アイブロウ・眉ピアスの痛くない安定した開け方とは?

眉に開けるピアスアイブロウと言います。

眉に開けることでかなり目立ちます。
アレンジがしやすく女性だけでなく、男性にも眉ピアスは人気ですが、排除されやすいという欠点があり、なかなか安定せず痛いという点も持ち合わせています。

今回はそんな眉ピアス、アイブロウの位置と安定しやすい開け方、痛みを防ぎ排除されずに安定させる方法をご紹介していきます。

より魅力的に自分をアピールするなら…


美容整形

ピアスをあけたり、タトゥーを入れたり、自分を魅力的に見せることに段々寛容になってきている時代。

美容外科を受けることも昔より気軽になり、美しさを求める事は男女ともに普通の事になりました。

眉ピアスを開けるとどうしても目元の印象が強くなるので、目元の悩みが気になる方はドクターとのカウンセリングや初回の診察料が無料【湘南美容クリニック】で相談してみませんか?

湘南美容クリニックは、価格もわかりやすく、リピーター率も高く1年間で186万人以上が来院するほど信頼できるクリニックです。

自分の魅力をもっと出したい、コンプレックスをなくしたい!という方は、思い切って受診し、安心保障制度も充実している湘南美容クリニックへ無料相談してみてはいかが?

眉ピアス・アイブロウの位置

耳のピアスや、口ピアスには位置によって様々な名前がありますが、眉ピアスと呼ばれるピアスは、アイブローのみになっています。

眉の周辺位置に開けるのが一般的です。

アイブロウ専用のボディピアスや、CBR、カーブバーベルなど、様々なピアスでアレンジすることができ多様性が高いのがアイブロウのいいところです。
しかし、アイブロウは痛みが長続きし、排除率が非常に高く、安定しにくいという難点があります。

アイブロウの開け方

眉ピアスを開ける際に用意するもの

道具・器具 使用用途
ニードル (14G) 穴をあける器具です。
眉ピアスは14Gがおすすめ。
ピアス (14G) 開けるニードルと同じ太さを用意します。
バナナバーベル・サーフェス
消毒液(エタノール) 器具と肌を殺菌するために使用します。
洗濯ばさみorクランプ 皮膚を挟みます
消しゴム・コルク ニードルを受ける時に使います。
適当な大きさに切っておくと◎
軟膏 ニードルの滑りを良くし炎症を防ぎます。
タオル 血で汚れるため
開ける位置を随時確認します。
麻酔 痛みに弱ければ個人輸入で購入。
有っても無くてもOK

眉ピアスもセルフで開けることができますが、目元なので不安に感じたら病院や、ピアススタジオでピアッシングを行うようにしてください。

また、個人輸入で麻酔を購入することができるので、少しでも痛みを和らげたいのであれば、使用してもいいかもしれません。

アイブロウの開け方手順

1.前準備

ある程度深さのある小皿に使用する器具を入れエタノールを注ぎ器具を消毒します。

眉の皮膚をつまみ、開ける位置を確認し患部を消毒したら2点マーキングします。
この時、浅い位置にマーキングをすると安定しにくくなるので、なるべく深い位置に開けられるようにしましょう。

エタノールに付けた器具を取り出し、乾燥させたら軟膏のチューブにニードルを1/3程度差し込み中央と外側に軟膏を付けます。
マーキングした位置が重なるようにクランプもしくは洗濯ばさみ2つで固定したら準備完了です。
洗濯ばさみで挟む際かなり痛いので要注意。

2.ピアッシング

呼吸を整えニードルをマーキング位置にセットし消しゴムやコルクを貫通側に押し当て勢いよくニードルをさします
下から上へ開けるようにするのがおすすめ。

この時、躊躇してしまうとピアスホールが歪み安定しにくいピアッシングになってしまったり、痛みが長引くので思い切りよく開けるようにしましょう。

皮膚を貫通し、ニードルの先が消しゴムで受け止められたらゆっくりと貫通させていきます。
※滑りが悪い時は軟膏を塗りましょう

3.ピアスを差し込み後処理

2/5程度ニードルが貫通できたらピアスを用意します。
ピアスとニードルの残りの部分、穴をあけている患部に軟膏を塗布して3分ほど時間を置きます。

落ち着いたらニードルが差し込んだ穴から5㎜出る程度まで差し込み、ニードルの最後にシャフトを当てて刺し進ませます。
ゆっくりニードルの後に続いてピアスを差し込んでいき、すべて通ったらキャッチをつけます。

これで、眉ピアス『アイブロウ』のピアッシングは完成です。

ピアスを差し込んでいる最中に流血することもあるため、汚れてもいい服タオルの用意をしっかりしておきましょう。
ジンジンとした痛みがある程度治まったら血をふき取り、何かにぶつけないように守りながら刺激のない石鹸を良く泡立て泡で患部を優しく洗います。
水気を切るときにも十分注意し、軟膏を塗って安静にすれば後処理も完了です。

