでも痛くない開け方を紹介しますが、痛いことには変わりないです。

痛かったんだけど!!(▼皿▼#)

と言われても困ります。自己責任でどうぞ。

軟骨ピアスが痛い原因

怖い

軟骨ピアスは、骨を貫通させるため針が通りにくく固いのが特徴的です。

そのためピアスホールを開けるまでに時間がかかり、痛みが長引くのです。
軟骨ピアスを開ける時には、軟骨ピアス用ピアッサーもしくは、ニードルを使用するようにしましょう。

耳たぶ用だと針が細すぎて通らなかったり、途中で止まってしまう可能性があります。

ニードルの方がおすすめ

ニードル

だと、私は思います。

ピアッサーで開けるとどうしても機械音が耳に入ります。

ギギギギ、ガシャンという機械音が痛そう、怖いという気持ちにさせ手が止まってしまうのです。

ニードルだと音はしませんしすんなり入ってくれます。
また、ピアッサーは押し込んで軟骨ピアスのホールを開けるため周りの皮膚や骨にダメージを与え痛みが長引きます。
ニードルで軟骨ピアスを開けると周りを傷つけず綺麗に軟骨ピアスのホールを開けてくれるので痛みが引くのが非常に速いです。

勢いよく開ける

勢い

軟骨ピアスの一番痛くない開け方って結局はこれなんですよね。

時間をかけて開けることで痛みが強く長引くので、勢いよく開けてしまえば思ったより痛みが少ないものです。

軟骨ピアスをセルフで開ける時は痛みに耐えられず手が止まってしまうこともあるので、友人や、ピアススタジオで開けてもらうのもおすすめです。

開ける位置を決めて息を吐くタイミングで刺していきましょう。
開けた後は軟骨ピアスを開けた部分に熱を持ちジンジンとした痛みがありますが、次第に落ち着きます。

氷で冷やす方法は辞めた方がいい

氷冷やす

ピアスを開ける際、痛くないように氷などで冷やすという方法がありますが、これはお勧めできません。

氷で冷やし感覚を麻痺させてから開ける方法は確かに痛くない開け方ですが、冷えが治まり感覚が戻ってくると一気に痛みが襲い掛かります。

冷えが治まった後に血流が一気に滞ることでズキズキした痛みが長引くのでなるべく避けた方がいいかと思います。

麻酔を使うのも有り

麻酔を使う

どうしても痛みが怖いのであれば、ではなく、麻酔を使って痛くないようにしましょう。

麻酔の使える病院やクリニックで軟骨ピアスを開けてもらうのもいいでしょう。

個人輸入で局部麻酔を購入することもできるので、今後何個かピアスを開ける予定であれば持っていて損はないでしょう。

軟骨ピアスを開ける位置とは?痛くない開け方まとめ


美容整形

結論として、麻酔を使って勢いよくニードルで開けるのが、一番痛くない軟骨ピアスの開け方だと思います。

不安な方は、セルフで開けるのは控え、ピアススタジオ・クリニック等で開けてみてください。

軟骨ピアスは洋服などに引っ掛けてピアストラブルも多い部位です。軟骨ピアスを開けたらピアスホールのケアなどをしっかり行うようにしましょう。

ピアスを開ける事やタトゥー、その他のコンプレックスを解消するなら【湘南美容クリニック】へ一度相談してみましょう。

医療レーザー脱毛や多汗症、小顔や美肌治療でも多くの実績がある湘南美容クリニックは全国各地90ヵ所にあり、各治療の専門医が在籍していて、カウンセリングをしたら必ず治療しなきゃいけない何てこともありません。

丁寧なカウンセリングと治療・低価格で高評価の湘南美容クリニック。まずは無料カウンセリングで相談してみませんか?