舌ピのセカンドピアスとは?シャフト長さは何ミリがベストなの?

耳に付けるピアスや他のボディピアスに比べ、開けた後に腫れやすく扱いづらい舌ピアスは、ファーストピアスやセカンドピアスの選び方が大切になってきます。

今回はピアスを開ける前に知っておきたいシャフトやボールの意味と合わせて、舌ピアスのファーストピアス・セカンドピアスはどんな種類で、シャフトの長さ、ボールの大きさはどんなのが良いか、筆者の経験を踏まえてご紹介していきます。

※今確認しないと絶対に損※

いまさら人に聞けない最強タバコ「ドクタースティック」をまだ知らない方へ
※上記リンクから今だけ破格の8,000円引き(+全額返金保証付き)お急ぎ下さい!!

コンプレックスの解消は湘南美容クリニック


美容整形

自己表現やファッションの一環としてボディピアスやタトゥーで個性を出す人が増えてきている一方、やっぱりタトゥーを消したい!と悩んでいる方も多くなってきています。

【湘南美容クリニック】は明快な価格設定で分かりやすく、美容外科をもっと身近に、そして気軽に通うことができるように力を入れている信頼度も知名度も高いクリニックなんですよ!

カウンセリングは完全無料で行ってくれるので、自分の納得いくまでドクターに相談することができます。もちろん、納得できなければクリニックの変更も可能なので安心して受診することができます。

カウンセリング予約の方法はWEBサイトから希望のクリニックや希望日時を選択するだけ!誰でも簡単にお申込みが完了するので、気軽に相談することができるのが嬉しいですよね?

コンプレックスを解消するなら湘南美容クリニックが絶対におすすめ!施術内容はタトゥー除去だけでなく、二重整形や小顔整形、豊胸手術、脂肪吸引、脱毛など、多種多様な美容外科手術が充実しています。この機会にぜひチェックしてみてくださいね!

ピアスを開ける前に知っておくべきポイント

ピアスを開ける時に知っておかなくてはいけないのが、G(ゲージ数)ボールの大きさそして、シャフトの長さです。

それぞれちょっとご紹介しておきます。

G(ゲージ数)

簡単に言うとピアスの太さです。
20Gから2刻みで数字が小さくなっていき、数字が小さいほど太くなります。

通常販売されているオシャレピアスは18Gです。
軟骨のピアスやボディーピアスは穴が塞がりやすいのと、細すぎると異物と判断されやすいことから14G~で開けて同じG数のピアスを入れるのが一般的です。

舌ピなら、14G、12Gくらいがちょうどいいでしょう。

ボールの大きさ

ボールとは、ピアスの先端についているキャッチャー部分に当たります。

耳に付けるピアスの場合、このボールの大きさをそれぞれ変えることでオシャレに見せることができます。

舌ピで使用するなら、大きいボールは異物感が邪魔ですが、小さすぎると皮膚に埋まってしまうことがあるので、ファーストピアスの段階では大き目のものを使用した方がいいでしょう。
ファーストピアスは5mmセカンドピアスは4㎜以下など調整するといいでしょう。

シャフトの長さ

シャフトというと聞きなれないですが、ピアスの棒の部分がシャフトです。

体内に埋め込む部分ですが、お店によっては内径といった名称で呼ばれていることもあります。

シャフトの長さにゆとりを持たせた方が好きな方と、ぴったりの方がいい人と好みに分かれますが、ファーストピアスはゆとりを持たせ、セカンドピアスはぴったり目に選ぶのがおすすめです。

人によって皮膚の厚さが変わってくるのでシャフトの長さは一概には言えないので、気になる方は、いろんなシャフトの長さを試して自分に合ったものを覚えておくといいかもしれません。

ファーストピアスとセカンドピアス

ファーストセカンド

先ほどから、ファーストピアス・セカンドピアスと言ってましたが詳しくご説明します。

ファーストピアスとは

ピアスを開けた直後に入れるピアスです。舌ピの場合腫れが治まり、ピアスホールが安定するまで付け続けます。

耳や、ボディピアスなら、1~3ヶ月ほどつけっぱなしにするピアスをファーストピアスと言います。

ファーストピアスは、今後腫れること、傷口が安定していないことから、慎重に選ぶ必要があり、金属アレルギーが出にくく付けっぱなしにしていても大丈夫なサージカルステンレスを使用するのがいいでしょう。