4.ケア

眉ピアスは安定しにくいので、ケアを怠ると1か月と持たずに排除されてしまいますし、痛みが出ます。
少しでも排除を遅らせ、安定させるためにも、痛みを軽減させるためにも毎日のケアをしっかりしましょう。

毎日のケアは、軟膏を気になったときに塗布する。事と、優しく洗浄するの2つだけです。

軟膏はいつでもいいので、気になったときや気づいたときに塗るようにします。
洗浄は刺激性の無いボディーソープやせっけんを泡立てネットなどでモコモコに泡立て、手の平に乗せ泡だけで患部を洗うようにします。
手がギリギリピアスに触れないラインで洗うように心がけてください。

顔や体の悩みを確実に解決してくれるのは


美容整形

ピアスを沢山開ける人には悩みが多い方がいるとも言われていますが、あなたはどうでしょうか?

プチ整形やアンチエイジング、豊胸、医療脱毛など様々な施術を行っている【湘南美容クリニック】では、見た目の悩みを解決する方法を熟知し、その為のテクニックを日々悩める患者へ提供しています。

自分の魅力を引き上げたい、コンプレックスを解消したいと思っている方にはおすすめのクリニックで、知名度も高く治療の実績は635万件以上にわたっているんです!

男女問わず、他の人には言えない顔や体の悩みも、ここなら解決できます!初回の診察料・カウンセリングが無料なので一度相談してみませんか?

アイブロウを安定させるには

バランスを崩す

もともと皮膚の厚さがないアイブロウに眉ピアスを開けてもなかなか安定せず、すぐに排除されてしまいます。

痛みを伴なう排除を少しでも抑え、安定させるにはどうしたらいいのでしょうか。

アイブロウの排除とは

排除する

ボディピアスを嗜む人ならだれもが恐れるのがこの排除という現象です。

排除は、体がピアスを異物だと感じとり、体外に排出させようと押し出す現象のことをさします。

排除されるときには、痛みを伴い、患部が熱を持つこともあります。

排除されていくうちに

・シャフトの貫通距離が短くなる
・皮膚の中のシャフトがうっすらと見える

といった状態になります。
そのまま放置しておくと何かに引っ掛けた拍子に、皮膚や皮ごと千切れてしまうこともあります。

眉ピアスが排除されないためには

ストップ

眉ピアス、アイブロウが排除されない方法がこちら

1.ピアッシングの際に深く刺す。
2.ケアをしっかりとする。
3.ピアスの形状や、サイズを変更してみる。
4.ピアスホールに負担をかけない。

これらを徹底することで、排除されにくく安定しやすいアイブロウのホールが完成します。

1番、2番目は、眉ピアスの開け方で紹介した通りです。
シャフトが外からうっすらと見える程度の浅さだと安定せずすぐに排除されてしまいます。
シャフトの長さを考えながらなるべく深くを心がけてください。

3.ピアスの形状や、サイズを変更してみる。

本来アイブロウを開けた直後は、ピアスを変更しないようにするのが鉄則ですが、2週間ほどたって排除の恐れを感じたらピアスの長さやキャッチのボールの大きさを変えても大丈夫です。

シャフトが短すぎると、安定する前に異物と感じ取られ排除されるので、なるべく長いものを使用するのをおすすめします。
が、長すぎると前髪や洋服の脱着時に引っかかり安定しなくなってしまいます。
骨格にフィットする適切な長さのものを使用しましょう。

また、ボールが大きいことでピアスホールに負担をかけている可能性があります。
腫れが治まっているのであればワンサイズ小さなボールに変更してみましょう。

4.ピアスホールに負担をかけない。

排除せず、安定させるためにはピアスホールに負担をかけないように心がけてください。

例えば、

・うつ伏せで寝ない
・前髪が当たらないようにする
・髪を洗うとき、顔を洗うときに注意する
・洋服やマフラーを引っ掛けないように心がける
・帽子などで周りを圧迫しない

など負担をかけない、触れないことを心がけて最低でも半年安静にさせるようにします。

半年から1年間排除されなければ安定したといっていいでしょう!

アイブロウの開け方まとめ


美容整形

普段ピアスを開ける位置ではないので、排除のリスクと、好奇の目に晒されることを理解したうえで開けるようにしてください。

排除されると、どうしても傷跡が残ってしまうと言う事を理解したうえで眉ピアス、アイブロウのピアッシングを行うようにしてください。

アイブロウやボディピアスを開けて、他の場所の悩みが増えてしまったという方は、【湘南美容クリニック】で一度相談してみませんか?

コンプレックスや悩みを無くすための最善の方法を、あなたが納得し安心して受けられるように丁寧にカウンセリングし、満足する治療を行います。もしドクターが不必要な治療だと思えば施術を勧めない事もある程、ドクターと患者の垣根をなくした利害関係だけでないカウンセリングをしてくれます。

本当に施術を受けるのか決めていなくても、相談するだけでもOK!どんな治療方法があるのかをしっかり教えてくれるので、話を聞いて帰宅して考える事も出来るんです。

不安や悩みは相談・初診・カウンセリング無料の湘南美容クリニックで解消しちゃいましょう!