セカンドピアスとは

セカンドピアスとは、ピアスホールが安定し腫れも治まってから使用するピアスのことを指します。

ファーストピアスはサージカルステンレスがおすすめですが、セカンドピアスからは金属アレルギーを持っていなければ特に気にする必要がありません。
とはいえ、舌ピアスは常に水分に浸かっている状態なので錆びにくいという点でもサージカルステンレスを使用するのがいいでしょう。

シャフトの長さや、ボールの大きさを縮めたいときは、セカンドピアスに入れ替えるタイミングで変更するのがおすすめです。

タトゥーを綺麗に除去するなら湘南美容クリニックへ


美容整形

タトゥーを消してしまいたい!と、長年悩み続けている方はいらっしゃいませんか?最新のレーザー機器を導入している【湘南美容クリニック】なら、話しづらいタトゥーのお悩みもすぐ解決できますよ。

タトゥー除去と聞くと、やっぱり不安も大きいですよね?湘南美容クリニックなら、ドクターにしっかりと自分自身の悩みを相談することができるようにカウンセリングの費用は一切無料!誰でも気軽に無料で相談することができるんです♪

ぜひ施術内容に納得できるまで相談してみてください!もちろん、気に入らなければ無料のカウンセリングのみでクリニックを変更しても問題ありません。有名で人気のある湘南美容クリニックだからこそ、信頼のおけるサービスが充実していることも特徴!

もう悩んでいる暇はありません。無料のカウンセリング予約は公式サイトから簡単に手続きが行えますので、気になる方はお早めにチェック必須ですよ♪

舌ピアスはどんなピアスを使用すればいい?

ピアスのボールやシャフト、ファースト・セカンドピアスの話が一通り終わったところで、実際に舌ピアスをはめる時にはどんなものを使用すればいいでしょうか?

舌ピアスのファーストピアスは、最適なファーストピアスを選ばないと、思わぬトラブルに発展してしまうので、しっかり理解して選んでみてください。

舌ピのファーストのおすすめは?

舌ピのファーストピアスを選ぶときに重要なのは、舌ピを開けた後は予想以上に舌が腫れる
ということを理解しておくことです。

通常に比べて開けた直後は3倍くらい舌が腫れます。
そのため、長さのあるシャフトでないと舌を圧迫してしまいホールが安定しなくなるどころか、壊死してしまう可能性も持ち合わせています。
そこに、小さいサイズのボールを使用していると、腫れた時に舌の中にボールが埋め込まれそのまま穴がふさがってしまうことも…。

舌ピのファーストピアスは長さのあるもの・ボールは大き目を意識して選んでみるといいでしょう。

個人的おすすめのサイズ

G数:14Gもしくは12G
ボールの大きさ:5㎜
シャフトの長さ:18㎜程度

舌ピのセカンドのおすすめは?

舌ピアスの場合、腫れと痛みが治まった時点でセカンドピアスに入れ替えて大丈夫です。

というのも、舌の腫れが治まった後に18㎜の長さのシャフトを入れたままだと口の中で動いてしまい、舌や口内を傷つけてしまう恐れがあるので腫れが治まっているならファーストから1週間後くらいにセカンドに変えてもいいかもしれません。

セカンドピアスであっても舌ピアス動きやすく埋まりやすいので、多少シャフトの長さに余裕を持たせた方が安心です。

ボールは大き過ぎず小さ過ぎない、4㎜程度が無難だと思います。
大きすぎると喋ったりものを食べる時に邪魔になってしまうので、色々付け替えて自分に合ったものを選ぶといいです。

個人的おすすめのサイズ

G数:14Gもしくは12G
ボールの大きさ:4㎜
シャフトの長さ:12㎜~10㎜程度

舌ピアスのシャフトの長さまとめ


美容整形

いかがでしたでしょうか。
舌ピアスとして使用するピアスは自分に合うピアスを見つけるまで時間を要してもいいと思います。

筆者は舌ピを開けた直後1週間ほど、シャフトの長さ18mmを入れていてもボールが埋まりかけるほど腫れました。
舌ピを開ける際にピアッサーか、ニードルかでも腫れる期間は変わってきますし、自分の舌ピの状態を見ながら調整する必要がありますが、その分愛着が湧くものです。

ファーストピアスでピアスホールを育てて、好みのセカンドピアスを付けてオシャレしてみてください!

もし今、コンプレックスで悩んでいるのであれば【湘南美容クリニック】で無料のカウンセリングを受けてみることも視野に入れてみては?

親身なドクターがあなたのお悩みを解決してくれるので、この機会に無料のカウンセリングだけでも検討してみてくださいね♪